軍事的雑学

ステルス戦闘機「Su-57」実戦配備が秒読み?年内にもロシア空軍へ量産初号機引渡し

ロシアの国防省は、コムソモリスク・ナ・アムーレにある工場で組立てが進む第5世代戦闘機「Su-57」を公開した。

参考:Media Releases Video of Russia’s Su-57 Stealth Jet Assembly

SU-57「フェロン」量産初号機は年内にもロシア空軍に引渡される予定

ロシアのスホーイ社が開発した第5世代戦闘機「Su-57」は、プーチン大統領が同機をロシア空軍向けに76機調達する方針を示し、正式な量産体制の確立に動いている。

それを示すかのようにロシアの国防省は最近、ロシア極東部のハバロフスク地方にある都市「コムソモリスク・ナ・アムーレ」にあるスホーイ社の子会社「Yu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場」を訪問したアレクセイ・クリボルチコ国防副大臣がSU-57の量産初号機の年内引渡しについて準備が整っていると話した。

※動画で出てくる組立て中の戦闘機はSU-57とSU-35(特に後半部分)が混ざっているので注意

ロシアの国防省は、国防副大臣が同工場を訪問し、SU-57の製造ラインをバックに会見を行う様子の動画を公開、これはSU-57の量産が順調に進んでいることをアピールする狙いがあるものと見られている。

この極東に位置する航空機工場ではSU-57の他にも、スホーイ社が開発してきたSU-27やSU-30などを製造してきた工場で、現在はSU-57以外に第4.5世代戦闘機のSU-35や、ジェット旅客機のスホーイ・スーパージェット100を優先的に製造しており、スホーイ社の製造部門とって心臓部ともいえる工場で13万人以上の従業員が働いている。

出典:Oleg Belyakov / CC BY-SA 3.0 ロシアのSu-35(下)とSu-57(上)

これ以外にも、SU-57関連の情報がもう一つある。

最近、NATOはロシアの第5世代戦闘機「Su-57」に対して、正式にNATOコードネーム「FELON(フェロン)」が割り当てられた。

補足:FELONとは「重罪人」という意味

NATOコードネームは、ロシアや中国など東側陣営の軍用機に対して割り当てられ、戦闘機(Fighter)は「F」で始まるコードネームに統一されており、例えばロシアのSU-27は「Flanker(フランカー)」、MiG-29は「Fulcrum(フルクラム)」、中国のJ-20は「Fire Fang(ファイアファング)」というコードネームが割り当てられている。

同じように爆撃機は「B」、輸送機や旅客機は「C」、ヘリコプターは「H」から始まるコードネームに統一されている。

NATOは当初、SU-57がまだ「PAK-FA」と呼ばれていた頃、暫定的に「Frazor」というコードネームを割り当てていたが、ロシア空軍に正式に採用されたことでNATOコードネームを「FELON(フェロン)」変更した。

 

※アイキャッチ画像の出典:Baranov / stock.adobe.com

日本と北朝鮮が交戦状態に陥れば、米国は日本側で韓国は北朝鮮側で参戦か?前のページ

ロッキード、再整備を施したステルス攻撃機「F-117」を公開! もちろん博物館寄贈用として次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    陸上自衛隊が英国へ初派遣、英陸軍との共同訓練「ヴィジラント・アイルズ19」実施へ

    2018年に日本国内で実施された「ヴィジラント・アイルズ」に続き、陸上…

  2. 軍事的雑学

    米軍採用の可能性も? 米国防総省の試験にパスした韓国製誘導ロケット弾「匕弓」とは

    多くの海外メディアが7日、韓国が開発した誘導ロケット弾システム「匕弓」…

  3. 軍事的雑学

    あと20年は戦える! 米空軍、第5世代レーダー「SABR」に換装したF-16完成

    米空軍は9日、本土防衛のためメリーランド州兵空軍が装備するF-16C/…

  4. 軍事的雑学

    海外に海軍基地を建設?韓国、外洋海軍運用のためベトナムに拠点確保を主張

    韓国は将来、韓国海軍が外洋海軍へ成長するためには、海外に拠点を作る必要…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|史上初、米海兵隊所属のF-35Bが「エレファント・ウォーク(象の行進)」を披露!

    米国海兵隊は、サウスカロライナ州にあるビューフォート基地で、第501海…

  6. 軍事的雑学

    世界中へ即展開、コンテナ1つでステルス無人戦闘機「XQ-58」の打ち上げ&回収可能

    低価格なステルス無人戦闘機「XQ-58ヴァルキリー」を開発している米国…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 11日

    調達数少ない…少なくない?(感覚麻痺)

    • 匿名
    • 2019年 11月 11日

    冷戦終結以降普通に情報公開しちゃうからNATOコード聞いてもワクワクしなくなっちゃったな
    形式番号もペットネームも分からず画像は作戦行動中に撮られた不鮮明なものだけって感じの奴に
    NATOコードついてると謎めいた感じして良かったのにね
    youtubeで公開してるのに「重罪人」ってついててもプーチンに対するイヤミか?としか思わん…

    • 匿名
    • 2019年 11月 11日

    フェロンか。
    何か願いでも叶えてくれそう。

    • 匿名
    • 2019年 11月 12日

    もうちょっとかっこいい名前なかったのかな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP