軍事的雑学

試作品すらなく設計図だけで? 韓国、KFX用AESAレーダー国産化成功を宣言

韓国が現在、開発中の韓国型戦闘機「KFX」に搭載されるフェーズド・アレイ・レーダー(AESA)の国産化に成功したと韓国メディアが報じている。

参考:국산화 성공한 KFX용 AESA레이더, M-SAM 등 무기체계에 적용 검토

プロトタイプのレーダーも完成していないのに国産化成功宣言?

韓国が開発中だった韓国型戦闘機「KFX」搭載用のフェーズド・アレイ・レーダー(AESA)国産化成功報道は一体、何処からやってきたのか?

これまで判明していた韓国のフェーズド・アレイ・レーダー開発状況は、今年5月にレーダーの詳細設計が固まり、レーダーのプロトタイプ製造へ進むと開発を主管する韓国国防部傘下の防衛装備庁が発表していたが、まだプロトタイプのレーダーが完成すらしておらず、テストも行われていない。

しかし、韓国防衛産業界はプロトタイプのレーダー製造が事実上、フェーズド・アレイ・レーダーの国産化成功宣言を意味するとして、9月26日に軍と韓国防衛産業界は、国産化に成功した韓国型フェーズド・アレイ・レーダーを韓国型戦闘機「KFX」だけでなく、もっと多くの国産兵器に活用することを共同で検討することに着手した。

この韓国型フェーズド・アレイ・レーダーの製造に参加しているある関係者によれば、開発に成功したこのレーダーは国内で開発されている複数のフェーズド・アレイ・レーダーの中でも、最高クラスだと言っている。

軍と韓国防衛産業界は今後、韓国型パトリオットと呼ばれる国産の中距離迎撃ミサイル「M-SAM」や韓国型サードと呼ばれる弾道弾迎撃ミサイル「L-SAM」(開発予定)などに、韓国型フェーズド・アレイ・レーダーを積極的に活用していくらしい。

現在、ノースロップ・グラマンが開発したAESA式レーダー「AN/APG-83」への換装を含む性能改良が行われている韓国空軍のKF-16(F-16C/D相当)についても、国産の韓国型フェーズド・アレイ・レーダーに変更できないか検討し、AESA式レーダー「AN/APG-82」への換装を検討していたF-15Kの性能改良にも、このレーダーの採用を検討するという。

出典:Alvis Cyrille Jiyong Jang (Alvis Jean) / CC BY-SA 4.0 KFX

そもそもフェーズド・アレイ・レーダーが完成しても、韓国型戦闘機「KFX」で使用するためのソフトウェアの開発が完了しておらず、正常に作動するのか、期待通りの性能を示せるのか、それが判明するのはKFXの試作機に、試作レーダーを搭載しテスト(2023年を予定)を行ってみなければ、通常開発に成功したとは言えないはずだ。

未だにプロトタイプ=試作品すら完成していない、性能のテストさえ確認出来ていないフェーズド・アレイ・レーダーを完成したと信じ、ここまで大風呂敷を広げることが出来る韓国には、もはや驚くを通り越して唖然とするしかない。

韓国メディアは、フェーズド・アレイ・レーダーについて世界でも限られた国しか作ることの出来ない技術で「韓国にAESAレーダーの開発は無理だと言う世界中の偏見を覆し快挙を成し遂げた」と絶賛しているが、この韓国型フェーズド・アレイ・レーダーの開発には、戦闘機「グリペン」を開発したスウェーデンのサーブ社(ソフトウェア開発)と、イスラエルのエルタ・システムズ社(試験評価)が協力を行っているため、韓国が強調する独自技術(もしくは国内技術)だけで開発したと呼ぶには程遠い。

果たして、姿も形もない韓国型フェーズド・アレイ・レーダーは期待されているだけの性能を示せるのか?非常に注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

海上自衛隊、日米印3ヶ国の海軍による「国際共同演習 マラバール」初主催前のページ

いよいよ始まる!韓国、正式に韓国型戦闘機「KFX」試作機製造にGOサイン次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、欧州で進行する第6世代戦闘機プログラムの希望と問題

    早いもので2019年も、あと数日で終わりを迎えるが、今回は航空万能論的…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、装備の低稼働率に悩まされたドイツ軍の改革

    2020年を迎えてしまったが、今回も航空万能論的に2019年最も印象に…

  3. 軍事的雑学

    これが噂のライトニングキャリア!米海軍、F-35B編成で空母化した強襲揚陸艦「アメリカ」公開

    強襲揚陸艦「アメリカ」は東太平洋上で、13機以上のF-35Bを搭載を搭…

  4. 軍事的雑学

    ステルス戦闘機F-22、製造ライン再開・再調達に約644億ドル(約7兆円)必要

    米議会は米空軍に対し、F-22の製造ラインの再構築及び、近代化を施した…

  5. 軍事的雑学

    非ステルス戦闘機の中で最強?ステルス性能F-35超え?韓国、謎の「KFX」性能自慢

    韓国の戦闘機「KFX」は、退役間近のF-4(20機)とF-5(100機…

  6. 軍事的雑学

    ステルス戦闘機「J-31」開発中止?中国、空母の次期艦載機に「J-20」採用

    中国は海軍の空母で運用する第5世代戦闘機として小型の「J-31」ではな…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    形はある、レーダー本体はほぼ完成してる。
    だって、イスラエルのELTA社のELM-2052の派生品だから
    ELTA社が機能チェックをしてるって記事(これが国産か? って趣旨の記事)
    航空機(輸送機レベル)に搭載しての試験もELTA社が担当
    データ処理はどこがやるんだろう(開発するんだろう)、韓国のADDの開発要件には載っていないとかなんとか
    リンク
    >韓国型戦闘機「KFX」で使用するためのソフトウェアの開発が完了しておらず
    これが一番大変、
    CPU(兵装コンピュータ)、S/Wを韓国が作ってるのか? って疑問がテンコ盛り
     なお、AESAレーダーの機能としてはBatch-1では対空のみ、Batch-2でルックダウン機能を搭載(対艦、対地攻撃が可能になる)ってスケジュール

    >AESA式レーダー「AN/APG-82」への換装を検討していたF-15Kの性能改良にも、このレーダーの採用を検討する
    1000%ムリ(F-15Kの兵装コンピュータの改修をアメリカが許可しない)

      • 匿名
      • 2019年 9月 27日

      ELM2052ってイスラエルが中国経由でパキスタンに売ろうとしたとかいう噂があった奴でしたっけ?
      また韓国がババ掴みそうな予感w

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    アメリカからAPG-82の輸出が認められなかったに一票

    • 無理だろうね
    • 2019年 9月 27日

    F-15KやF-16に勝手な改造が許されているのかな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    中央日報だったと思ったけど、半年~1年くらい前に「韓国型」AESA開発順調!という記事が、作業員2人がレーダーの周りで作業している写真付きで載ってたことがありましたな。
    なんか結構でかかったように見えたけど。
    てか、日本不買運動関連で韓国唯一の気象レーダーがよりにもよって三菱製とか騒いでいたと思ったけど、気象レーダーも作れない国がAESAなんてつくれるもんですかね。良くわからんけどさ。

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    ぼくの考えたさいきょうのレーダー

    • LLLLL
    • 2019年 9月 27日

    まぁ、潜水艦やミサイルや輸送機や空中給油機、いっその事K-9にも積んでみますか!?
    (´・ω・`)

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    心象風景の具現化(PR)、といったら問題かな?

    • 2019年 9月 27日

    先に気象レーダーを朴留ニダ、黒い箱は厄介ニダ

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    魚群レーダーでしょう

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    大統領、これは馬鹿には見えないレーダーでございますとかな。何と言うかレーダーって哲学とか形而上の存在だったんだな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    韓国のお得意なリバースエンジニアリングが出来る好機なのでここから部品の意匠をちょっと変えてオリジナル!開発成功!
    韓国の財閥がやったことはこれだぜ。
    だがサーブ社が本当にだまされるんだろうか?

    • 名無し
    • 2019年 10月 02日

    戦闘機用のAESAレーダー自体はそれほど難しいもんじゃない、素子を1000個くらい平面上に並べてわずかにタイミングをずらして電波を発射し帰ってきた電波から相手の位置を検出する。
    しかし問題は対地(ルックダウン)モードで、機体からの反射より遥かに強い地面からの反射波(グランドクラッター)の中から目標を見つけなければならない、移動する物体からの反射波はドップラー効果でわずかに周波数がずれるからそれを元に目標を探すのだろうけど、複数の目標がいる場合の処理は大変なものになるだろう、それゆえ韓国も対地モードの開発は後回しにしている。

    30年前、今より遥かに低性能のCPUしかない時代に開発したF-2のAESAレーダーはオーパーツとしか言えないし、30年分の進歩を加味したF-3用のAESAレーダーは素子の改良と相まって世界最高のものとなるだろう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP