軍事的雑学

軍事的雑学|無謀な挑戦?世界で8ヶ国目の「第5世代戦闘機」開発に名乗りを上げた意外な国

中国とJF-17を共同開発した経験しかないパキスタンが、独自の第5世代戦闘機(Pakistan Aeronautical Complex:PAC)開発を進めている。

参考:Pakistan outlines FGFA industrial aims

謎と疑問だらけの第5世代戦闘機開発計画

現在、第5世代戦闘機を開発済み、開発中・開発計画がある国は、米国、ロシア、中国、インド、日本、韓国(4.5世代機から5世代機にアップグレードさせると言っている)、トルコの7ヶ国だ。

そこに中国と「J-7」をベースに、F-16の特徴を取り入れてJF-17(中国名:FC-1)を開発した経験しか持たないパキスタンが、第5世代戦闘機の開発に名乗りを上げた。

第5世代機を開発する8番目の国が誕生した。

Attribution: Shimin Gu / CC BY-SA 4.0 パキスタン空軍のJF-17

補足:JF-17(中国名:FC-1)とは、中国がMig-21を改良したJ-7戦闘機をベースに、米国の技術を取り入れて開発する予定だったのが「スーパー7」という戦闘機。しかしこの「スーパー7」は、天安門事件(六四天安門事件)を武力鎮圧したため、米国との関係が拗れ完全にストップ。その後、F-16を導入していたパキスタンとの共同開発で、F-16を参考にしながら開発が行われ、ロシアからの技術協力にも助けられながら、完成したのがJF-17だ。しかしパキスタンが要望していた西側のアビオニクス搭載は、パキスタン自身の核実験に対する制裁のため不可能になり、中国製が搭載されている。

このプロジェクトを、パキスタン航空宇宙センターが担当し、パキスタン政府は、このプロジェクトのために、新しく航空宇宙都市まで建設した。この都市には、エンジンの開発、航空機の設計、搭載される電子装置などの研究機関が設置された。

ただし、パキスタンの第5世代戦闘機開発計画は、その全てを国内で開発すると言うわけではなく、海外の軍需企業からの協力を得て開発が進められる。

恐らく、トルコのTFX(トルコ次期戦闘機開発計画)に近いプロジェクトだ。

補足:TFXとは、トルコ航空宇宙産業が、英国のBAEシステムズから技術支援を受け開発中の第5世代戦闘機。トルコ空軍は、現在運用中のF-16C/D 245機をTFXで置き換えることを予定し、海外輸出も視野にいれて開発されている。しかし搭載されるエンジンを、英国のロールス・ロイスの協力の下で開発していたが問題が発生したため、ロールス・ロイスは手を引いた状態。詳しくは関連記事で

現時点で、開発される第5世代戦闘機の詳細は全く不明で、単発機なのか双発機なのかさえ分からない。

噂によれば、中国はパキスタンなどの同盟国に、中国初のステルス戦闘機「J-20」の技術を提供し、パキスタンの第5世代戦闘機開発計画を支援するのではないかと言われている。

このように、パキスタンが第5世代戦闘機の開発を進める理由は、対立関係にあるインドが、フランスからラファール戦闘機を導入し、さらに米国からは、AESAレーダーを搭載した最新のF-16V(インド向けのF-16Vは、F-21と呼ばれている)を提案されている状況で、このように空軍戦力を飛躍的に強化しようしているインドの動きに対応したものだろう。

パキスタン空軍が保有していたF-16A/Bは、アフガニスタン空爆支援の見返りとしてblock52相当に改修され、新造機のblock52も導入した。しかしblock52が搭載する「AN/APG-68」は、インドが現在提案を受けているF-16Vが搭載する「AN/APG-83」に比べれば、やはり力不足が否めない。

JF-17は、電子装置とエンジンの出力問題で、実戦に投入されていないことが分かっている。今年初めのインドとの空中戦にも、JF-17は出撃せず、F-16がインド空軍のミグ21を撃墜した。

果たして、パキスタンの第5世代戦闘機開発計画は、上手く進むのだろうか?

そもそも、パキスタンの第5世代戦闘機開発計画に、協力をするという海外企業が現れるのだろうか?

それ以前に、第5世代戦闘機に使われる最先端技術を、経験のないパキスタンがまとめ上げられるのだろうか?

パキスタンの第5世代戦闘機開発は、本当に謎と疑問だらけのミステリアスな計画だ。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

軍事的雑学|韓国「残念な仕様」の新型イージス艦!謎の「SM-3『級』防空システム」とは?前のページ

軍事的雑学|米海軍流コスト削減方法?「退役空母」を再利用して「新空母エンタープライズ」建造!次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    空母不足が続く米海軍、空母打撃群を「空母なし」という異例の編成で派遣

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン(10万3,800トン)」を…

  2. 軍事的雑学

    大型の早期警戒管制機は時代遅れ? NATO、2035年までに「E-3 セントリー」廃止

    NATO(北大西洋条約機構)は、2035年までに早期警戒管制機「E-3…

  3. 軍事的雑学

    実際には「韓国版S-400」か? 韓国、弾道弾迎撃ミサイル「韓国版THAAD」開発を正式決定

    韓国は、米陸軍が装備する弾道弾迎撃ミサイルシステム「THAAD」よりも…

  4. 軍事的雑学

    ステルスキラー? ロシア、米国製ステルス戦闘機を無力化する計画を進行中

    ロシアは米国のステルス機を完全に無力化すること計画していると米国の「T…

  5. 軍事的雑学

    F-35Cが運用が出来ない建造費1.4兆円の欠陥空母! 米国「フォード級空母」受取り拒否?

    米国下院議会の委員会は、2020年度の年次国防政策法案の草案に、最新鋭…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 03日

    韓国って自称4.5世代じゃなかった?
    または韓国式5世代?

    • 匿名
    • 2019年 5月 03日

    日本のi3 FIGHTERは第6世代なんじゃ?
    対ステルス、ネットワークリンク、無人機との連動あたりが第6世代の定義になるっぽいけど
    まだ仕様未決定とは言え考慮には入ってるわけだし手堅く行っても5.5世代になるんじゃないかなぁ?

      • 匿名
      • 2019年 5月 04日

      F-3はi3ファイターとは別物だから。

    • 名無し
    • 2019年 5月 03日

    イランのガーヘル313はどうなったの?あれを含めれば9か国目なのでは?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP