軍事的雑学

F-35の代わりを探すトルコ、プーチン大統領自ら「SU-57E」をセールス

トルコのエルドアン大統領は、8月27日から開催されている「MAKS国際航空ショー」を訪れ、プーチン大統領と共にロシアが開発した第5世代ステルス戦闘機「SU-57」を視察した。

参考:Turkey’s Erdoğan seeks closer ties, $100 bn trade with Russia

プーチン大統領、トルコはSU-57を購入することができる

トルコはF-35プログラムに資金を投資した開発パートナー国(レベル3)にも関わらず、ロシア製防空ミサイル「S-400」導入を強行し、F-35プログラムから追放されてしまったため、F-35の代わりとなる第5世代機ステルス戦闘機を探していた。

エルドアン大統領は、8月27日から開催されている「MAKS国際航空ショー」を訪れ、ロシアのプーチン大統領が案内する中、第5世代ステルス戦闘機「SU-57」を視察した。

SU-57のコックピットに座るロシア人パイロットを交え、説明を受けるエルドアン大統領は「これは飛ぶことができるのか?SU-57を購入できるか?」と尋ねると、プーチン大統領は「飛んでいるところを航空ショーでお見せる」と答え、さらに「購入することが出来る」と付け加えた。

この日、両国の大統領はMAKS国際航空ショーで共同記者会見を行い、両国の貿易取引額を現在の4倍(約1,000億ドル=約10兆円)まで引き上げ、より緊密な関係構築を目指すと発表した。

このような動きは、以前から指摘されていたトルコのNATO離脱、ロシア陣営への鞍替え説に信憑性を与えることになり、米国や欧州の国々がトルコに対し、どのような態度に出るのか注目されるが、実際には何も出来ない=強い態度に出られないと見られている。

トルコはロシア黒海艦隊に対する門番であり、地中海と黒海を結ぶ「ボスポラス海峡」を領有しており、これ以上トルコを追い詰め、本当にNATOから離脱してロシア陣営入りすれば、ロシア黒海艦隊が自由に地中海へ出てくることなる。

出典:public domain ボスポラス海峡

さらにトルコにS-500を持ち込まれれば、イタリアやフランス南部がS-500の監視下に置かれることになり、欧州にあるロシア領の飛地である「カリーニングラード」と合わせれば、NATO加盟国の大分の上空に干渉することが出来るようになる。

黒海内に封じ込めている黒海艦隊が地中海に進出してくれば、NATOにとって悪夢でしか無く、S-500のトルコ配備は恐怖でしかない。

トルコは、ロシア接近で米国やNATOに自分たちの重要性を再確認させることで、国内やシリアのクルド人勢力についての処遇に干渉するなと言いたいのだろう。

果たしてトルコは、米国・NATOとロシアを天秤に掛け、理想的な結果を引き出すことに成功するだろうか?

この動画は、MAKS国際航空ショーで飛行展示を行うSU-57が、事前訓練を行った際の動画で、非常に画質もよくSU-57の細部が見て取れる。

 

※アイキャッチ画像の出典:Michail / stock.adobe.com

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|整備?重整備?日本も導入したF-35戦闘機の整備についてまとめた!

    F-35の整備に関して、誰もが???になるので、ちゃんとまとめてみまし…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本政府、特殊作戦に特化した米空軍向け「CV-22 オスプレイ」導入へ

    日本政府が米空軍が運用してるCV-22オスプレイの導入する方針を固めた…

  3. 軍事的雑学

    兵士にとっては地獄?米海軍、早期警戒機「E-2D」に空中給油用プローブを装着

    米海軍は、空中給油が受けられるよう燃料補充用のプローブを装着した、最初…

  4. 軍事的雑学

    駆逐艦が足りない韓国、ホルムズ海峡「有志連合」参加要請に戦々恐々

    中東のホルムズ海峡の安全確保ため「有志連合」結成を米国が模索している中…

  5. 軍事的雑学

    韓国はF-35の重整備を何処で受ける?米国、韓国に対し「日本」の整備拠点利用を要請

    韓国で再び、空軍が導入中の第5世代戦闘機「F-35A」の重整備を、一体…

  6. 軍事的雑学

    早くも「SU-57」後継機を検討?ロシアでも第6世代戦闘機の研究が進む

    ロシアは第5世代戦闘機「SU-57」の量産に着手したばかりだが、ロシア…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 29日

    ロシア機撃墜事件の後から、一気にロシアに擦り寄って言ったトルコ
    「タタールのくびき」以来の歴史的敵対関係の為、誰もが「有り得ない」と思っていたが故に、逆にすんなりと行ってしまった感が有りますね・・・・・・。
    一体あの事件の陰に、何が起こって進行していたのか? 誰もが気になるでしょうが、明かされることは有るのでしょうか?(クーデター未遂事件の裏側も・・・・・・)
    そして、経済規模は小さいながらも、このような歴史的外交転換を成し遂げさせたロシア。やはり恐るべき脅威を秘めた国ですね

      • 匿名
      • 2019年 8月 30日

      あと、自己追記になりますが、全遊動垂直尾翼をキモいと思うのは自分だけだろうか?
      「お前は動くな、”安定板”だろうが」とツッコミたくなる
      全遊動の方が、動翼を含んだ尾翼全体を小さくでき、空気抵抗や電波反射面積などで有利になり、かつ自動制御能力の進歩により採用出来るようになったのだろうとは推測できるのですが

    • 匿名
    • 2019年 9月 04日

    「ステルス理論はロシアで生まれました。アメリカの発明品じゃありません。我が国のオリジナルです。しばし遅れを取りましたが、今や巻き返しの時です」
    「スホーイは好きだ」
    「スホーイがお好き? 結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ。スホーイのニューモデルです。」
    「快適でしょう?んああ仰らないで。ヘルメットがHMDじゃない、でもHMDなんて見かけだけで夏は熱いしすぐひび割れるわ、ろくな事はない。ウエポンベイもたっぷりありますよ、どんなアムラームスキーでも大丈夫。どうぞ回してみて下さい、いい音でしょう。余裕の音だ、馬力が違いますよ」
    「一番気に入ってるのは・・・」
    「何です?」
    「値段だ」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP