軍事的雑学

史上初!海上自衛隊と仏空母「シャルル・ド・ゴール」との共同訓練を見てみよう

海上自衛隊がホームページ上で、5月19日から22日まで実施した、日仏豪米共同訓練「ラ・ペルーズ」の様子を公開した。

参考:平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊(IPD19)

史上初、海上自衛隊の艦艇が、フランス海軍の空母と共同訓練を実施

海上自衛隊、第1護衛隊群、護衛艦「いずも」率いるインド太平洋方面派遣訓練部隊は、フランス海軍、オーストラリア海軍、アメリカ海軍と共に、インド洋で共同訓練「ラ・ペルーズ」を実施した。

フランス海軍士官兼探検家だったラ・ペルーズ伯、ジャン=フランソワ・ド・ガローに因んで「La Perouse(ラ・ペルーズ)」と名付けられた共同訓練は、4ヶ国の海軍艦艇による艦隊航海、実弾訓練、相互通信、捜索救助などで構成される。

補足:ラ・ペルーズ伯、ジャン=フランソワ・ド・ガローとは、フランスの海軍士官及び探検家で、1785年、国王ルイ16世より太平洋探検を命じられた。太平洋における遠征航海の指揮をとり、最後はオセアニアで消息を絶った。ラ・ペルーズは日本との縁もある人物で、宗谷海峡の国際的な名称は「ラ・ペルーズ海峡」だ。これは宗谷海峡を欧州人として初めて通過したラ・ペルーズに因んで名付けられたものだ。宗谷岬の丘の上にはラ・ペルーズ顕彰碑が建立されている。

第1護衛隊群を率いる江川海将補は「日本、フランス、オーストラリア、アメリアによる多国間の訓練は素晴らしい経験になる。この訓練は、インド太平洋地域の平和と安定に貢献すると信じている」と話した。

参加艦艇は以下の通りだ。

  • 海上自衛隊
    いずも型護衛艦「いずも」
    むらさめ型護衛艦「むらさめ」
  • フランス海軍
    原子力空母「シャルル・ド・ゴール」
    フォルバン級駆逐艦「フォルバン」
    アキテーヌ級駆逐艦「プロヴァンス」
    ジョルジュ・レイグ級駆逐艦「ラトゥーシュ・トレヴィル」
    デュランス級補給艦「マルヌ」
  • オーストラリア海軍
    アンザック級フリゲート「トゥーンバ」
    コリンズ級潜水艦「コリンズ」
  • アメリカ海軍
    アーレイ・バーク級駆逐艦「ウィリアム P ローレンス」

日仏豪米共同訓練「ラ・ペルーズ」の風景を見てみよう

海上自衛隊は、各国海軍の各級指揮官を「いずも」に招待し、シップツアーを行った。

出典:海上自衛隊

フランス海軍のヘリコプター「AS 565」が、護衛艦「いずも」に着艦した様子。その後ろは、米海軍か、豪海軍のSH-60 シーホークが着艦しようとしている。

出典:海上自衛隊

フランス海軍のヘリコプター「AS 565」から、フランス海軍の指揮官が降りてきた。

出典:海上自衛隊

護衛艦「いずも」の艦橋を案内する様子

出典:海上自衛隊

護衛艦「いずも」のCIC(戦闘指揮所)を案内する様子

出典:海上自衛隊

護衛艦「いずも」の飛行甲板で、フランス海軍、米海軍、豪海軍、海上自衛隊の面々が記念撮影

出典:海上自衛隊

フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」に着艦する海上自衛隊のヘリコプター「SH-60K」

出典:海上自衛隊

護衛艦「いずも」の飛行甲板から見たフランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」と、豪海軍のコリンズ級潜水艦

出典:海上自衛隊

米海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦「ウィリアム P ローレンス」の前を航行する、海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」

出典:海上自衛隊

米海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦「ウィリアム P ローレンス」と、フランス海軍のアキテーヌ級駆逐艦「プロヴァンス」

出典:海上自衛隊

フランス海軍のデュランス級補給艦「マルヌ」と、フォルバン級駆逐艦「フォルバン」

出典:海上自衛隊

フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」から発艦した戦闘機「ラファール M」

出典:海上自衛隊

フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」の飛行甲板上で、発艦準備中の戦闘機「ラファール M」

出典:海上自衛隊

フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」の飛行甲板上に並べられた戦闘機「ラファール M」

いつも目にするのは、米海軍の空母で、当然そこに映るのはF/A-18E/Fだが、今回ばかりは、ラファールが飛行甲板に並ぶフランスの空母。

そこに、海上自衛隊と書かれたヘリコプター「SH-60K」が駐機してる絵自体が、非常にレアだ。

恐らく、フランスの空母に、自衛隊機が着艦したのは史上初ではないだろうか。

米海軍の空母に比べると、艦橋の大きさが目立つが、これは米空母に比べ、シャルル・ド・ゴールは半分の大きさしかないためで、アングルド・デッキは改修を行い4m延長することで、何とかE-2Cの運用が可能になったらしい。

4万トン程度のシャルル・ド・ゴールは、蒸気カタパルトを装備し、固定翼機を運用するための、実用的な最小サイズなのかもしれない。

いつか日本に寄港し、艦を一般公開してくれれば、ぜひ、この目で見てみたい。

 

アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊

 

関連記事

  1. 軍事的雑学

    日本は良くて韓国はダメ?韓国、固体燃料使用を禁じた「韓米ミサイル指針」改正を要求

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国の民間ロケットが「固体燃料…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|「F-35BライトニングⅡ」入手は絶望的?トルコ初の空母「アナドル」が進水!

    トルコが軽空母としても運用可能で、スキージャンプ台を備えた強襲揚陸艦「…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本も導入するステルス戦闘機「F-35B」の機体平均寿命が半分以下になる?

    日本にも関係する、F-35Bについて興味深い記事を読んだのご紹介します…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|21世紀の空中空母?米印が空中発射・回収可能な無人機を共同開発!

    今日はDefenseNewsで興味深い記事を読んだのでご紹介。理想は空…

  5. 軍事的雑学

    V仕様のF-21や、ロシアのSu-35に、F/A-18E/Fはインドで勝利できるか?

    ボーイングの副社長、Thom Breckenridge氏は、同社が製造…

  6. 軍事的雑学

    特殊塗料を塗った戦闘機「J-16」は、中国第3のステルス戦闘機になり得るか?

    中国人民日報傘下の環球時報紙(グローバルタイムズ)は、中国空軍が運用中…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 14日

    韓国艦艇は備品の固定もされてなく外洋には出るつもりないとか?出れないとか?
    誰か見てくるんだろう…?
    トップヘビーなんかは外から見てわかるかもしれんけど…
    こういう交流で しれっと見てくるのかしら?

    • こまつ
    • 2019年 6月 14日

    今は欧州の海軍がアジアの海に来て海自と演習するってばかりだけど、いずれは海自が大西洋や地中海に遠征して演習するってなるのかな。
    自由主義防衛機構軍?

      • 海自インド洋方面軍第3艦隊
      • 2019年 6月 15日

      早く憲法改正しなさい。

    • 匿名
    • 2019年 6月 14日

    >何とかF-2Cの運用が可能になったらしい。
    E-2C・早期警戒機?

    • 匿名
    • 2019年 6月 15日

    シャルル・ド・ゴール上の自衛隊機もレアだけど
    いずもの甲板に並んでるヘリが全機種バラバラってのがたまらんね
    いかにも多国籍軍って感じ

    • 112
    • 2019年 6月 15日

    かしまが世界各地に行ってるね。練習艦ってなにするんだろ

      • 匿名
      • 2019年 6月 15日

      文字通りに乗務員の練習では?
      その一環として世界各地も訪問してる(遠洋練習航海)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP