軍事的雑学

非ステルスがステルス機に変身? 中国人民解放軍が採用を決めた新しいステルス塗料の謎

中国人民解放軍は最近、目視やレーダーから軍用機の認識を困難にさせる新コーティングを採用したとサウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)紙が報じている。

参考:Chinese warplanes to get new coatings to make them harder to detect

中国人民解放軍が新たに採用したコーティングは、非ステルス機に第5世代戦闘機並なステルス性能を付与できる?

簡単に新しいコーティングを言い表すなら、敵パイロットから目視による認識を阻害するカラーリングとレーダーが自機を捕捉することを阻害する電波吸収性もしくは反射性塗料で構成されていると言う意味で、中国人民解放軍によれば今回採用した新コーティングは戦闘機の優位性を向上させるために開発されたもので、J-20などのステルス戦闘機だけでなく非ステルス戦闘機にも効果があると言われている。

出典:グローバルタイムズ 新コーティングが施された艦上戦闘機「J-16」

特にレーダーに対するステルスを高かめる技術は2年間の試行錯誤の末に完成したと昨年8月にサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が報じており、この技術で開発された特殊コーティングを非ステルス機に施せば、第5世代戦闘機並のステルス性能が獲得できると中国の軍事専門家が話していたものだが、どのような仕組みなのかは一切明らかにされていない。

通常、レーダーに対するステルス性能を高めるには機体形状を工夫し照射されたレーダー波を照射元とは別の方向に反らしたり、レーダー波を吸収して熱に変換する素材やコーティングを使用することでようやく第5世代戦闘機水準のステルス性能が実現できるのだが、中国はコーティングのみで第5世代戦闘機水準のステルス性能を非ステルス戦闘機に付与することが出来ると主張しているのだからにわかには信じがたい。

一応、中国の科学者達はメタマテリアルの一種である「メタ・サーフェス(人工表面)」を使用した新しいステルス技術(※1)の開発に成功するなど、まだ広く認知されていないステルス技術を実用化している可能性もあるため全否定することは難しいが、匿名を要求した情報提供者は中国のステルスコーティングの技術レベルについて米国のF-22に使用されているものより性能は良いが、F-35に使用されているものほど性能は良くないと語っている。

出典:dreamnikon / stock.adobe.com ステルス戦闘機F-22A「ラプター」

※1補足:メタ・サーフェスとは自然界には存在しない反射特性を持つ人工表面のことで、メタ・サーフェスは照射されたレーダー波の反射を人為的に制御できと言われており、中国の科学者達は世界で初めて反射するレーダー波の挙動を正確に計算するための数学モデルを完成したらしい。

このように中国のステルスコーティングの技術レベルは情報源によって異なるため今回の報道だけで判断することは難しいが、着実に改善が行われていることだけは確かで、このような努力が積み重なれば私達が見たこともないような技術を完成させることは十二分にあり得る話だ。

ただ、この新コーティングはすでに中国海軍の艦上戦闘機「J-15」が使用中で最終的に中国人民解放軍が保有する全軍用機に使用すると言っているため、中国軍機との接触機会が多い日米がいずれ新コーティングの実力を明らかにするだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Show EXIF / Public Domain 艦上戦闘機「J-15」

韓国にとって悲願達成? 米空軍、T-7Xと命名された韓国製訓練機T-50をレンタル導入前のページ

英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    機体寿命は残りわずか? 米空軍、爆撃機「B-1B ランサー」維持ため低空飛行を禁止

    米空軍が開発した可変翼の大型爆撃機「B-1Bランサー」は、機体がこれ以…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、欧州で進行する第6世代戦闘機プログラムの希望と問題

    早いもので2019年も、あと数日で終わりを迎えるが、今回は航空万能論的…

  3. 軍事的雑学

    陸上自衛隊、米海兵隊、米海軍、米空軍の「V-22オスプレイ」が編隊を組んで空を飛ぶ

    ティルトローター方式による垂直離着陸が可能なV-22オスプレイを導入す…

  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世界中が注目

    3月5日、三菱重工業神戸造船所でそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう…

  5. 軍事的雑学

    どうしてこうなった? 米軍を悩ませる海上輸送と空中給油機の問題

    米軍にとって中国やロシアが開発した極超音速ミサイルも問題だが、大半の陸…

  6. 軍事的雑学

    もう2隻目が完成? 中国、ワスプ級並な「075型強襲揚陸艦」を驚異的な速度で建造中

    中国は昨年9月、中国海軍初となる全通飛行甲板を備えた「075型強襲揚陸…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    中国の軍事優先思想と莫大な予算、優秀な人員は侮れませんね

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    塗料の重量がかさんで機動が悪くなりそう。
    ないよりはいいのかもしれないが…。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    中国人の「出来ました」
    韓国人の「出来ます」
    日本人の「出来ません」

    は信用するな、と言う民族ジョーク。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    これが事実なら革命的開発だよな!

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    バカらしい、コロナを世界中にばらまいてほざくなゴミ

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    「最終的に中国人民解放軍が保有する全軍用機に使用する」
    はい、嘘。
    記事のトバシか中共のプロパガンダかは知らんけど嘘なのは確定。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    まぁ、0か100かの世界じゃないんだから、新しい塗装ができたって事はステルスとまでは行かなくてもレーダーの索敵範囲が狭くなる事もあるだろうし、基礎的な能力の向上といった意味では効果的なのでは?

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    ステルス機ではなく、タイフーンとか、Su35とか、実現しなかったF-1SEなんかの低RCS機だね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    周波数ホッピングにステルス塗料とやらが対応できるなら大したものだが

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    だったら一度日本近海まで飛んできてくれ、すぐにスクランブルするから。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    軍事研究2019年10月号によるとRCSは
    J-16が5~10㎡、Su-35が1㎡、J-20が0.1㎡、F-22が0.0001㎡。

    J-16→J-20レベルは-17~-20dB程度、
    J-16→F-22レベルは-47~-50dB程度。
    減衰量自体は、J-16→J-20レベルなら可能かもしれないけど、
    J-16→F-22レベルを厚さ確保せずにだと恐らく無理﹙厚さ数cmのウレタン吸収体でのピーク値レベルの筈﹚。

    あとJ-16→J-20レベルでも、仮に機体の反射を抑えても、エンジンからの反射が駄々漏れでそちらが支配的になるだろうから、1㎡弱になれば御の字だと予想します。

      • 匿名
      • 2020年 3月 25日

      数十cm級~メートル級のピラミッド型ウレタン吸収体なら、Xバンドに対して-50dBの減衰量を確保出来たかも?
      勿論、そんなのを戦闘機の機体表面に施すのは無理ですね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 25日

    本四連絡橋に塗られているようなものを開発したんでしょ
    物理特性を考えれば一飛行ごとに塗り直す必要があるタイプだから維持費で国が傾く

    • 匿名
    • 2020年 3月 25日

    とりあえず、デモフライトで霞が関や永田町あたりに来たら、どうでしょうかね?
    熱烈に歓迎されると思いますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP