軍事的雑学

軍事的雑学|川崎重工がニュージーランド空軍へC-2輸送機の供給を発表!

今回は川崎C-2輸送機のお話です。Defense Newsの報道では、C-2輸送機をニュージーランドへ供給すると発表したようです。

参考記事:Japan pitches C-2 for New Zealand transport fleet

アヴァロン航空ショーで公式に川崎重工業が認める。

ニュージーランドは、老朽化したロッキードC-130H輸送機と、ボーイング757-200Cを交換する必要に迫られています。そのためのプログラムが“Future Air Mobility Capability(以降、FAMC)”で、川崎重工業はFAMCプログラムのために、C-2輸送機を供給すると発表したそうです。

出典:航空自衛隊

FAMCプログラムは、戦術輸送戦略輸送を提供するためのもので、別々の輸送機にするのか、同一機種でいくのかは不明。

川崎重工業は、アヴァロン航空ショーで公式に“数年前からニュージーランド空軍と協議を重ねてきた”と話したそうです。現在、アヴァロン航空ショーには、航空自衛隊のC-2輸送機が展示されています。

航空自衛隊:C-2による国外運航訓練について

確かに、航空自衛隊のホームページに小さく載っています(笑)アヴァロン航空ショーに参加とw

さらに川崎重工業は“C-2輸送機は戦術輸送と戦略輸送の両任務が可能な様に設計されている”と話したそうです。

戦術輸送機と戦略輸送機を同一機種?

過去(2017年)にも報道がありましたが、その時はニュージーランド側が否定していました。

しかし今回は公式な話も出てきて、話が進展しているようですね。とにかくニュージーランド空軍は、戦術輸送機のC-130と、戦略輸送機の757-200Cを交換するのに、同一機種でいくか、それぞれ別の機種を充てるのか今のところ不明。

戦術輸送とは最前線まで物資を輸送する任務のことで、その特徴は、前線の空港への着陸が前提になるので短距離離着陸(STOL)性能が必要になってきます。逆に戦略輸送任務とは長距離・大量輸送が主な目的で、前線から離れた拠点空港までの輸送を行います。

その両任務を1機で行える輸送機として有名なのは米軍のC-17輸送機ですね。しかしC-17の製造は2015年に終了しています。

C-17の積載量約70tに比べると、川崎のC-2輸送機の積載量約30tは、完全に戦術輸送機レベルですが、ぶちゃけ主力戦車を輸送機で運ぶ国なんて限られているし、国のよって戦略輸送の定義も異なるから、ニュージーランド空軍がC-2輸送機レベルで、戦術と戦略を兼ねられると言えば問題ないのでしょう。

競合が出てくるならエアバスA400M

問題は競合が出てこないかですね。

仮に戦術輸送と戦略輸送を同一機種で考えてC-2を候補に挙げているのなら、競合相手はエアバスA400Mしかない。

From Curimedia/wikimedia Commons/File:Airbus A400M EC-404 (8135661129).jpg 00:00, 24 March 2019(UTC) License=CC BY 2.0

細部の技術的異差はありますが、概ね大きな性能の違いがあるとまでは言えない両機種。

結局は価格かなぁ・・・

C-2輸送機の調達単価は約208億円。これは単純な機体1機分のお値段で、保守パーツなどのサポート費用は含まれていません。A400Mの調達価格は約200億円前後(これに保守・サポート費用が含まれているのかは不明)

お値段で比べた場合でも、いい勝負

本当にわかんない。

無理やり値段を下げてまでの赤字輸出をする必要はないですが、もし条件で折り合えるなら頑張って欲しいところ。

実は個人的にですが、P-1よりC-2の方が断然好み!C-2が凄くカッコいいと思ってます。どのへんが?C-2のぽっこりしている腹のあたりの造形美が好みで、特に試験機の白赤カラーが抜群にカッコいいです。

そしてA400Mが・・・ あまり好きではない(笑)特に8枚プロペラの造形が好みでない。あくまで見た目の話ですよ。

とにかく、川崎重工業さんには頑張ってほしい。C-2の今後の動きに注目しています。

 

関連記事

  1. 軍事的雑学

    陸自「水陸機動団」も参加!大戦以降「最大規模」の上陸演習「タリスマン・セイバー」の様子

    オーストラリアで行われている米豪軍事演習「タリスマン・セイバー」に派遣…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|F-35Bを搭載すれば空母?米海軍が強襲揚陸艦の空母化をテスト中!

    現在、米海兵隊は、フィリピン軍との共同訓練で「Lightning Ca…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国がインドへ欠陥戦車「K2黒豹」輸出を推進!2000輌の大量受注を勝ち取る国は?

    インドのフィナンシャル・エクスプレス紙などによれば、韓国が開発した主力…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|ドイツが「214型潜水艦」を使って韓国潰し?潜水艦輸出を巡る仁義なき戦い!

    インドネシアの潜水艦事業に、トルコが参戦したという報道が出ている。しか…

  5. 軍事的雑学

    同一機種「F-35」採用から一転、米海空軍が別々に「第6世代戦闘機」を開発する理由

    米国、海空軍で実現した同一機種、ステルス戦闘機F-35の採用が、次世代…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    カタログスペックを信じるなら飛行性能じゃC-2の方が圧倒してたような…?
    問題は価格というか政治力とオプションな気がするなぁ
    日本は経験がないんで交渉能力が低すぎていつも失敗してる印象

      • 匿名
      • 2019年 4月 03日

      交渉力って要は袖の下ですよ。
      後は決まるまでは都合のいいことを言って本決まりしたらその約束を守らない
      勿論守らないのは相手のせいにする。

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    いい記事ですね。情報ありがとうございます。

    一応生産ラインを動かすという名目があれぱ多少の値引きは大丈夫な気もしますがさて、ラインは空いているのかな?

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    実に楽しみですね!
    輸出に向けての政治力とかそのへんは日本はまだまだなので色々試してみて欲しいところです

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    C2より脆いエンジンで
    C2より積めず
    C2より低くを
    C2より遅く飛ぶ

    そんな期待じゃなかったっけ?
    私の情報古い?

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    カタログスペックでは、A400MはC-2の9割弱くらいの能力という感じですか。
    あとは価格とかサポートとかも絡んでくるでしょうからね。
    なんといってもC-2には販売実績がないからなー。
    自衛隊の運用が丁寧だから問題になってないけど、実は… みたいなことがなければいいけども。

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    民間の旅客機が飛ぶ高度を旅客機と同等の高速で飛べないA400Mは積載量が問題にならなかったとしても戦略輸送機のような使用方法は出来ませんよ
    エンジンにしても特殊と言っても良い専用エンジン、それも左右で回転が異なるエンジン4器という整備の負担が大きなA400Mと民間旅客機と同型の幅広く使われている整備性が確立されているエンジン2器のC-2じゃ比較の対象にすらならない
    A400<が唯一C-2にアドバンテージがあるとすればプロペラ機故に未舗装滑走路に降りられることくらいです

    • 匿名
    • 2019年 3月 01日

    輸出実績が欲しいところだから、値引きするだろうね。
    ま、頑張って下さい。

    • 匿名
    • 2019年 3月 02日

    これはかなり大きなニュースですね
    このサイトで初めて知りましたよ

    • 匿名
    • 2019年 3月 02日

    ニュージーランドだからお金ないだろうしどうなるだろうねー

    • 匿名
    • 2019年 3月 02日

    民間航路……C2◯、A400×
    航続距離……C2◯、A400×
    エンジン整備性……C2◯、A400×
    積載重量……C2◯、A400×
    機内容積……C2×、A400◯
    不整地……C2×、A400◯
    輸出実績……C2×、A400◯

    普段使いならC2の方が良さそうだけど、やっぱり実績がネックかなぁ
    よくわからないものは導入しづらいだろうし

      • よしお
      • 2019年 3月 03日

      a400mについては売りだった不整地滑走路の離着陸性能は実はなかったとかそんな記事前に見たこと合ったけど、どうなんでしょう?
      炎上しすぎてやれどこがキャンセルしたとかやれスペックが要求通りじゃなかったという記事が色々あって、どれが現在の正しい評価なのかよくわからないんですよね。

    • ぶんぶん太郎
    • 2019年 3月 02日

    原文は、川崎重工がニュージーランド空軍にC-2導入の提案をする、ですよ。決まったとは書いてない。

    ちょっと煽りすぎですね。

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    ニュージーランドも島国だから戦略輸送と言っても戦車のような重量物を運びたいんじゃなくて海上を長距離飛ぶのが
    欲しいんじゃないでしょうか?
    元の機体も757ですし
    C-2の方が有利な感じですけど757の更新なら旅客機でも良いんじゃない?て事になるかも
    結局政治力の勝負になりそうですね

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    757の更新はエアバスの旅客機でC-130はA-400でて意味です
    機種を統合できるって意味ではC-2が有利でしょうが
    ニュージーランドは英連邦ですからねえ

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    でもそこまで要求変わるなら
    中古の757とC-130でまんま更新て財布に優しい事になるかも

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    A400Mは設計目標より17tも機体重量をオーバーしている。
    つまり予定より17tもペイロードは減る。
    強度はあるので最大積載量は変わらないが、その時の搭載燃料は減らす必要があり航続距離は短くなる。
    エンジン欠陥で墜落しその改良だけで6000億、キャンセルが相次ぎ1機あたりの開発費負担も増える。
    ただ、キャンセル分の赤字処分の可能性もあるw

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    なんだかんだでC130Jに決まりそう。

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    ニュージーランド軍や政府が何がなんでも最新の戦術輸送機を必要とするシーンがわからない
    PKOや政府首脳の移動程度ならチャーター便でよくね?

    • 匿名
    • 2019年 3月 05日

    普通に情報収集してたらA400Mは買わないでしょうね。
    エンジンのメンテサイクル(軽整備ではあるけど)が1,000kmぐらい(ウロおぼえ)
    ターボプロップ・エンジン~プロペラへの減速機(遊星ギア)が壊れた
    重量増加で70tのペイロード(貨物+燃料)が怪しい
    デリバリーは16機/年ぐらい、かつ、まずはEU諸国に出荷(計180機ぐらい?) 2019年までの80機を納入するけど、2020年以降は6機/年って生産計画(たぶん、各国が調達機数を減らしたって事もあるんでしょう)
     開発費がうなぎのぼり、2018年には200億ユーロ(約250億ドル)の予算超過の支払いをEU諸国が合意したから、お値段は・・・

    プロペラ機にしたのは不整地(未舗装)で離着陸が要求仕様にあるから
    作ったはスペインのCASA(CN-235が有名)って小型のプロペラ・双発機レベルしか経験の無い会社、それをエアバス社が買収した。 エンジンもエアバスのTP400-D6(Tu-95のエンジンより高出力を狙ったけど、あえなく降参)
    A400Mは機体、エンジン共に新設計ってチャレンジ精神が旺盛な製品・・・実績がついて行ってないですね。

    ヨーロッパ諸国が製造した軍用・輸送機はC-160が最新・・・1960年に設計、1972年まで製造、フランスとドイツの合弁会社が開発(今はEADSかな?) 双発、ターブプロップ、プロペラ機
     ドイツ(フランスだっけ?)はC-130Jを買った、スペインはA400Mを売却したがってるとかなんとか。

    C-2は旅客機と同じ高度を飛べる、エンジンが旅客機用で各国の空港でサービスを受けられるってメリットがあるから海外派兵とかでは有用だけど、不整地での離着陸能力は無い。
    普通に考えたらC-130Jを買うでしょうね。

    •  
    • 2019年 3月 05日

    C2は国内に空港が腐るほどあるから不整地着陸性能はそこまで重視されてないけど
    ニュージーランドがどんな感じか知らんけど海外に派遣すること考えるとなぁ…

    • 匿名
    • 2019年 3月 06日

    不整地離着陸なんて言うけど今時大戦時みたいな草原や畑を転圧シて管制設備もなしで臨時滑走路なんて無いんで
    皆不整地離着陸に夢見すぎw

      • 匿名
      • 2019年 4月 03日

      そのとおり

      そんなことすればよくて輸送機の寿命が激減、悪けりゃそのまま大事故につながる
      それなら地上部隊に工兵を送って、簡易舗装をしたほうがマシ

    • 匿名
    • 2019年 3月 07日

    今C-1を買えばF-3輸出の顧客名簿の一番先にするっていう提案はどうだろう。

      • 匿名
      • 2019年 6月 17日

      その提案、韓国ぽくってなんか嫌だ

    • 匿名
    • 2019年 3月 09日

    一たび売れれば他の英連邦国にP1も含め可能性が出るから頑張って欲しいが、厳しいだろうね

    • 匿名
    • 2019年 3月 20日

    当初、C-2は未舗装滑走路には離着陸出来るような頑丈な足じゃ無かった筈だが、いつから前線に投入できるよう設計変更したんだろう?

    • 匿名
    • 2019年 3月 22日

    >戦略輸送機の757-200C

    • 匿名
    • 2019年 3月 25日

    A400Mってスペインで成功したの?
    輸送機はアメリカのが良いような気がする。
    C2は日本にはうってつけだけど果たして…。

    • 匿名
    • 2019年 4月 03日

    C130Jは能力のわりに高い
    ロッキード社はロッキード事件でも分かるように賄賂営業は得意だが

    不整地運用能力はいうほど重要でもない
    そも日本じゃなくて世界的にも空港なんて今やいくらでもある。
    むしろ冷戦時代から軍用機を使える基地は欧州のほうがいっぱいある
    LCCブームはこういう基地を冷戦終結後に空港にしたものを利用したわけで

  1. なんかぽっちゃりしててメダカみたいでかわいい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP