軍事的雑学

護衛艦いずも、仏空母「シャルル・ド・ゴール」の次は米空母「ロナルド・レーガン」と共同訓練

海上自衛隊のホームページに、平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊が米空母「ロナルド・レーガン」と共に、南シナ海で訓練を行う様子が公開された。

参考:平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊(IPD19)

インド太平洋方面派遣訓練部隊、派遣期間中4回目となる日米共同訓練

現在、インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練を実施し、部隊の戦術技量の向上や、各国海軍との連携強化を図る目的で派遣されている平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊が、6月10日から南シナ海洋上で、米海軍の空母「ロナルド・レーガン」を始めとする部隊と日米共同訓練を行った。

平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊には、海上自衛隊の第1護衛隊群、第1護衛隊から護衛艦「いずも」、「むらさめ」、第5護衛隊から「あけぼの」(6月からの派遣)の3隻が派遣され、4月30日に横須賀を出港して以来、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、フィリピンに寄港し、各国の海軍と訓練を通じた交流を行っている。

5月には、空母「シャルル・ド・ゴール」を擁するフランス海軍とインド洋の洋上で共同訓練を行った。

この共同訓練は、フランス海軍士官兼探検家だったラ・ペルーズ伯、ジャン=フランソワ・ド・ガローに因んで「La Perouse(ラ・ペルーズ)」と名付けられ、海上自衛隊を含む4ヶ国(日仏豪米)の海軍艦艇による艦隊航海、実弾訓練、相互通信、捜索救助などが実施された。

さらに、6月10日から12日と、19日から20日の2回に分け、南シナ海の洋上で、米海軍の空母「ロナルド・レーガン」と日米共同訓練が行われた。

その様子が、海上自衛隊のホームページで公開された。

出典:海上自衛隊

護衛艦「あけぼの」に着艦する米海軍のSH-60シーホーク

出典:海上自衛隊

護衛艦「あけぼの」で給油を受ける米海軍のSH-60シーホーク

出典:海上自衛隊

海上自衛隊のSH-60Kから撮影された護衛艦「いずも」と、空母「ロナルド・レーガン」

出典:海上自衛隊

空母「ロナルド・レーガン」に着艦した海上自衛隊のSH-60K

出典:海上自衛隊

護衛艦「いずも」の飛行甲板から見た、空母「ロナルド・レーガン」

出典:海上自衛隊

海上自衛隊最大の大きさを誇る護衛艦「いずも」(満水排水量26,000トン)も、10万トンを超える空母「ロナルド・レーガン」の前では、非常に小さく見える。

出典:海上自衛隊

空母「ロナルド・レーガン」と、護衛艦「あけぼの」。

残念ながら、空母「ロナルド・レーガン」に搭載された固定翼機は今回の演習に参加しておらず、主に艦隊航行や、相互通信、捜索救助程度の訓練内容のようだ。

日米共同訓練とは関係はないが、非常に面白い写真もホームページにアップされている。

出典:海上自衛隊

??????

出典:海上自衛隊

赤道門???

出典:海上自衛隊

これは所謂、赤道祭と呼ばれるもので、船乗りが初めて赤道を超える際、行われる一緒の通過儀礼。

帝国海軍時代にも行われていた、伝統行事とも言える。

船乗りは、赤道を超えることで初めて「一人前の船乗り」として認められるというもので、赤道超えの船乗りは『亀の甲羅(Shellbacks)』『ネプチューンの息子(Sons of Neptune)』と呼ばれ、逆に赤道を越えていない船乗りは「オタマジャクシ(Pollywogs)」と呼ばれる。

但し、この概念は大型帆船で、外洋に乗り出した時代の名残だ。

当時、帆船で赤道付近を通過するというのは、スコール発生地帯でもあり、赤道特有の無風地帯を突破するということで、帆船でこれを成し遂げた船乗りを称える意味があった。

それに比べて現在の赤道祭は、一種のレクリエーション的側面が強いが、この伝統は、世界中の海軍で行われ続けている。

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|英国は単独で、独仏は共同で第6世代戦闘機開発に乗り出す

    ドイツとフランスは、第6世代の戦闘機に関する両政府のビジョンを絞り込む…

  2. 軍事的雑学

    次世代小銃は発砲音も閃光もなし?米陸軍、ステルス小銃を開発

    米陸軍は最先端技術を用いて、小銃発砲時の騒音と閃光を無くし、敵に気づか…

  3. 軍事的雑学

    F-35A不足分はTA-50で穴埋め?空母建造で狂った韓国「F-35A」導入計画

    現在、韓国空軍は第5世代戦闘機「F-35A」を40機導入中で、追加でさ…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|伝説のステルス攻撃機!退役したはずの「F-117」が密かに実戦復帰してた?

    今回は伝説のステルス攻撃機「F-117」ナイトホークのお話です。F-1…

  5. 軍事的雑学

    韓国、発足して1年足らずの日本版海兵隊「水陸機動団」が精強だと驚く

    韓国メディアは、第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習となる「タリスマ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 05日

    なんだよ、俺一生オタマジャクシのままかよ

    • 匿名
    • 2019年 7月 06日

    パヤオの漫画にあった「なに! あの赤い線が見えねぇのか」「うっすらと…見えるような…気がします」なんてやりとりは実際にあったんだろうか

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP