軍事的雑学

軍事的雑学|サウジが韓国K2戦車を購入?頑固なドイツ、強かな米国、天狗な韓国

ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”で、興味深い記事を見つけたのたので紹介します。

参考:Германия может помешать поставке “Черных пантер” в Саудовскую Аравию

サウジアラビアが韓国のK2戦車に興味あり?

サウジアラビア陸軍は、現在運用中の米国製M60A3と、フランス製のAMX-30の後継戦車を探しています。

その候補として、M1エイブラムスの追加導入や、新しくドイツ製のレオパルト2戦車が候補に上がっていました。

しかし2018年に発生した、サウジアラビア人ジャーナリスト殺害事件の影響もあり、米国やドイツはサウジアラビアに対して武器輸出をストップした状態です。そこでサウジアラビが、その代りとして韓国のK2戦車“ブラックパンサー”導入へ動くかもしれないという話が出ています。

Attribution: Simta, File:K2 black panther3.jpg / CC-BY-SA 3.0 K-2戦車 黒豹

韓国メディアも、この話題を取り上げ、サウジアラビアへ最大300両のK-2戦車輸出の可能性があり、現在交渉中だと報じています。

韓国メディアによれば、サウジアラビアは300両の一部を完成品として韓国から輸入し、残りはサウジアラビア国内で生産したい意向で、その為には技術移転が不可欠となる。米国やドイツはサウジアラビアでの現地生産や技術移転は認めないので、韓国のK2戦車が有利だと分析しています。

ロシアメディアの“ロシースカヤ・ガゼータ”は、韓国のK2戦車のパワーパック問題はいまだに未解決で、変速機はドイツ製を使用している。ドイツは、ドイツ製変速機が搭載された韓国のK2戦車のサウジアラビア輸出を決して許可しないだろうと。

 

苦境のドイツ、それでも信念は曲げない

欧州の中で、サウジアラビアへの武器輸出を停止しているのはドイツだけで、欧州ではドイツは孤立しつつあります。

何故かと言うと、サウジアラビア向けの“ユーロファイター・タイフーン”48機売却が、ドイツの武器輸出停止が原因でストップしているためです。そのため欧州の軍需企業は、製品からドイツ製部品の排除に乗り出す動きさえあります。

出典:Pixabay

実際、エアバスは幾つのか兵器からドイツ製部品の排除に成功しています。さらに現在、空中給油機のA330 MRTTからドイツ製部品を取り除くことに取り組んでいるそうです。

この様な状況下でも、頑なにサウジアラビア向けの武器輸出を停止しているドイツが、自国製変速機が搭載された韓国のK2戦車輸出を許可するとは思えません。

もし韓国が輸出するなら、未だに完成していない自国製の変速機を搭載して輸出するしかなさそう。

 

しっかりと実を取る、強かな米国

一方の米国は、議会がサウジアラビアへの軍事支援停止を決議しました。サウジアラビアは「もし米国が武器を売らないなら中国やロシアから購入するだけのこと」と、米国に警告しています。

この様な中で、ロッキードが国防総省からサウジアラビア向けのTHAADミサイルを発注を受ける可能性が高いという報道が出ています。この報道の根拠は、3月4日に公開された国防総省の入札の詳細に、FMS方式によるサウジアラビア向けTHAADミサイルの契約があったからだと言う話。

この契約の総額は約10億ドル(約1100億円)。

出典:Pixabay

米国議会はともかく、トランプ大統領としてはサウジアラビアへの武器販売に前向きだと言う姿勢が読み取れ、案外、サウジアラビアへの戦車輸出を許可してしまうのではないかと。

そうなれば韓国のK2戦車の出番はなくなります。

武器輸出を停止したドイツの変速機が搭載され、10年前の開発時から何も進化していない韓国のK2戦車より、アップグレードを行い続けているM1エイブラムスの方が魅力的に映るでしょう。

最後に、ロシアメディア“ロシースカヤ・ガゼータ”の言葉で締めくくろうと思います。

“韓国がサウジアラビアへの戦車輸出を語るのは時期尚早だ”

 

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|F-35AにEA-18G、早期警戒機など、韓国が米国に約束した88億ドル兵器購入リスト

    4月に韓国のムン・ジェイン大統領が訪米した際、米国のトランプ大統領との…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|空中空母の先駆け!B-36爆撃機に搭載された戦闘機XF-85“ゴブリン”!

    今回は完全に管理人の趣味全開のテーマです。XF-85“ゴブリン”につい…

  3. 軍事的雑学

    極超音速兵器開発で先行する露中への回答、米国、極超音速兵器「AGM-183A」のイメージを初公開

    米国のロッキード・マーティンは最近、極超音速兵器開発プログラム「AGM…

  4. 軍事的雑学

    国産か海外か?陸上自衛隊、次期装輪装甲車の座を巡って三つ巴の争い

    防衛省は9月10日、陸上自衛隊の96式装輪装甲車の後継車両(次期装輪装…

  5. 軍事的雑学

    極超音速飛行が第6世代機の必須条件に?革命的な「極超音速エンジン」のテストに成功

    英国のリアクション・エンジン社は、超極音速空気呼吸エンジン「サーブル・…

  6. 軍事的雑学

    予備パーツをケチる韓国、MH-60Rを12機導入しても予備エンジンは0.5機分?

    米国務省は韓国が要求していた、12機のMH-60Rシーホークの購入を総…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 21日

    エイブラムスってまだ生産してましたっけ?
    YouTubeで生産終了してエンジン等保守部品無くて困ってる的な話があったような。

    2030か2040に新戦車作るって話だったよーな。

    あれー?

    • 匿名
    • 2019年 3月 21日

    ドイツとフランスこんな有様で第六世代戦闘機共同開発するのか

    • 匿名
    • 2019年 3月 21日

    やめとけ、K-2の性能なんてYouTube見てればわかるだろ?他の国の戦車の方がよっぽど強いぞ?チャレンジャーでも買っとけ

    • りゅうげん
    • 2019年 3月 22日

    K2実戦配備された瞬間、隣国が攻め込んでくるwww

    • 名無し
    • 2019年 3月 22日

    ハルダウン前提としか思えないぐらい範囲がクソ狭い複合装甲のK2をサウジアラビアが使ってどうするの?
    真横から見ればわかるが、K2ってハルダウンしなけりゃ真正面から砲塔天板を撃ち抜かれて後部弾薬庫に弾が飛び込みそうなんだが…

    • 匿名
    • 2019年 6月 12日

    10式戦車300両輸出は?
    登場からもう9年、最新式テクノロジーとはもう言えないから輸出してもいいんじゃない?

      • 匿名
      • 2019年 8月 07日

      ヒトマルは、日本国内使用を前提に、仕様を極め過ぎたから、他国で運用する様な柔軟性が足りないのでは?

    • 匿名
    • 2019年 9月 21日

    開発開始から早三十年経つも未だに完成しないK2をねぇ…
    イタリアのアリエテの方がまだ可能性あるわ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP