軍事的雑学

ロシア、発見不可能な「ステルスレーダー」を開発中?

ロシアは、敵の航空機や無人機から発見することのできない「ステルスレーダー」を開発中だという報道が出ている。

参考:Russian Engineers Create, Test ‘Stealth Radar’ Invisible to Enemy Aircraft and Drones

ステルスレーダーの正体とは?

ロシアの防衛産業企業「OKB Planeta」は、レーダーを搭載した航空機や、無人機から「見えない」パッシブ方式の新型レーダーシステムを開発中だと明らかにし、このレーダーが150km離れた目標が発信した電波を受信し正確な位置を特定することに成功したという。

Tropaと呼ばれる、この新型レーダーは航空機を探知するための電波送信機を持っておらず、電波の受信機だけで構成され、電波を一切放射しないので、このレーダーの位置を特定することは難しい。

そのため、米軍などが使用する対レーダーミサイル「AGM-88 HARM」からの攻撃を受ける可能性が低く、地上での偽装が完璧なら長時間、防空網の一部として効果を発揮するかもしれないが、それほど驚くようなシステムではない。

Attribution: Dammit / CC BY-SA 2.5 NL F-35が装備する電子・光学式照準システム AN/AAQ-40 EOTS

ステルス戦闘機F-35は、機体形状や素材によるステルスはもちろん、レーダーや電子機器の使用を制限し電波照射による自機暴露を極力避け、代わりに赤外線を利用した目標探知、レーザーを用いた目標指示を行える「電子・光学式照準システム」を搭載しているため、Tropaと呼ばれる新型レーダーで捕捉することは難しい。

逆に、RQ-4 グローバルホークなど、常に通信を行っている遠隔制御型の無人機検出には有効かもしれないが、現在開発が進む自律的な飛行・任務が遂行可能な無人機が登場すれば、無人機制御のための通信量が大きく減り、無人機自体のステルス化も可能になるため、パッシブ方式のレーダー単体で何かが大きく変わるという話ではない。

この種のレーダーは通常の防空網、多層的の構成されている防空レーダー網を補完するために使用してこそ効果を発揮するもので、「ステルスレーダー」と大げさに言うほどのものではない。

恐らく、パッシブ方式のレーダーが最も有効性を発揮するのは、発見することも難しく、何処で電波を受信されるのか分からないと言うプレッシャーを与えることで、ステルス機にレーダーや電子機器の使用を躊躇わせるという点だろう。

そのため、電波を放射しない赤外線を利用した目標探知や、レーザーを用いた目標指示と言った非電波系戦闘支援装置の開発・性能向上が非常に重要になってくる。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

いずも空母化、第6世代戦闘機開発、英国BAEが狙う日本の防衛産業市場前のページ

世界一高価なインドの戦闘機「ラファール」、1機辺りの導入費用260億円超え次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    対日従属した韓国安保!日本が韓国軍のF-35整備を拒否する『屈辱的』な状況を恐れる

    今年の2月、韓国国防部傘下の防衛事業庁が「韓国もF-35の整備国に選ば…

  2. 軍事的雑学

    ステルス化が進む米軍!今度は燃料電池を搭載した「ステルス戦車」開発中

    米陸軍は、ステルス小銃に続き、燃料電池(水素使用)を搭載したステルス戦…

  3. 軍事的雑学

    特殊塗料を塗った戦闘機「J-16」は、中国第3のステルス戦闘機になり得るか?

    中国人民日報傘下の環球時報紙(グローバルタイムズ)は、中国空軍が運用中…

  4. 軍事的雑学

    トルコ問題解決への決定打になるか?米国、非NATO主要同盟国にウクライナ指定を検討

    駐米ウクライナ大使館は、ウクライナに対し、非NATO主要同盟国(Maj…

  5. 軍事的雑学

    日本にも影響?ロシア製防空ミサイル「S-500」がNATOに及ぼす「衝撃」な影響

    もう間もなく実戦配備されると予測されているロシアの新型防空ミサイル「S…

  6. 軍事的雑学

    F-35Bと小型空母・強襲揚陸艦の組合せが人気!オーストラリアのF-35B導入議論

    STOVL(短距離離陸・垂直着陸)タイプのF-35B実用化で、カタパル…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 30日

    効果は周波数次第、探知は出来ても照準出来ない事もあるし。

    • 匿名
    • 2019年 6月 30日

    スプートニクはロシアの広報紙ですから、盛りすぎな記事が多いですね。
    でも面白いのはロシアって意外と単純なところがあって、気にしていることを率直に書く傾向にあるんですよ。
    この場合は世界に対して「攻めてくるのはお前たちだ!」って言ってるわけです。
    ロシア人特有の「世界に包囲されている!攻勢に出ないと!」っていう被害者妄想を如実に表している良記事ですねこれ(笑)

    • 匿名
    • 2019年 7月 01日

    音でバレるって聞いたことあるけど、今もそうなんかな?
    ステルス機が配備され始めた頃、アメリカが音で探知するレーダー作ったらしいけど、あまりにも高すぎて実用不可になったって記事を読んだ記憶があります。

      • 匿名
      • 2019年 7月 01日

      音は音速でしか届かないので…

      そもそも現状のステルスは迷彩以外で光学観測を妨害できているわけでもないですし

    • 匿名
    • 2019年 7月 01日

    最近は軍事関連の情報戦が目立ってきているように感じます。F35関連が特に酷いですが、戦争が近づいているというよりも、ステルス戦闘機という新しい需市場に対してあちこちで軍需産業が蠢いている、という感じがします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP