軍事的雑学

軍事的雑学|豪州「ステルス無人機」開発を発表!自律飛行による編隊飛行も可能!

オーストラリア国防省が密かに開発していた「Loyal Wingman」プロジェクトについてご紹介します。

参考記事:Combat drones capable of deadly force set to join Australian military arsenal

オーストラリアとボーイングが何やら開発している

オーストラリア国防省は、ボーイングと共同で「Loyal Wingman“ロイヤル・ウィングマン”」プロジェクトなるものを進行中です。このプロジェクトは機密扱いのため、詳しい詳細はまだ分かっていません。

しかし昨日(2月26日)、オーストラリア放送が報じた内容によれば、ステルス性能をもった無人機(UAV)です。しかも全長12mもあるフルサイズの無人機。

用途は、リスクが高い環境下での電子戦及び偵察任務を遂行できると報じられています。航続距離は数千kmは飛行出来るよう設計されていて、胴体下部にはペイロードベイがあり、各種センサーや電子装置を収納できるようになっているそうです。これを取り外せばウェポンベイとしても利用が可能だとか。

管理人補足:ペイロードベイとは、各種装置や機材を搭載できるスペースのこと。これをウェポンベイ(兵器収納スペース)に転用可能という話

オーストラリア国防省は、この無人機(UAV)のプロトタイプを、2月27日に開幕する「アヴァロン航空ショー」で発表するそうです。2020年代の半ばには生産に入る予定で、このUAVは輸出も可能だと。

ただ他の可能性を指摘する意見もある

ボーイング・オーストラリアも“何か”の発表を匂わせる動画を公開しています。

The Driveの記者は、これはボーイングの次世代訓練機にTXではないかと言及し、オーストラリア空軍向けのTX訓練機発表の可能性もあるとか。ただ完全にTXの機体デザインと一致しないので、他の可能性としては、やはり無人機だろうと。

管理人補足:TX次世代訓練機とは、ボーイングとスウェーデンのSAABが開発して提案した高等訓練機のことで、これを米空軍が採用。

尾翼のデザインが米国が現在開発中の第5世代無人機によく似ていると指摘し、可能性を匂わせています。

どちらにせよ、オーストラリアは、無人機導入に積極的に動いていると言うこと。

すでにMQ-9“リーパー”の導入は決定済みで、さらにMQ-4C“トライトン”を6機購入することを表明。豪州はP-3C対潜哨戒機の後継機にP-8“ポセイドン”を採用しているので、MQ-4C“トライトン”導入は既定路線。これに加えて、おそらくステルス性能をもった無人機(UAV)まで開発中ということは、米国を除けば、有力な無人機運用大国になりそう。

管理人補足:MQ-9“リーパー”とは、無人航空機の一種。遠隔操作による操縦で、長時間の滞空能力を生かして偵察・監視任務を遂行する。攻撃兵器を搭載することも可能。RQ-1“プレデター”の後継機。

管理人補足:MQ-4C“トライトン”とは、無人航空機の一種で、RQ-4“グローバルホーク”の洋上監視版。P-8“ポセイドン”と併用して使用することを前提につくられたもの。

どんな無人機が発表されるのか、単純な遠隔操作のタイプなのか、半自律、もしくは完全自律型なのか、とても興味を惹かれます。

やっぱりオーストラリア独自のステルス無人機でした。

記事が出来た直後に、ボーイング・オーストラリアが発表していました。

やられたw

折角、書いたのでそのまま追記する形で・・・

Boeing Airpower Teaming Systemは、ボーイングにとって米国以外の国への最大規模の投資だと。

この無人機モデルは、全長11.7m、航続距離は3000km以上、戦闘機のような性能を提供でき、センサーパッケージを統合して、偵察・監視、電子戦を支援。自律飛行が可能で、有人機支援のために人工知能を使用。初飛行は2020年を予定してるそうです。

出典:Boeing

出典:Boeing

出典:Boeing

完全にカッコいい。

YF-23と同じ無尾翼機ですね。主翼の形状は、そうF-101“ヴードゥー”に似てる!

画像を見る限り、有人機との編隊飛行が自律的に行われていると解釈していいのでしょうか?

あと偵察や電子戦のために、ここまで無人機の編隊が必要?どう考えても、それ以上の任務を遂行できるような気がしてならない。

本当に自律飛行ができ、人工知能による状況判断が可能なら、欧州が提唱する第6世代機のコンセプトを先取りした形ですね。

ただこれ、お幾らするんでしょうね?きっとお高いんでしょ?

 

一般的雑学|エアバスA380製造打ち切り!なぜ総2階建て4発機はダメだったのか?前のページ

軍事的雑学|川崎重工がニュージーランド空軍へC-2輸送機の供給を発表!次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    英空母で米海兵隊のF-35B運用!英海軍、米国との空母共同使用=「クロスデッキ化」推進

    英海軍の艦隊司令官であるジェリー・キッド副提督(中将相当)は、英米はも…

  2. 軍事的雑学

    世界一高価なインドの戦闘機「ラファール」、1機辺りの導入費用260億円超え

    2016年にインドとフランスの間で結ばれた契約に基づき、インドは36機…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米軍ですらF-35の共食い整備が進行中!航空自衛隊のF-35は大丈夫?

    F-35の運用を支えるALIS(ロッキード社が開発した兵站・物流システ…

  4. 軍事的雑学

    米国を上回る建造速度? 中国海軍、信じられないほどの軍艦を「同時」に建造中

    米海軍はイージス艦を毎年1~2隻のペースで建造しているが、今回、ソーシ…

  5. 軍事的雑学

    米空軍は大型爆撃機が足りない?ステルス爆撃機「B-21」追加調達、B-1、B-2退役延期を求める

    MITERは米国政府から提供される資金によって、政府機関のサポートを行…

  6. 軍事的雑学

    130億ドルの価値を示せるか? 順調なら2023年頃に空母「ジェラルド・R・フォード」戦力化

    海軍長官代理のトーマス・モドリー氏は6日、動力部の欠陥を解消し海へ戻っ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 2月 27日

    素人に馴染みのない兵器などは
    MQ-9 Reaper(無人攻撃機)のように
    簡単な補足があるとググらないで読めるので有難い。

    • 匿名
    • 2019年 2月 28日

    いや、無礼な言い方でコメントしてしまい申し訳ないです。
    補足ありがとうございます。

    • 匿名
    • 2019年 3月 07日

    なんとなく鮫っぽいフォルムだな
    キャノピーが無いと機体デザインがすっきりする

    • 匿名
    • 2019年 8月 17日

    オーストラリアの仮想敵国って、どこなんでしょう。。。?
    どの様な脅威をかんじているのでしょう?
    そんなに頑張らなくても、良さそうに思えますが。

    • しげ
    • 2020年 4月 20日

    ボーイングは軍用機事業は有人機から無人機にシフトするのかな
    たしかにこの方が将来有望そうな市場ではある

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP