軍事的雑学

グリペン好きなブルガリア大統領、署名したF-16V導入契約を拒否

ブルガリア政府が承認した総額12.5億ドル(約1,354億円)のF-16C/D block70/72(通称:V仕様)導入契約について、ブルガリアの大統領、ルメン・ラデフ氏が拒否権を発動し契約に承認を与えなかった。

参考:Bulgaria’s president walks away from $1.26 billion deal for F-16 jets

署名まで行ったF-16導入契約を拒否するブルガリア大統領

昨年、ブルガリア政府は、老朽化したソ連製戦闘機のMig-29を更新するための戦闘機として、F-16C/D block70/72(通称:V仕様)を選定し、米国に対し売却を要請していた。

これに対し6月2日、米国務省は、8機のF-16Vと、搭載兵器(AIM-9やAIM120など空対空ミサイルや数種類の精密誘導爆弾)やシュミレーター、スペアパーツ、保守サービスなど関連機器を、総額16.73億ドル(約1,811億円)で売却する要求を承認した。

出典:pixabay MIG-29(ポーランド空軍機)

米国が承認した16.73億ドルという契約金額は、ブルガリア議会がMig-29を更新するために承認していた予算の上限を超えており、ブルガリア政府は米政府に対し、F-16Vの導入に必要な契約の総額を12億ドル以内に収めること要求し、最終的に総額12.5億ドル(約1,354億円)、当初の価格から4億ドル(約430億円)以上の割引を受けて契約が合意に至った。

それでも、1機あたりの導入費用(機体単価ではない)は、約1.5億ドル(約162億円)と非常に高額だ。

この契約について、ブルガリアのルメン・ラデフ大統領は、拒否権を発動し契約に承認を与えず、議会に再審議するよう差し戻した。ラデフ大統領は、この契約は法的手続きを省略したため、価格、保証、納期、違約金など、幾つかの重要な項目が不明確のままだとし、承認を与えなかった理由について説明を行った。

空軍パイロット出身のラデフ大統領は元々、スウェーデンのグリペンのような価格の安い戦闘機が好みで、一度はグリペン導入が決定していたが、決定に絡む汚職問題で白紙に戻り、Mig-29の後継機選定のやり直しの結果、選ばれたのが米国のF-16Vだった。

ラデフ大統領が並べた理由は最もらしいが、結局の所、高価なF-16が気にいらない、グリペンの方が好みというのが最大の原因かもしれない。

出典:public domain グリペン

このグリペン好きめ。

ブルガリアの与党、ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民(GERB)は、総額12.5億ドル(約1,354億円)の契約を支持しているので、議会で大統領の拒否権をひっくり返すために必要な議会の過半数(121議席)確保は、連立パートナーの統一愛国者の議席を加えれば一応可能(両党合わせて122議席)だ。

しかし、野党の切り崩し工作により、反対票を投じる与党議員が数人でも出れば、既にブルガリアの国防大臣が調印まで済ませてある契約が失効することになり、元々遅れていたMig-29更新用の戦闘機調達が、さらに遅れることになる事は誰の目にも明らかだ。

この痺れるような状況で行われる投票は26日の金曜日に行われる。

果たして、F-16Vは、ブルガリアの空に舞い上がる事が出来るのか、管理人としては注目せざるを得ない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的雑学

    F-35B運用能力が向上?ウェルドックを取り戻した「アメリカ級強襲揚陸艦」の実力

    米海軍が建造を進めるアメリカ級強襲揚陸艦は、当初、ウェルドックを持たな…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|空自F-35A墜落の波紋!中露は機体奪取を狙い、韓国は整備拠点誘致に利用

    世界各国に、様々な波紋を起こしている航空自衛隊、三沢基地所属のF-35…

  3. 軍事的雑学

    米軍が主張する「40年前の一文」に韓国軍唖然、「戦時作戦統制権」返還が無意味に?

    40年前の1978年、米韓連合司令部を創設する際に盛り込まれた「国連司…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|伝説のステルス攻撃機「F-117」が米国で訓練飛行を再開!事実上の現役復帰か?

    2008年に全機退役したが、2017年中東地域に再配備され、一時的に任…

  5. 軍事的雑学

    日本の空母「いずも」で米F-35B運用?米国が推進する日英空母「クロスデッキ」化

    米海兵隊「F-35B」が、空母化された「いずも型護衛艦」を使用すること…

  6. 軍事的雑学

    いずも空母化、第6世代戦闘機開発、英国BAEが狙う日本の防衛産業市場

    英国のBAEシステムズは、日本がF-2戦闘機の後継機として開発を検討し…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 25日

    このグリペン好きめ

    誉め言葉ですねw

    • 匿名
    • 2019年 7月 26日

    俺だってブルガリア大統領に負けないぐらい、グリペン好きだよ。

    「このグリペン好きめ」
        ↑
    いいなー、言われたいなー、罵倒されたいなー。

    • 匿名
    • 2019年 7月 26日

    日本人は契約は守らなければならないって頑張るけど
    なんか世界的にはこんなしょうもない理由で契約破棄しちゃうんだな…
    そりゃ韓国なんぞにしてやられるわけだわ
    もっと適当に自己主張していかんとならんね

      • 匿名
      • 2019年 7月 26日

      真っ当な契約担当であれば、「大統領承認が為された場合に契約は有効になる」と入れるだけです。

      契約なんて約束が紙の上に落ちているだけ。日本の場合は約束が明らかに古かったり不備がある(相手に守る気がない・不履行)のに改訂の努力(破棄を含む)をしないこと。憲法もそのうちの一つですね。
      一生懸命契約を守るのはアメリカでも欧州でも当然のことです。

    • 匿名
    • 2019年 7月 27日

    大統領閣下。趣味が合いますね!

    • 匿名
    • 2019年 9月 21日

    ✕ シュミレータ
    ○ シミュレータ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP