軍事的雑学

K11複合型小銃の復讐? 韓国、M16を凌駕する6.8mm弾使用の次世代韓国型小銃を開発

韓国のS&Tモチーフと豊山は10日、5.56mmNATO弾を使用する米軍のM16小銃を凌駕する次世代韓国型小銃の開発に着手すると明らかにした。

参考:미군 M16 능가하는 차세대 ‘6.8㎜ 한국형소총’ 개발착수

次世代6.8mm韓国型小銃の開発はK11複合型小銃のリベンジマッチ?

両社が開発する次世代自動小銃は、米軍のM16小銃や韓国軍のK2小銃が使用していた5.56mmNATO弾ではなく、米軍が採用予定の新型小火器用弾薬「6.8mmSPC弾」と同じ「韓国型6.8mm弾」を開発し、同弾を使用する次世代6.8mm韓国型小銃を開発するという内容だ。

S&Tモチーフが次世代6.8mm韓国型小銃を、豊山が韓国型6.8mm弾の開発を担当する。

S&Tモチーフの関係者によれば次世代小銃の開発期間は2年を予定しており「今回の開発は6.8mm弾に対応した小銃市場を先取りするための第一歩だ」と話した。

米軍は5.56mmNATO弾を使用するM4小銃やM249軽機関銃の後継に、中国やロシアの新型防弾チョッキを貫通できる6.8mmSPC弾を採用する予定で同弾を使用する新型小銃の開発も進められている。

要するに韓国の防衛産業は、米軍が5.56mmNATO弾から6.8mmSPC弾に切り替えれば世界の小銃市場も6.8mm弾へと移行していくと予想し、先に開発しておけば新しく立ち上がる「6.8mm小銃市場」で先発優位の立場を掴めると踏んでいるのだ。

ただし、この目論見は米軍が5.56mmNATO弾から6.8mmSPC弾に切り替えが成功すればの話で、韓国は過去にも米軍が5.56mm小銃と20mmグレネードランチャーを組み合わせた次世代個人携行火器「XM29 OICW」の開発を行っているのを見て、すぐに同じコンセプトの「K11複合型小銃」開発に取り組んだ事がある。

出典:Cinnamontrees / CC-BY-SA 3.0 K11複合型小銃

このK11複合型小銃を開発したのが次世代6.8mm韓国型小銃の開発を担当するS&Tモチーフ(当時はS&T大宇)だ。

韓国は将来、5.56mm小銃と20mmグレネードランチャーを組み合わせた複合型小銃こそが個人携行火器の標準になると踏んで開発を進めたが、米軍は「XM29 OICW」が使い物にならないと判断し開発を中止してしまった。そこで韓国は米国にも開発できなかった複合型小銃の実用化に成功したという触れ込みで完成した「K11複合型小銃」をアピールしたが欠陥だらけで使い物にならず、昨年末、K11複合型小銃の導入を断念した。

関連記事:やっぱり無理だった? 韓国、名品武器と喧伝した複合型小銃「K-11」開発・量産を正式に中断

まさに次世代6.8mm韓国型小銃の開発は、K11複合型小銃の開発に失敗したS&Tモチーフのリベンジと言える。

韓国防衛産業企業の取り組みや狙いが間違っているとまでは思わないが、K11複合型小銃の開発に失敗した経験を生かして6.8mmSPC弾を使用した新型火器を米軍が正式に採用してからでも良いのではないだろうか?

K11複合型小銃開発に失敗に懲りた韓国国防部は表向き次世代6.8mm韓国型小銃の開発に関与していないが、海外輸出を行うなら開発国の採用実績は欠かせないため、いずれは次世代6.8mm韓国型小銃の開発に関わってくると思われる。

果たして、S&TモチーフはK11複合型小銃開発に失敗したリベンジを遂げることができるだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army Europe Images from Heidelberg, Germany / CC BY 2.0

エンジンを空母に輸送可能? F-35Cの運用に欠かせない艦上輸送機「CMV-22B」完成前のページ

将来への投資のため? 米空軍、戦力の空白覚悟でF-15CやF-16C/D等の早期退役を検討中次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    2021年12月に初飛行予定、順調過ぎる米空軍「B-21 レイダー」の開発

    米空軍のステルス爆撃機「B-21 レイダー」は、順調に開発が進んでおり…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、装備の低稼働率に悩まされたドイツ軍の改革

    2020年を迎えてしまったが、今回も航空万能論的に2019年最も印象に…

  3. 軍事的雑学

    F-15再降臨か?米空軍がF-15Xを購入するかもしれないという話

    米国空軍がF-15の最新バージョンの購入をするかもしれないと言っていま…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|陸上自衛隊に独自の輸送艦を検討?帝国陸軍船舶部隊の復活か?

    防衛省が陸上自衛隊に独自の輸送艦を検討していると国内で報道が出ています…

  5. 軍事的雑学

    10年掛かっても完成しないズムウォルト級駆逐艦、極超音速ミサイル運用艦に改装?

    進水から10年たっても実戦投入不可能なズムウォルト級ミサイル駆逐艦に、…

  6. 軍事的雑学

    視界外戦闘も可能、F-35のステルス性能を損なわない新型「AIM-9X」は万能か?

    ドックファイトで活躍することを前提に設計されたAIM-9「サイドワイン…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    これは草 流石期待を裏切らないw

    1
      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      新たな名品武器の誕生ですな(笑)

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      新たな名品武器の誕生ですな(笑)

        • 匿名
        • 2020年 4月 05日

        その銃はどのくらい発熱するんだい?

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      よくもまあ次から次へと…。
      この熱心さはある意味感心します。

      1
    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    次世代の6.8mm弾、従来型金属薬莢・テレスコープ弾・ポリマー薬莢の3種類の候補があったと思うのですが、
    従来型金属薬莢の6.8mmSPC弾に確定していたのですか?

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    5.56mm弾に変えて6.8mmSPC弾が制式採用される事は無いでしょね。
    仮にあるにしても海兵隊とか特殊部隊のみでしょう。
    何故か?
    補給、兵器産業の事を考えたら明確
    5.56mm弾の在庫、製造設備を全て刷新しなければならないからね
    でもって、アメリカ軍での切り替え完了までは5.56mm弾/6.8mmSPC弾の双方の生産・供給を継続する・・・

    まあ、開発/製造しても他の韓国製の機関銃、アサルトライフルと同じく設計不要/製造不良が出て、使・え・な・い・でしょうね

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    採用したはいいけど、一斉に全部入れ替えるわけにはいかないし、5.56x45mmと7.62x51mmを使っているのにそこに1種類混ぜたも混乱するだけだろう。

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    日本企業にはこうして輸出市場にも果敢に挑戦する韓国企業の垢の爪でも煎じて飲んでほしいね

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      なんで海外輸出する必要があるんですか(正論)

        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        三原則ガー喚いてたバカウヨさんに聞けよks

        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        三原則ガー喚いてたネトウヨに聞けよ

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      家電と同じノリで国防をすっ飛ばす韓国さんすげー(棒
      真面目に答えるとこれ失敗すると小銃に関しては日本より世代遅れになるよ
      K2小銃はM16とAKのいいとこ取りでそれなりに評価されたがさすがに古い上に、後継のK11が失敗してるという事実をもっと深刻に考えた方がいい

      1
      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      またいつもの奴か。
      あんたも懲りないねぇ。
      理解する能力が無いのか、理解したくないだけなのか。

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      ヤル気はすごいと思いますけれど、物になりませんとね…。

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      ソレな
      兵器輸出に関して言えば既に複数例をこなしている韓国と皆無の日本では比較対象にもならない
      採用実績ゼロと1の間には日本海溝より深いレベルの差があるからね

        • 匿名
        • 2020年 2月 11日

        実績があってなんでK11は失敗したんですか

        • 匿名
        • 2020年 2月 12日

        日本は輸出目的で性弦緩めたわけではないと何度言えば…って韓国人は文章を理解する能力が極点に低いという調査結果が確か出てるんだったか。

      • 2020年 6月 11日

      日本の兵器なんて高かろう悪かろうなんだから売れないかと

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    日本企業にはこうして輸出市場にも果敢に挑戦する韓国企業の爪の垢でも煎じて飲んでほしいね

      • 匿名
      • 2020年 2月 12日

      兵器産業とか、全然儲からないのにチャレンジしたがるのは途上国から抜け出し始めた国がやらかす典型例なんだが、
      韓国は何時になったらそのレベルから卒業するんだろうな。

      1
    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    開発途中は同種の日本製品を引き合いに出して腐しまくるが実際にはゴミ
    手に負えなくなると「新規開発に着手した」「世界名品として市場を席巻するだろう」
    毎度おなじみ韓国型皮算用など真似せんでよい

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    何も学ばない国
    それが韓国w

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    自衛隊の新型小銃をそっくり真似たりしてな…w

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    マイナスの実績からは貴重な反面教師として学べなくも無いけど韓国くらいだろ。ここまで酷いのは。

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    他の人も言ってるけど仮に上手くいっても規格の違いで大混乱になる未来しか見えない
    米軍が大々的に配備始めるまで他の国は動かないだろうしそれまではいつかみたいに弾貸していっても使えないぞ?(海外派兵は古いの使うだろうけど)
    他の国に韓国の弾丸は使わせない!って宣言ならまあ

      • 匿名
      • 2020年 2月 12日

      合う弾がなけりゃ銃も一緒に借りるニダ(実績アリ)

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    韓国の兵器開発における一番の被害者が、開発失敗で防衛予算を食い逃げされるか、開発成功した珍兵器を押し付けられる韓国軍って所がいいですね。
    これからも、どんどん韓国産兵器の開発をがんばってほしいものです。

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    本当に博打で大逆転狙うの好きだな(笑)
    ただ6.8mmSPC使ったアサルトライフルならK11やステルス戦闘機のような難しさはないと思うし、
    壮大な実験として6.8mmSPCを主力弾薬に採用する国が出てくるのはウォッチャーとしては楽しみなのでぜひやって欲しいわ

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      もう一度記事を読み返してみたら6.8mm SPCを使うんじゃなくて「韓国型6.8mm弾を開発」するのか
      やめとけよ〜

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    開戦2週間で弾薬なくなるのに互換性がなくなったらどうすんの

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      日本から緊急輸入する!

        • 匿名
        • 2020年 2月 15日

        そういえばスーダンでは色々ありましたっけね。

    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    この調子でどんどん突き進んで下さい。応援してます!

    • 匿名
    • 2020年 2月 14日

    韓国はどうでもいいけど、まいどお馴染み欲張りの中途半端臭がする。

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    K11に次ぐ新型小銃開発・・・
    ・成功すれば、アメリカ日本と小銃弾の規格が合わないので弾薬を借りたり融通出来ずに弾薬不足に嘆く
    ・失敗すれば、基本20年前の設計で最新型K2C(ハンドガードが持てなくなる位熱くなる)からの更新が出来ず。軍人オリンピックAASAMで旧式小銃で参加を余儀なくされる。

    どちらにしても韓国の未来は明るく無い

    • 匿名
    • 2020年 8月 07日

    アメリカも結局5.56mmと7.62mmでいーじゃんとかなりそう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP