軍事的雑学

軍事的雑学|陸自・水陸機動団の実力は?本格的な上陸訓練「アイアン・フィスト」を見てみよう!

今回は、陸上自衛隊の水陸機動団が、米海兵隊と共同で訓練を行った「アイアン・フィスト」の様子をまとめてみました。

参考:平成30年度米国における米海兵隊との実動訓練(通称「アイアン・フィスト」)

水陸機動団と米海兵隊との共同訓練“アイアン・フィスト”

2019年1月7日から2月16日までの41日間(ぶっと通しではないと思いますが・・・)、米国のカルフォルニア州、キャンプ・ペンデルトンで米海兵隊と合同訓練を行いました。通称「IRON FIST “アイアン・フィスト”」と呼ばれるそうです。

大まかな訓練内容は、人員・装備品の艦艇への積込み、海上機動、海岸への上陸、上陸後の戦闘まで一連の流れを実際にやってみせる内容。

動画も公開されています。動画を見る限り、小型ボートによる潜入ヘリやMV-22オスプレイによる空からの潜入AAV7(水陸両用車)による上陸など、上陸方法だけでも色んな訓練を実施しています。上陸後の戦闘訓練では市街地戦まで、模擬建造物を使用し、みっちりやってます。

米海兵隊は、ワスプ級強襲揚陸艦か、サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦、もしくはトレントン級ドック型輸送揚陸艦を持ってきて、LCACを使った揚陸訓練を水陸機動団とやってます。たぶん飛行甲板が広かったのと、MV-22オスプレイが同時に複数機が発艦してたので、どうだろう?ワスプ級強襲揚陸艦かな?

特に印象的なシーンは、60・81・120mm迫撃砲AAV7の車載機銃個人携帯の火器(おそらく、89式5.56mm小銃)など、実弾を撃ちまくり!

そして負傷者の救助、応急措置訓練もやってました。

映像を見て思った事:やってんなぁ~w

水陸機動団は正式には2018年3月に創設されましたが、前身の西部方面普通科連隊時代の基礎があるので、上陸作戦について全くの素人ではなく、当時から海兵隊とも訓練を行っていたので十分な実力はあったと思います。ただ水陸機動団になって一番変わったのは、人員規模、装備面、作戦規模が大きくなり、訓練を見ても迫力が違います。

今後も、水陸機動団には予算も装備も集中的に投資され、護衛艦「いずも」にF-35Bを搭載して運用するようになれば、さらに訓練の規模が大きくなるんでしょうね。

共同訓練“アイアン・フィスト”の様子

では、「IRON FIST “アイアン・フィスト”」の様子の写真をどうぞ~

揚陸艦からAAV7が発艦するシーン

AAV7による上陸シーン

MV-22オスプレイによる兵力展開シーン

上陸後の戦闘訓練シーン

LCACによる車両の上陸シーン

あれ、沖合に見えるのは・・・ サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦だ!

動画でみた飛行甲板が広いので、ワスプ級強襲揚陸艦かと思いましたが間違った!サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦の後部飛行甲板って広いんですね・・・ まてよ、確か以前にサン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦のイラストがあった気がする。

出典:wikimedia commons public domain サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦

これだ!確かに、MV-22オスプレイを複数機並べられるほどの広さがある。さすが米海軍。

最後に、「IRON FIST “アイアン・フィスト”」の動画!中々、カッコいい編集です。

ただ・・・ 冒頭のIRON FISTのタイトルシーンが、「BIOHAZARD 7」の配色に被って「あ?バイオだ!」と、思わず声が出てしまいました。この動画を編集したのはバイオ好きなのか?

以上、陸上自衛隊の水陸機動団と米海兵隊による「アイアン・フィスト」共同訓練の様子でした。

 

軍事的雑学|海上自衛隊 護衛艦「しらぬい」引渡式・自衛艦旗授与式を見てみよう!前のページ

軍事的雑学|パンケーキが空を飛ぶ?米海軍が開発した空飛ぶ円盤“XF5U”を見てみよう!次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    空母「遼寧」の二番煎じ?韓国、空母「サン・パウロ」購入を訴える国民請願が登場

    韓国では空母の建造ノウハウを得るため、ブラジル海軍がスクラップとして売…

  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓練中

    海外メディアは、ドイツ陸軍が導入中のプーマ装甲歩兵戦闘車は稼働率が低す…

  3. 軍事的雑学

    早くも「SU-57」後継機を検討?ロシアでも第6世代戦闘機の研究が進む

    ロシアは第5世代戦闘機「SU-57」の量産に着手したばかりだが、ロシア…

  4. 軍事的雑学

    賢い買い物か?ポーランド、1機あたり約220億円でF-35Aを32機導入

    ポーランドが米国に売却を要請していた32機のF-35Aについて、9月1…

  5. 軍事的雑学

    F-35を選択しなかったドイツを、日本は見習うべき? トーネード後継機問題の真実

    日本にF-35を「105機」も追加で「爆買い」させておきながら、米国は…

  6. 軍事的雑学

    揉めていた第6世代戦闘機「FCAS」開発条件で進展? エンジン開発でフランスがドイツに譲歩

    フランスとドイツが開発を主導している第6世代戦闘機「FCAS」プログラ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 4月 27日

    まあ動画は良くできてるけど中二病ぽいエンブレムはどうにかならんものか・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP