軍事的雑学

イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップし、空母「カヴール」が存続の危機

2019年5月、イタリア海軍の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水したが、イタリアで誕生した「奇妙」な新政権の方針転換で、肝心の搭載機調達が事実上、ストップした状態だ。

法律を改正してまで空母保有に漕ぎ着けた努力をぶち壊すイタリアの新政権

イタリア海軍は、1985年に就役した、強襲揚陸艦「ジュゼッペ・ガリバルディ(基本排水量1万トン)」の更新用として、基本排水量2万2,000トンの強襲揚陸艦「トリエステ」を建造中だったが、今月25日、カステッランマーレ・ディ・スタービアにある、フィンカンティエリ造船所で、マッタレッラ大統領立ち会いのもと進水式を行った。

強襲揚陸艦「トリエステ」は、満水排水量約3万トン、全長240m、全幅36m、速力25ノットで、海上自衛隊のいずも型護衛艦とよく似た大きさだ。但し、省力化が進んでいるためか、船自体の乗組員は200名と少ない。ここに750名の兵士と、戦闘車両、揚陸艇、12機までの回転翼機が搭載可能で、艦尾にはウェルドックを装備している。

この新型艦は、強襲揚陸艦としてはもちろん、イタリア海軍が唯一保有している空母「カヴール」が、整備なのでドック入りする際のバックアップとして活用される予定になっている。

現在、イタリア海軍は、空母「カヴール」で、AV-8B ハリアーIIを運用中だが、その更新用としてF-35Bの導入を進めていた。

イタリアは、空軍用のF-35Aと、海軍用のF-35Bを、あわせて100機前後導入予定だったが、2018年に誕生した新政権がF-35導入中止を打ち出した。

出典:public domain F-35B

2018年の総選挙で第一党になった政党「五つ星運動(Five Star Movement)」は、一言で言って「奇妙」な政党だ。元々政党でもなく「運動」を自称し、既存の政治体制を否定し、新しいあり方を模索してきた集団で、当初は左派と見られていた。

ところが、過半数に足りない五つ星運動が選んだ連立の相手は、極右政党の「同盟」だった。

極右政党の「同盟」は、違法な移民追放を政策として掲げているの政党で、五つ星運動は、この政策に同意したことになる。

イタリアや、ギリシャなどは、EUの掲げる移民政策に強烈な不満を抱いていて、現行のEUルールに則れば、移民が最初に漂着した国が、移民を受け入れることになっており、EU加盟国のなかでも地中海に面した国は、一方的に不利なルールだと反発している。

地中海ルートによる移民流入により、イタリアには50万人以上、一説には100万人達する移民が流れ込み、もはやイタリアは不法移民のキャンプ地と言ってもいい。

出典:pixabay

「人権」や「ヒューマニズム」を口にする連中は「受け入れろ」と言うが、文化も、宗教も、考え方も、言語さえ異なる、何十万もの貧しい集団が、ある日突然現れ、これを目の当たりしても同じ事が言えるのか?

これが、イタリアが直面する移民問題の現実だ。

これを、物理的に追放しようという政党と連立を組んだのだ。

さらに、五つ星運動はドイツを除くNATO加盟国が防衛費を増額しているにも関わらず、防衛費を削減し、福祉分野へ予算を回し始めた。

最大の標的になったのがF-35だ。

当初、F-35導入を中止すると言っていたが、既にF-35Aが10機、F-35Bが1機、引き渡されており、F-35調達を全てキャンセルすると高額な違約金が発生するため、年間10機の調達ペースを、年間5機程度のペースへ落とすことで米国と調整を進めている。

新政権としては、F-35Aよりも機体価格・運用コストが高価で、まだ1機しか引き渡しを受けていないF-35Bの導入は中止したい意向らしい。

出典:pixabay AV-8B ハリアーII

そうなると、海軍が運用中のAV-8B ハリアーIIを改修して使い続けるのか、廃止してしまうのかの2択になり、もし廃止となれば、2008年に就役したばかりの空母「カヴール」自体が不要になってしまう。

移民に反対という保守的な政策に同意しながら、防衛費を削減し福祉予算を増額するという、右派でも、左派でもない「奇妙」なイタリアの新政権は、更にG7メンバーとして初めて、中国の巨大経済圏構想「一路一帯」への参加を表明し、反米・反EUの称号まで獲得した。

米国やEUを中心とした経済圏よりも、中国経済の成長を見越し、自分勝手に中国接近を果たしたは良いが、米国と中国が本気で貿易戦争を始めたことで、新政権の思惑は完全に裏目に出た。

出典:pixabay

米中貿易戦争といえば聞こえは良いが、実際には、米国による中国経済への一方的な攻撃で、中国は効果的な反撃を出来ておらず、その手段も見つからない。ファーウェイへの禁輸を手始めに、今後も中国への経済的圧力を強めていけば、米国やEUからの批判覚悟で接近した中国経済の腰が折れることもありえる。

既存の政治体制を否定し、新しいあり方について考えることは悪いことではないが、イタリアの新政権、五つ星運動が行っていることは、前政権が行った政策の逆をやって国民からの支持を一時的に得ているに過ぎず、既に綻び始めているように見える。

国民に聞こえの良い政策ばかりで、国政が上手く行かないことは、日本の民主党政権が証明している。

果たして、イタリア海軍は固定翼の保有を禁止した法律を改正してまで、AV-8B ハリアーIIを導入し、小型ながら純粋な空母まで整備したにも関わらず、このような努力を、全てぶち壊してしまうのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 空母「カヴール」

関連記事

  1. 軍事的雑学

    世界最大の米海軍超えを達成した中国海軍!空母を筆頭に艦艇300隻を有する大海軍へ変貌

    米国、ワシントンD.C.に拠点に置く戦略国際問題研究所(CSIS)は、…

  2. 軍事的雑学

    新兵器ラッシュの中国、ロケットエンジン搭載の超音速無人偵察機「WZ-8」を初披露

    10月1日に行われた中国建国70周年記念の軍事パレードで、これまで一度…

  3. 軍事的雑学

    運用可能な戦闘機がたった119機? 最も長い歴史を持つ英国空軍の没落

    世界で最も長い歴史を持つ空軍として有名な英国空軍。冷戦時代には、可変翼…

  4. 軍事的雑学

    そうりゅう型潜水艦が豪州入札で敗れた「フランス新型潜水艦」の問題点

    シュフラン級原子力潜水艦は、現在、フランス海軍が運用中のリュビ級原子力…

  5. 軍事的雑学

    F-35A不足分はTA-50で穴埋め?空母建造で狂った韓国「F-35A」導入計画

    現在、韓国空軍は第5世代戦闘機「F-35A」を40機導入中で、追加でさ…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日英が共同開発中の新型ミサイル試射、英空母と海自「いずも」との共同訓練も!

    日英の安保分野の協力内容を定めた「行動計画」の内容見直し。日英共同開発…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 27日

    日本がF-35、105機を追加購入するから、アメリカとしては無問題ですね。
    たぶん、この105機には、もう2つの飛行隊(20機)+教育部隊、整備学校で25機ぐらいが含まれるのでは? 
    まずはDDH-183(いずも)、 
    そして、今回の追加分でDD-184(かが)の2隻での運用かな?

    •  
    • 2019年 5月 27日

    ドイツ:2つ隣の国にロシアの脅威が及んでいる為、それなりの軍拡が必要
    英・仏:アジア太平洋地域に海外領土や旧植民地国があるので、対中包囲網に参加できる、海・空軍のそれなりの遠征軍備が必要

    ところで、イタリア(特に海軍)の想定する主要な脅威とは何だろう? 地中海に入って来るロシア海軍だろうか?
    それなら脅威レベルは大した事は無い。また、難民対策は海軍の仕事では無い
    こう考えると、NATOや西側主要国の中で、イタリアこそGDP比1%程度で済ませようと思えば可能な、楽な環境だと思う
    ただし、主要国の責任も果たさず防衛努力をそこまで怠ればアメリカに疎まれ、国益を損する可能性が生じるので、
    ただ利益だけが生じる話ではないだろうけど

      • もら
      • 2019年 5月 28日

      NATOの仮想敵国はイランなので、イタリアも同じかと。
      対イランなら空母は役に立ちそうですが

        •  
        • 2019年 5月 28日

        イランの脅威は多分に過剰評価だと思います。NATOのイージスアショア配備とか、
        イランの脅威に対抗してと言ってますが、本命はロシアの脅威なのを、
        イランをダシにして薄めているのだと思います。

        日本の脅威の本命は中共であるが、中共相手だとあまり言うと外交問題になるので、
        北朝鮮の脅威を大々的に打ち出して、防衛力整備の名分に利用しているのと同じ構図だと思います。
        (実際に北朝鮮も相当の脅威ですが)

    • 匿名
    • 2019年 5月 28日

    イタリアの財政破綻の危機、EUからの融資(特にドイツからの)の返済に対するイタリアのブラフ(恫喝)
    って面もある。  軍事面だけで見てもねえ。

    • 銀魚
    • 2019年 5月 28日

    イタリアは貧しい国なんですよ。南北間、人種、移民、古くはジプシーとの間で金の分配競争が常に起きてるから、所得の再分配圧力が軍備に向かっただけでしょ。
    上の方も述べてますが戦略的に差し迫った脅威がなく、戦術的にも近隣に大きな海上戦力がないんですから。

    日本だと創価みたいな生活互助団体が役所にかちこむみたいな、「金寄越せ! 軍備? 警察で十分だろ」って素直に反応してるだけだと思うけど。
    一言で切り捨てれば「平和ボケ」ですね。

    • 匿名
    • 2019年 5月 29日

    整備工場どうなるんだろ?

    • 匿名
    • 2019年 6月 18日

    同盟ってフォルツァ・イタリアと同様に中道右派政党じゃないですかね・・・少なくともジェトロをはじめ信頼できるシンクタンクではそう記載されていますね。
    なんで極右政党扱いなのかと思ってたら、新聞とか報道ベースではそう書いてるっぽい?なんだかなぁ。
    イタリアにはしっかり「新しき力」っていう極右政党があるんだから彼らに失礼。議席持ってないけど。
    ほんで5つ星は素人ポピュリズム政党で小池&希望の党みたいなやつ。まともな政策なんかありゃしない。
    記事中の「奇妙な」って表現は最大限良い言い方をしていますね。まあ賞味期限が切れたみたいですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP