軍事的雑学

AIM-120Dではなく、射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意は?

米国防総省は、日本に対し空対空ミサイル「AIM-120 AMRAAM」の売却を承認したと発表した。

参考:Japan – AIM-120C-7 Advanced Medium-Range Air-to-Air Missiles (AMRAAM)

射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意は?

今回、売却の承認が下りたのは、F-35のウェポンベイにも搭載可能な「AIM-120C-7」160発に、保守部品、技術的なサポートプログラム等含まれた、総額3億1700万ドル(約350億円)の契約だ。

米国防総省は「主要同盟国の安全保障を向上させることは、アジア太平洋地域における政治的安定や経済的発展の原動力で、米国の外交政策と安全保障に寄与するだろう。強力で効果的な自衛力の向上と維持を助けることは、米国の国益にとって不可欠だ」と話した。

Attribution: FFA P-16 / CC BY-SA 4.0 AIM-120 AMRAAM

気がかりなのは、今回、日本が購入する「AIM-120C-7」は、米空軍や米海軍でも未だに使用されているが、これは在庫の「AIM-120C-7」を消費するため優先的に使用されているだけで、新規の調達は最新型の「AIM-120D」に移っている。

AIM-120Dは、AIM-120C-7より射程が長いのが特徴で、最大射程は180km(C-7は100km)に達し、最高速度もマッハ4.0まで引き上げられた。さらに双方向データリンク、GPS拡張慣性計測装置を使用した精度の高い誘導が可能な点も、AIM-120C-7から改良された部分だ。

出典:航空自衛隊 F-35A

最新型のAIM-120Dは、F-35で使用されているソフトウェア「block3F」から運用可能になっている。

このAIM-120Dは、米空軍や米海軍だけが調達してる訳ではなく、2016年、オーストラリアはAIM-120Dを450発の売却を米国に要求し、2017年に売却の承認が下りている。

今回、日本政府がAIM-120C-7を160発要求をした時点で、オーストラリアへ、AIM-120D売却承認の情報は伝わっていたはずだ。

それでは、どうして日本は「AIM-120D」ではなく「AIM-120C-7」を選んだのか?

これは日本が現在、導入を進めているF-35Aに搭載すると言う意味もあるが、主な目的はAIM-120の搭載能力を獲得した「F-15J改修機」向けの調達という意味合いが強い。

出典:航空自衛隊 F-15J

米空軍が運用中のF-15Cは、搭載レーダーを「AN/APG-63(V)3」にアップグレードし、AIM-120DやAIM-9Xの運用能力を獲得しているが、日本の「F-15J改修機」に、AIM-120Dの運用能力があったとしても、搭載している「AN/APG-63(V)1」の探知距離では、射程180kmのAIM-120Dを活かすことが難しい。

AIM-120Dの運用能力があるF-35Aを装備した「第302飛行隊」が正式に発足したばかりで、とりあえずF-35とF-15J改修機で使用可能なため無駄になりにくい「AIM-120C-7」を調達しつつ、日英共同開発中の「新型空対空中距離ミサイル」開発が上手く行けば、これを導入し、開発が上手く行かなかった場合、AIM-120Dを導入する腹づもりではないだろうか?

補足:新型空対空中距離ミサイルとは、英国のMBDA社が開発した「ミーティア」空対空ミサイルを、F-35のウェポンベイに搭載出来るようサイズを見直した「JNAAM」に、日本が開発したAAM-4B空対空ミサイルのアクティブ・レーダー・ホーミングシーカーを搭載するというもの

一見、これは賢い判断のように見えるが、急速に能力を向上しつつある中国軍の様子を見ると不安がないわけではない。

まず、新型空対空中距離ミサイルの開発には時間がかかり、試作ミサイルの試射が2023年度に行われることになっているため、仮に開発が順調に進んでも、新型空対空中距離ミサイルが実用化されるのは、2020年後半以降だ。

Attribution: emperornie / CC BY-SA 2.0 ステルス戦闘機J-20

中国軍のステルス戦闘機「J-20」が装備している、「AIM-120D」をも上回ると言われる長射程の空対空ミサイル「PL-15」に対し、恐らく10年程度、射程の短い「AIM-120C-7」で対抗すると考えると、無駄になっても良いので、AIM-120Dを早急に導入すべきだ。


果たして、射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意はどこにあるのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

自滅するドイツ海軍!「212A型潜水艦」座礁で、実戦投入可能な潜水艦は2隻だけ?前のページ

世界最大の米海軍超えを達成した中国海軍!空母を筆頭に艦艇300隻を有する大海軍へ変貌次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    月産1機VS11機、10倍の量産規模で中J-20を圧倒する米F-35

    中国は昨年、第3戦闘機師団第9航空連隊にステルス戦闘機「J-20」を正…

  2. 軍事的雑学

    ロシア製装備品を押し付けられる韓国、ロシアの軍事技術に目が眩み大損

    ロシアは韓国から借りた旧ソ連時代の借款(残り4億5,000万ドル)につ…

  3. 軍事的雑学

    米軍採用の可能性も? 米国防総省の試験にパスした韓国製誘導ロケット弾「匕弓」とは

    多くの海外メディアが7日、韓国が開発した誘導ロケット弾システム「匕弓」…

  4. 軍事的雑学

    音声によるコマンド制御が可能?トルコ、未完成の第5世代戦闘機「TFX」を400機発注

    トルコ政府は、まだ完成もしておらず現在も開発中で、今年6月のパリ航空シ…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|たった3.3億円?米空軍のステルス無人戦闘機“XQ-58 ヴァルキリー”初飛行に成功!

    今回は米空軍が開発中の“XQ-58ヴァルキリー”のお話です。これに関連…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|狙われたら最後?ASM-3を超える最強対艦ミサイル「ブラモス」が“最凶”へ進化

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”によると、ロシア・インドが共同開発し…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 23日

    予算がないんでしょうね
    イージスアショアも妙にケチってデータリンクしないみたいですし

    • 匿名
    • 2019年 5月 26日

    AAM‐4の存在を忘れてませんか?

    1
    • 匿名
    • 2020年 1月 16日

    まるでまた日本はバカな買い物してるみたいな書き方の文章ですけど。
    今現在輸出が可能なAIM120の最新版がC-7です。これ以上の物は今のところは無いです。
    そもそも、D型は開発元のアメリカでさえ現在実用試験中だと言う事を忘れてませんか?
    それが、配備承認されて本格的な量産が始まるのはいつでしょう?
    さらにまずはアメリカ軍向けが最優先でしょうから日本向けの量産に入るのはいつになるやら?

    もっと言えばF35でD型が運用可能になるのは、ブロック4からそれも2021年頃の「予定」で果たして予定通り行くのか?
    それまで運用可能な空対空ミサイル無し!!それこそ色々ヤバいと思いません?
    そう言う事を果たして承知の上で管理人さんはこの記事を書いたんでしょうか?
    逆にその真意を問いたい。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP