軍事的雑学

予備パーツをケチる韓国、MH-60Rを12機導入しても予備エンジンは0.5機分?

韓国軍の兵器導入の考え方を象徴したような興味深い資料を見つけたので紹介したい。

参考:Republic of Korea – MH-60R Multi-Mission Helicopters with Support

兵器本体は購入してもスペアパーツをケチって安くあげようとする韓国

8月7日、米国務省は韓国が要求していた、12機のMH-60Rシーホークの購入を総額8億ドル(約849億円)で承認したと発表し、この費用の内訳についても詳細を明らかにしている。

8億ドルには、MH-60R(12機)の他に、スペアパーツや運用要員のトレーニング、各種サポート費用が含まれているが、対艦攻撃用AGM-114「ヘルファイア」やロケット弾、対潜水艦用のMk.54短魚雷など、MH-60Rが搭載する兵器は含まれていない。

問題はスペアパーツの数だ。

搭載レーダーの「APS-153」や赤外線探知装置の「AN/AAS-44」のスペアは1セットのみで、MH-60Rはエンジンを2基搭載(12機だと24基)しているにも関わらずスペアエンジンは1基(0.5機分)のみ、ソナーシステムについてはスペアを発注していないので、明らかに共食い整備を前提にした構成になっている。

同じようにインドとギリシャが要求し、米国務省が承認したMH-60Rシーホークの購入内容と比較すると、韓国が如何にスペアパーツを軽視しているのかがよく分かる。

ギリシャの場合、7機のMH-60Rシーホーク購入の総額は6億ドルで、搭載レーダーや電子機器のスペアを3~4基づつ、スペアエンジンを4基(2機分)要求し、インドの場合、24機のMH-60Rシーホーク購入の総額は26億ドル、搭載レーダーや電子機器のスペアを6基づつ、スペアエンジンは12基(6機分)要求し、両国ともMH-60Rが搭載する兵器も総額に含まれている。

参考:Greece – MH-60R Multi-Mission Helicopters
参考:India – MH-60R Multi-Mission Helicopters

ギリシャとインドは、導入機数の20%以上分に相当するスペアパーツを購入予定だが、韓国は10%以下だ。

このような違いがあるにも関わらず、韓国はMH-60Rシーホークを導入する他の国よりも購入の条件が良いと言っている。

これは主に「1機あたりの導入価格」のことを指しており、韓国はMH-60Rシーホーク1機あたり6,600万ドル(約69億円)で導入でき、ギリシャは8,500万ドル(約9,000万円)、インドは1億ドル(約106億円)と比べて、条件が良いと思っている。

出典:pixabay

韓国はF-35Aを40機導入する際も、40機に搭載できるだけの兵器を購入しておらず、特にF-35Aに搭載されるAIM-120は、ウェポンベイに搭載するためフィンを短くしたAIM-120Cしか搭載できないが、このAIM-120Cを18機分(36発)しか購入していない。

そして最も問題なのが、40機のF-35Aに対して、予備のエンジンを1基しか購入していないため、必然的に韓国伝統の共食い整備が行われるのは目に見えおり、このようにスペアパーツの数を削ることで、金額の総額を少なく見せ、韓国は他のF-35A導入国よりも割安で購入した=購入交渉が上手く行ったと見せるのが常だ。

12機のMH-60Rシーホークに搭載されているエンジンは計24基だが、韓国はスペアエンジンを1基分(0.5機分)しか要求していないのを見ると、F-35Aの予備エンジンを1基しか確保しなかった反省を生かす気はないのだろう。

結局、韓国は「最新の○○を○○ウォンで○○機導入した」と自慢したところで、スペアパーツを確保していないため、実際に稼働できるのは、その半分程度かもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain MH-60Rシーホーク

ロシア、無人戦闘機「S-70オホートニク」初飛行映像をYouTubeで公開前のページ

ドイツ軍3大ミステリー!海軍は艦艇不足、空軍は航空機不足、陸軍は装備不足、予算はどこへ?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    2016年と比較して40%増! 韓国メディア、日米共同訓練の驚異的な増加率を羨む

    米国との共同訓練を拡大し続ける日本と、縮小・中止が続く韓米共同訓練の規…

  2. 軍事的雑学

    いよいよ始まる!韓国、正式に韓国型戦闘機「KFX」試作機製造にGOサイン

    韓国国防部傘下の防衛装備庁は26日、韓国型戦闘機「KFX」の詳細設計検…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|何が違うのか?自衛隊が3種類も導入する「巡航ミサイル」の違い!

    日本が導入を検討していると言わている、3つの長距離巡航ミサイルについて…

  4. 軍事的雑学

    弾が真っ直ぐ飛ばない? 米国、F-35A搭載機銃の攻撃精度は容認できないレベル

    国防総省が発表した年次報告書によれば、依然としてF-35は設計通りに機…

  5. 軍事的雑学

    月産1機VS11機、10倍の量産規模で中J-20を圧倒する米F-35

    中国は昨年、第3戦闘機師団第9航空連隊にステルス戦闘機「J-20」を正…

  6. 軍事的雑学

    極超音速ミサイルはF-35キラー!日本、非対称戦力「潜水艦」で対抗が現実的か?

    ロシア国防省が公開した、極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzha…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 09日

    部分的には嘘じゃないけど、総体的に見れば嘘だらけといういつものやつですね。
    これで騙される韓国人がちょろすぎるから詐欺大国になっちゃってんだろうけど。
    しかし、実運用と維持の利便性・即応性を考慮すれば、やはり兵器は国内製造が一番良いですわな。
    特に日本や韓国のように海路が生命線である国家はなるべく自国で完結できる体制が理想ですな。
    まぁ、その局面に陥った時点で詰みのような気もするけど。

    • PO
    • 2019年 8月 09日

    細かいですが、
    (12機だと28基)→(12機だと24基)
    ですよね?
    シーホークの武装なんかは別契約なのかもとか思ったり。短魚雷はたしか韓国製のがなかったっけ?

    あと、AIM-120Cですけど、同じアメリカ国防安全保障協力局の過去履歴に、2013/5/22にF-35用とF-15用の武器供与の依頼通知があるんだけど、それにはそれぞれに「AIM-120C-7(AMRAAM) 274発」ってあるんだけど、これって値段聞いただけで買ってないのかな?確かF-15K用にAMRAAM持ってたと思うけど。
    日本は、2014年に17発、2017年に56発、2018年に32発、2019年に160発で計265発買ってるようだな。

    • REW
    • 2019年 8月 09日

    韓国が買ったAH-64Eもロングボウレーダを一部の機体にしか付けなかったり、ヘルファイア、スティンガーを定数以下しか購入しなかった、という話がありましたが、ソースはご存じないでしょうか?

    • 匿名
    • 2019年 8月 09日

    F-35については共食い整備出来るのかな?
    アリスちゃんポンコツで完全部品管理は諦めたとしても
    整備の時にまともなエンジン載せてOK出たら外してまた違う機体へって言うような
    書類だけ全機稼働可能とかいう詐欺整備まで騙し通せるもんなんだろうか?

    • 匿名
    • 2019年 8月 10日

    だからドイツは一番最初にあの話から抜けたんですね。
    今のNATOはドイツ軍の軍事拡大を望んでる。ドイツとしては、周囲はNATO軍だらけで、将来戦争になるような敵対国は存在せず、ドイツが侵攻される事態になる確率はかなり低いから軍縮傾向にあると思う。侵攻される危険が増したらドイツ軍は急激に軍艦を建造始めると思う。

    • 匿名
    • 2019年 8月 10日

    間違えました。ドイツ軍のページにコメントしたつもりが韓国軍のページをクイックしてドイツ軍の事を書いたみたいです。訂正。

    韓国軍の事を書かせてもらうと、ほとんど対北朝鮮軍対策向けの軍らしく、陸軍を増強し、海軍は曖昧な構造らしい。自衛隊をも敵対していて、韓国製イージス艦は兵器を盛るだけ盛ってるらしい。

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    豊かなドイツが財政を言い訳に軍縮して、貧しい周辺国が財政赤字の中で維持している
    それでドイツに不満が向かない方がおかしいわけで。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP