軍事的雑学

軍事的雑学|整備?重整備?日本も導入したF-35戦闘機の整備についてまとめた!

F-35の整備に関して、誰もが???になるので、ちゃんとまとめてみました。

正し、まとめる情報は軍事情報(一般人が知る必要がない)。一般に漏れ出る情報を拾って、話を組立て再構成するしかないので、管理人の推測部分も含まれます。ご注意ください。

F-35は従来とは全く違う管理体制

まずは整備の話に入る前に、これだけは知っておかないと、この後の話に付いてくれなくなるので、まずはおさらいから~

F-35を運用する上で、その他の軍用運用とは決定的に異なるのが、保守・整備などの部分。

では、何が違うのか?

F-35は大量生産し、世界各国で多くのF-35が運用される事を前提に作っています。これをもっと分かりやすくいうと、世界で初めて「ステルス性能をもった戦闘機」を「輸出」することを前提に作られたという事。

F-35を売ってしまえば、米国の目の届かないところで、勝手に分解したり、ソフトウェアを解析して、ステルス技術や、使用されている軍事技術などを盗まれたり、コピー出来ないよう管理する方法が必要となります。

計画ではF-35は各タイプをあわせて、5000機程度量産することになっています。

これだけのF-35を保守・整備し、性能を発揮させるための方法を考えないと、今までのように導入国のメンテで手に負えない場合、メーカー送り&メーカーからの技術者派遣方式では完全に無理です。

このような事情があってF-35の整備が問題になっています。

F-35自体が整備指示を出し、ALISで兵站・物流を国を越えて一括管理

整備、拠点整備、重整備、メーカー整備、もう整備という語句がいっぱい出てきて、何が何だかという感じです。

まず、F-35は他の軍用機と同じ様に、導入国の整備士がF-35の整備のためトレーニングを受け、日々の任務からF-35が帰ってきた後に整備を行います。この整備の事を便宜上、「通常整備」と仮称します。

F-35は従来の軍用機と違い、いつ、どこで、なにを整備するのかF-35自体が収集したデーターを基に整備内容を指示します。整備士はそれに沿って通常整備を行います。

出典:ロッキードマーティン社

また通常整備に必要な、各種スペアパーツから、消耗品、ソフトウェアの修正データなど、ありとあらゆる物が、ロッキード社が開発した「ALIS」というF-35を運用するための兵站・物流システムを通じ、国ごとではなく、F-35運用国全体で一元管理し、コストを削減しようとしています。

簡単に言えば、任務から帰って来て、整備士がチェックし、何を整備し交換するというのではなく、任務から帰ってきたら、そこに交換すべきパーツや機器が揃っている=整備にかかる時間とマンパワーの削減という意味。

あくまで理想論ですが・・・

この通常整備は、導入国の軍の整備士が行うので、どの国でも整備は出来るという意味。考えてみれば当たり前の話。

では、重整備とはなにか?

では、日本は整備拠点があって、重整備が出来ると言われている、重整備とは何か?

F-35の整備には通常整備以外に、軽整備、中整備、重整備という概念があるそうです。

参考記事:Italy, Turkey will lead F-35 maintenance in Europe

分かりやすくいうと、軽・中整備とは航空機の構造とは無関係な部分の整備のこと。重整備とは航空機の構造に関わる整備のこと。これにF-35の搭載エンジン「F135」のオーバーホールが加わります。

表にまとめるとこんな感じ。

軽整備 F-35の機体構造に影響を与えない整備 導入国での整備の事?
中整備 F-35の機体構造に影響を与えない整備 導入国での整備の事?
重整備 F-35の機体構造に影響を与える高度な整備 専用施設以外では不可
エンジンのオーバーホール F135の分解メンテンナンス・再組み立て 専用施設以外では不可

重整備とエンジンのオーバーホールは、高度な整備が必要になるので、この施設の建設費と施設の運営維持費を負担できる国に限られます。

重整備を行う拠点のことをMRO&U“Maintenance Repair Overhaul and Upgrade”と呼んでいます。

日本は空自向けのF-35Aの組立生産を行うため、最終組立施設“FACO”をお金を出して建設しました。

しかし日本はF-35A型を追加で、B型を新規で導入することになり、国内での組立生産を放棄することを決定しました。

出典:ロッキードマーティン社

理由は国内組立の場合1機130億前後で、完成品を輸入するほうが1機辺り数十億円安くなるから。

組立生産を放棄し、F-35の重整備に集中するそうです。

日本の最終組立施設“FACO”が、そのまま重整備を行う拠点MRO&Uになります。そして日本のIHIがF135のオーバーホールを担当します。

そのため日本の自衛隊は、F-35の重整備とエンジンのオーバーホールを国内で受けられることになります。ここが日本と韓国の違い。

正し、重整備の頻度は2000時間に1回と書いてあったような記憶が・・・

管理人の記憶が正しければ、F-35の機体寿命は8000時間なので、4回は重整備を受ける計算になります。

部品の修理作業、これも整備と呼ばれてる

まだ終わりません。

F-35の共同開発・出資国とFMS方式で購入した国には、F-35運用にかかる保守・整備市場への参入が認められます。簡単に言えば利益の還元?

共同開発・出資国は勿論、FMS方式で購入した国も参入できるのは、FMS方式で購入する場合、開発費の回収のため価格に開発費の一部を上乗せされているから。

一次割り当ては2015年から始まり、2016年に決定。最近2次割り当ての結果が発表され、日本はアジア・太平洋地域のF-35用戦闘システムの一部の整備を受注したようです。※レーダーなどではないらしい。韓国企業が航空電子、機械及び電子系統、射出座席の整備を受注しました。

これは部品修理作業であって、米国に選ばれるというより、F-35をFMS方式で購入した国に割り当てられると言ったほうが正解。表にまとめるとこんな感じ。

倉庫保管 スペアパーツや搭載機器の保管業務 共同開発国&FMS方式購入国
部品修理作業 搭載機器の修理・メンテナンス業務 共同開発国&FMS方式購入国

これも整備と呼ぶので、韓国でもF-35の整備できると言っていたのはこの部分

分かりにくいんですよね。

F-35を導入した国は運命共同体?

結局、F-35の運用は、導入国全体で回していく感じなので、当然韓国のF-35の戦闘システムの一部は日本で整備することになるでしょう。逆を言えば空自のF-35に搭載する射出座席は韓国企業で整備されることになるはず。

※現時点での情報を総合するとそうなってしまう。あくまで管理人の推察。

ただ上記でも触れましたが、F-35に必要なパーツや保守などは、兵站・物流システム「ALIS」を通じ一括管理されるので、これがどの国のパーツというよりも、修理が必要なパーツを直したら倉庫に送られ、必要とされる国へ届けられるというような、国を越えた運用体制なので、これは日本の、これは韓国の、と主張しても無意味なような気がします。

もし、それを主張し始めると一元管理の意味がなくなり、「ALIS」を通じたコスト削減が出来なくなるので・・・

出典:ロッキードマーティン社

確かに良く出来たシステムだと思います。

ただ疑問も幾つかあるんですよね。

まずはF-35のパーツを各国にバラ撒いて整備するのは、本当に効率的なのかという点。

もし韓国が北朝鮮と戦争になり、部品の修理作業を請け負っている企業が攻撃を受けて破壊された場合、アジア・太平洋地域で、F-35の射出座席の整備が出来なくなり、どーすんの?欧州か米国まで運んで修理?余りにも脆弱過ぎません?

開発費の一部を負担させてるので、導入国に割り当てるのは分かるんですけど、余りにも商業的に偏ってませんか?

現段階で集められる情報はこのぐらいなので、実際に違う可能性もありますが・・・ とりあえず暫定版だとお考え下さい。

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|消えゆく「チャレンジャー2」、英国148輌まで戦車削減、陸上自衛隊の半分以下!

    英国陸軍は、経済的な問題のため、現在保有している「チャレンジャー2」戦…

  2. 軍事的雑学

    建造費1.4兆円!米海軍新型「フォード」級空母、カタパルトを「電磁式」から「蒸気式」に変更?

    トランプ大統領は日本訪問中に、横須賀の海軍基地を訪れ、強襲揚陸艦「ワス…

  3. 軍事的雑学

    F-15再降臨か?米空軍がF-15Xを購入するかもしれないという話

    米国空軍がF-15の最新バージョンの購入をするかもしれないと言っていま…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|トルコにS-400製造権もステルス戦闘機も与えるロシア、追い詰められる米国

    依然としてロシア製地対空ミサイル「S-400」導入を強行するトルコ、F…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国「残念な仕様」の新型イージス艦!謎の「SM-3『級』防空システム」とは?

    韓国メディアの報道によれば、新型イージス艦には、弾道弾迎撃ミサイル「S…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|スペア部品が足りずF-35が飛べない?トルコ外しで部品供給体制に問題が発生!

    米国がトルコへのF-35供給停止に関連し、トルコが製造するF-35の部…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 2月 18日

    要するに絶対にアメリカに逆らえないシステムが更に強化されたわけだな

    • 匿名
    • 2019年 2月 19日

    アマゾンの混在在庫みたいな問題は発生しないのだろうか

    • 匿名
    • 2019年 2月 19日

    韓国が一部を請け負ったことは知っていますが、日本が機体を韓国に送って整備することは無いと思います。なにしろ、今の韓国は「北朝鮮のスポークスマン」が大統領の国です。米国議会でも不信感が強まっているようです。そこに機密の塊を送るのは考えにくい。
    その上日本の場合は、自衛隊機+在日米軍空軍、海兵隊、海軍のF-35A,B,Cもあります。ただでさえ韓国は、最近も在韓米軍に納入する燃料に、意図的に混ぜ物を加えて嵩上げしていたことがバレてペナルティくらう国ですし、米国の戦闘機やドイツの潜水艦や戦車のパワーパックなどのブラックボックスを不正に開ける、イタリアの兵器のコピー品を作って怒られるなど、枚挙に暇がない信用できない国ですから。日本にはロッキードマーチンの技術者も常駐して整備するようですし(スティルス塗装やアビオニクス等かな?)、個人的には自衛隊機や在日米軍機は日本を離れて整備することは無いと思います。

    • 匿名
    • 2019年 2月 19日

    管理人氏
    日本は韓国が受け持つ部分も日本企業でやるはずです。
    この前発表されてなかったかな?

      • 航空万能論GF管理人
      • 2019年 2月 19日

      情報どうもありがとうございます。ちょっと検索してみたのですが、見つけられなかった・・・ もしお手数でなければ、その発表のニュースか、プレスリリースのURLをお教え下さい。記事内容を修正したいので(´・ω・`)宜しくおねがいします。

    • ty
    • 2019年 3月 10日

    国内生産予定の38機中の8機が輸入になりますが、まだ数年は国内生産は続きます。
    F-35の国内生産が終わる時期は、
    F-3の試作機製造や工場をF-3生産向けに変更する工事を考えればちょうどいいのでしょう。
    F-35は年産6機だったと思いますので1年前倒しで生産終了となります。
    これはF-3開発順調での前倒しの可能性もあるという事です。
    MRJも設計者の手を離れているので国内の設計者はF-3以外の案件は少ないでしょうし、
    F-3は大至急のプロジェクトで三菱以外の受注はありえないので内示を受けての作業は始まっているとみています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

PAGE TOP