軍事的雑学

軍事的雑学|日本とのF-3共同開発を狙う米国、機密のF-35用ソフトウェア提供を提案した狙い

読売新聞によれば、米国がF-2戦闘機の後継機「F-3」開発について、F-35戦闘機のソフトウェア関する機密部分を日本に開示し、共同開発を行うことを提案したと報じている。

記事:F35機密 米が開示提案…F2後継 共同開発視野に

読売新聞の記事によれば、F-35に搭載されているエンジンなどの部品とミサイルを制御するために機体に組み込まれたソフトウェアについて機密を解除し、日本側に提供すると言うものだ。かなり曖昧な書き方をしているため、非常に分かりづらい。

『エンジンなどの部品』と『ミサイルを制御するために機体に組み込まれたソフトウェア』なのか、『エンジンなどの部品とミサイルを制御するために機体に組み込まれたソフトウェア』なのかがよくわからない。

読売の記事に記載されたイメージ図を見る限り、読売が言いたいのは後者の方だと思う。

それを前提にして考察していく。

提供されるのはF-35に搭載されたソフトウェアの一部

まずは、今回提供されるのは、F-35に使用されている全てのソフトウェアではないということ。

ソフトウェアには、F-35の飛行中の機体を制御するためのソフトウェア、搭載された電子装置を制御するためのソフトウェア、搭載された兵器(各種ミサイル等)を制御するためのソフトウェアなど、数多くのソフトウェアが搭載されている。

この中から、エンジン関係と、搭載された兵器(各種ミサイル等)を制御するためのソフトウェアが、日本側へ提供されるという意味だろう。

これについて日本側のメリットは、戦闘機開発で多くの検証が必要になる、エンジンの制御と、戦闘機と搭載兵器との統合部分で開発がかなり省略(時間とコスト)出来るというメリットと、日本製のエンジン(開発中のXF9等)や、搭載兵器(AAM-4、AAM-5、日英共同開発中のJNAAM等)を自由に機体へ統合出来るという点だ。

出典:Public Domain F-35A

これをもし独自で開発すれば、搭載する全ての兵器を日本で独自開発するか、海外製(主に米国製)兵器を統合するには、その兵器を開発した国、企業から兵器のデータを開示してもらわければならず、日本が開発したソフトウェアを理由に、データ開示を拒否されれば統合できない=制御できない=戦闘機に搭載できないことになる。

因みに、韓国が開発中の韓国型戦闘機「KFX」は、この部分を独自に開発しているため、韓国は米国に米国製ミサイル等の兵器情報を開示してほしいと要求したが、米国側からの拒否にあって、搭載兵器を欧州製に切り替えるという事態になっている。

そのため、韓国空軍で現在使用されているAIM-120“AMRAAM”や、RGM-84“ハープーン”、米国製の各種誘導爆弾などは韓国型戦闘機「KFX」に搭載し使用することが出来ない。韓国はKFXのために、同じ用途の欧州製兵器を導入し直すという無駄が・・・ その前に欧州が兵器情報を開示するのかも分かっていない。

もし欧州が情報の開示を拒否すれば、戦闘機搭載用兵器を国産化していない韓国は、KFXに搭載できる兵器が無いという事になる。

話がそれたが、恐らく米国が『兵器(各種ミサイル等)を制御するためのソフトウェア』を日本に提供すると言うことは、米国製兵器の情報開示で拒否に合う可能性は非常に低く、統合も容易だろうと予想される。

逆を言えば、これはF-3に搭載される兵器需要(米国製兵器の採用)を見越してのものだろとも考えられる。そのため米国製兵器以外に、日本製兵器を統合することに関しては文句を言うことはないだろうが、欧州製など米国以外の国の兵器統合に関しては、あまりいい顔をしないだろ。

 

機密という部分に踊らされてはいけない

今回、米国と共同開発を行い、米国からエンジン関係と、搭載された兵器を制御するためのソフトウェアを提供を受ければ、この部分以外は米国との共同開発、もしくは米国製の採用を強要される可能性があるという意味だとも取れる。

所詮、この世の中に無償のものはない。何かを他者から得れば、引き換えに与える物が必要になる。

Attribution: Hunini / CC BY-SA 4.0 岐阜基地にて一般公開されたX-2

それでは米国に対価として与えるものは何なのか?

米国としては、日本が現在開発中の新型AESAレーダーや、電子戦装置、日本が独自に開発したステルス技術、搭載を予定しているXF9エンジンを日米による共同開発に切り替え、日米による技術共有を狙ってくる可能性もある。

これが果たして、今回提供を受けるソフトウェアと同価値なのかよく考える必要があるだろう。

読売が報道した記事では、米国から提供される技術の内容よりも、米国が『機密』扱いしてきたものを日本に提供するという部分が非常に大きく取り扱われ、『機密』=『凄い物』だという先入観を強く与えてしまう。

記事にある『機密』という部分に踊らされず、共同開発の中で日本が自主性を担保するためには、内容を精査した上で冷静な議論と判断が必要だろう。

現時点で言えるのはこの程度が限界で、もう少し詳しい情報が出れば、もう一度考察してみたい。

果たして、米国は真意をどこにあるのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:出典:pixabay F-22

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国のF-35整備問題、「日本に技術的従属を強いられる」と警告する韓国議員

    米国は韓国とのFMS方式によるF-35購入交渉時、技術統制及びオーバー…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|ASM-3ベース!射程400km以上!防衛省が国産長距離ミサイル開発方針を固める!

    読売新聞が報じた「国産の長距離巡航ミサイルの開発」についてまとめてみま…

  3. 軍事的雑学

    韓国型戦闘機「KFX」の価値は投資額に見合っていない? 出資割合引き下げ交渉の行方

    政治・法務・治安担当調整相のウィラント氏は、現在、韓国政府とIFX(韓…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|スウェーデンが誇る戦闘機に異変!スホーイキラーの「グリペンE」は見掛け倒しか?

    グリペンは、スウェーデンが要求する珍しいニーズを満たす唯一の戦闘機で、…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 4月 19日

    日本の防衛産業の風上にアメリカが立っておきたいというのもあるんでしょうね。
    輸出を制御する、アメリカの兵器を買わせ続けるなどの。

    • ななし
    • 2019年 4月 20日

    金満ニッポンは今や昔、現実的な国防を考えると
    局面打開な戦闘機はF35に任せて、スクランブル用途は
    実績十分なF15XやF15EXを導入して費用を貯めて
    6世代戦闘機(無人機含む)の骨格が見えてから
    開発を進めたら?輸出を積極的にする訳でもなし

    • 日本の戦車
    • 2019年 4月 20日

    エンジンは、すでに開発が終盤になっているので、共同にする必要性がない。ステルス技術は確実に機密にする必要性がある。ソフトウェアは、確かに経験が少ないので作り上がるのに時間がかかるだろうが、自国で作り上げるからそこ、トップクラスの性能を目指せるのでは?日本の戦車も61式(明らかに時代遅れ)→74式(何とか追い付いてきた)→90式(他国と同等の性能)→10式(電子戦のトップの性能)と開発を進めて行けばアメリカも驚かせる物が作れるはず。陸に出来たんだから空も出来るはず。頑張って自国で作り上げてくれ!

    • あまつ
    • 2019年 4月 20日

    アメリカとしては商機を逃したくないのと、もう一つ、将来的に日本がアメリカに都合の悪い相手に戦闘機を売ることが出来ないように紐を付けておきたいのだろう。
    仮に米側がリリースしなくても日本は独自に開発できるので先手を打って破格の条件を提示したのだろうが、民主党政権の体たらくや韓国の変節ぶりをみれば米政府が懸念するのは当然の話で、日本政府としても日米同盟をより強固にする為という名目でこの提案を受け入れる可能性が高いと思う。
    仮にリリースにあたって無茶な条件を提示してきたらその時は蹴って独自開発に進むのも已む無しだが、韓国が事実上裏切った現状においては北東アジアで日本の機嫌を損ねるわけにはいかないはずで、それほどとんでもない条件提示はしてこないのではないかと予想する。

    • 匿名
    • 2019年 4月 21日

    ライセンス料で稼ぐ予定なんだろう。
    最終的にはF-3の改良型がアメリカの次世代機のベースになると思われ。

    • 匿名
    • 2019年 4月 22日

    もっと単純に、日本に上にいかれたくないのでしょう。
    このままいくと抜かれかねない懸念が出てきた。ましてやイギリスやフランスと共同開発されてしまったら、置いていかれる可能性もある。
    日本と組んだ方が世界で優位を保てるというアメリカの思考だと思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP