軍事的雑学

50発射撃すると爆発する韓国のK11複合型小銃、開発の失敗を認め「開発中止」提案

韓国が国内技術だけで開発し「名品武器」と、散々自慢していた「K11複合型小銃」の開発が、事実上、中止に追い込まれた。

参考:‘명품 소총’이라던 K-11…결국 ‘백지화’ 가닥

韓国の防衛事業庁がK11複合型小銃の「開発失敗」を認める

K11複合型小銃は、5.56mm小銃に、20mmグレネードランチャーを合体させた複合型小銃で、2000年から、韓国の国防科学研究所が開発を主導し、複合型小銃の本体をS&T、射撃統制装置をEO system、20mmグレネードランチャー弾をHanwhaが製作した。

8年の開発期間を経て、2008年開発が完了し、1万5000丁のK11複合型小銃を量産し、韓国陸軍が正式採用すると発表した。

しかし、初期量産品において爆発事故や不具合が続出し、幾度もの改良・修正を経て、2017年に改良型K11複合型小銃が公開された。

K11複合型小銃による不具合の歴史
2010年10月 初期量産で生産された80丁のK11複合型小銃の内、38丁で問題が見つかった。
2011年10月 性能試験中に20mmグレネードランチャーの弾薬が爆発し兵士1人が負傷した。この事故原因(後に電磁波による誤作動と判明)が究明されるまで量産停止。
2012年5月 低温状態で搭載バッテリーの性能が低下する問題が判明。その後、K11複合型小銃の全量リコールが決定。
2012年7月 防衛事業庁が1万発もの実弾射撃を通じて、全ての欠陥について改善が完了したことを確認したと発表。
2012年10月 量産再開、2014年までに400丁のK11複合型小銃を生産することを決定。
2013年11月 陸軍へのK11複合型小銃配備を再開。
2014年3月 再び爆発事故が発生し、兵士3人が負傷し、量産・配備が停止される。
2014年7月 爆破事故の原因は、改良プログラムが適用されていない旧型の弾薬を使用したためで、K11複合型小銃の欠陥ではないと発表し、量産・配備を再開。
2014年11月 量産されたK11複合型小銃の検査において、問題が発生したため軍への納品が停止される。
6000発射撃耐久検査において、4000発射撃後、射撃統制装置に亀裂が入り、小銃本体へ固定していたネジに緩みが発生した。
2015年7月 抜本的な問題解決のため、K11複合型小銃の再設計(重量軽減・小型化)を行うことを発表。
2017年5月 K11複合型小銃の再設計が完了し、重量を1kg程度減らし、問題を解決したと発表し、量産を再開した。
2018年7月 再び、量産されたK11複合型小銃の射撃統制装置に亀裂が入り、量産が停止された。
2018年11月 K11複合型小銃 block2の開発予算が削られ、事実上、K11複合型小銃の改良が放棄される。
2019年4月 50回連続射撃を行うとバッテリーの内圧が上昇し爆発する可能性があると指摘される。
2019年5月 防衛事業庁は、4月、K11複合型小銃の開発中断を提案していたことが確認される。

現在、K11複合型小銃の量産は停止中で、陸軍への配備も中止されている。

再設計をおこなったK11複合型小銃でも、同じ様な不具合が発生した事に加え、50回連続で射撃を行うと射撃の衝撃により、射撃統制装置を動かすために搭載してあるリチウムイオン電池の内圧が上昇し、爆発する危険性がある不具合が指摘された。

この問題が致命的なのは、電池の搭載位置が、射撃統制装置のスコープが取り付けられた付近で、爆発したさい兵士の目が損傷を受ける可能性があり、最悪、顔面陥没の危険があるらしい。

結局、この問題がK11複合型小銃の開発計画にトドメを刺し、韓国の防衛事業庁は、先月に開催された事業管理委員会の会議に、K11複合型小銃の開発中断を提案した。

これは事実上、韓国の防衛事業庁が、K11複合型小銃の「開発失敗」を認めたと言う意味だ。

但し、この会議で、K11複合型小銃の開発を主導した国防科学研究所が、開発中止に猛反発したため、事業管理委員会は、現在、国会の要請で不具合が続くK11複合型小銃を調査している監査院の結果報告を待って、開発中止か、継続かを判断すると態度を保留した。

量産も配備も中止されている状況で、装備開発や調達の権限を持つ防衛事業庁が、K11複合型小銃の戦力化に見切りをつけた=問題の改善作業すら行われている気配がないので、所詮、国防科学研究所が反対したところで、この決定は覆らないだろう。

あとは、開発を主導した国防科学研究所の面子が立つような言い訳を考え、韓国が独自に開発した兵器の「失敗」という事実を、どれだけ誤魔化せるか、そのあたりの調整作業を行うだけというのが、本音ではないだろうか?

何年か前に、K11複合型小銃の暴発事故を、韓国人がこのように皮肉っていた。

「K11複合型小銃は、射撃で敵を倒す武器ではなく、北朝鮮の兵士へ投げつけ爆発させるための投擲兵器だ」

 

 

※アイキャッチ画像の出典:Attribution: Cinnamontrees / CC-BY-SA 3.0 K11複合型小銃

関連記事

  1. 軍事的雑学

    尖閣諸島も作戦半径内!中国、正式にステルス戦闘機「J-20」配備を宣言

    7月28日、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国人民解放軍…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|消えゆく「チャレンジャー2」、英国148輌まで戦車削減、陸上自衛隊の半分以下!

    英国陸軍は、経済的な問題のため、現在保有している「チャレンジャー2」戦…

  3. 軍事的雑学

    いずも+F-35Bで対抗可能?中国「空母搭載型ステルス無人機」コンセプト披露

    中国の瀋陽飛機工業集団は、同社が製造したJ-8戦闘機(殲撃八型)の初飛…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米空軍採用の新鋭機!ボーイングが航空自衛隊に売り込む次世代訓練機「TX」とは?

    ボーイングが日本への売り込みを表明した、次世代訓練機ボーイングTXとは…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|F-35導入問題で揺れるトルコ、S-400導入断念の代わりに「クルド人攻撃黙認」要求

    ロシア製地対空ミサイル「S-400」導入を強行するトルコについて、トル…

  6. 軍事的雑学

    駆逐艦が足りない?韓国、空母やアーセナルシップを建造しても護衛不可

    先日、韓国国防部が発表した国防中期計画に盛り込まれた「アーセナルシップ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 30日

    近未来系FPSゲームとかでこういった武器扱う事あるから便利なのはわかるけど
    現実においては時期尚早としか言いようがない
    誰か止める奴いなかったのかな

    • 匿名
    • 2019年 5月 31日

    流石毎回笑かしてくれるw

    • 匿名
    • 2019年 5月 31日

    ブサイクな小銃だな 韓国製のバッテリーはすべて爆発する仕様なのか

    • 匿名
    • 2019年 6月 01日

    国防にあたる兵士の命よりも、国防科学研究所のメンツを優先したが故の人災ですね。
    でも、開発中止にならなくて本採用になってくれたらもっと面白かったのに、残念。

    • 匿名
    • 2019年 6月 23日

    20ミリグレーネードは直列マガジンなのに、発射は手動か?
    殆ど意味無い。次いでに20ミリグレーネード弾は威力が微妙過ぎて、暴発した事故があったが皆軽傷で済んでいる。
    ボルト・オンのM203の50ミリグレネード暴発させたら無事じゃすまない。

  1. アメリカのコンセプトモデル見てそのまま乗っかって開発しちゃったのね
    自分で考えないからこうなるんだろう

    • 匿名
    • 2019年 7月 31日

    韓国は敵を倒す武器を作るんじゃなくて、自国の兵士を傷つけるための物を態々金出してこしらえてたのかwwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP