軍事的雑学

米海軍、戦闘機「F-35C」運用に欠かせない艦上輸送機「CMV-22B」の問題

米海軍は、洋上で活動する空母へ補給物資をとどけるための輸送機「C-2 グレイハウンド」を更新するため、V-22オスプレイを改造した「CMV-22B」を開発中だ。

参考:Behold The First Image Of A Navy CMV-22 Osprey That Will Replace The C-2 Greyhound

C-2の後継機として開発した艦上輸送機「CMV-22B」が抱える問題点

現在、米海軍の空母に補給物資や人員を輸送する任務にあたる輸送機「C-2 グレイハウンド」は、1960年代に開発中だった早期警戒機「E-2」を改造して開発された艦上輸送機で計58機が製造されたが、初飛行から55年が経過し、機体も老朽化しているため更新用の機体を用意しなければならないが、海軍に後継機開発を決意させた問題は別にある。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Christopher R. Jahnke

現行の輸送機C-2では、F-35Cに搭載されているエンジン「F135-PW-400」の輸送が不可能で、F-35Cの空母運用に影響を及ぼすことが予想され、最低でもF-35Cの空母運用が始まる前に、この問題を解決する必要に迫られたのだ。

そのため海軍は、早期警戒機「E-2D」をベースにしたノースロップ・グラマン案と、V-22オスプレイを改造したベル案を検討した結果、V-22オスプレイを改造した「CMV-22B」を選択することになったのだが、米国では「CMV-22B」が「F135-PW-400」を上手く運べないのではないかという疑念が指摘されている。

海軍は昨年、燃料と貨物を搭載してたCMV-22B(約26トン)を空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」に発着艦させるテストを行い、無事にテストをクリアしたと発表したが、もっとも重要視している「F135-PW-400」の搭載能力に問題が生じた。

出典:public domain F135

通常、F-35C用エンジン「F135-PW-400」を海上を航行する空母へ送り届けるには、金属を腐食させる塩分を含んだ風から精密機器を保護するため、海軍標準のコンテナに密閉した状態で輸送する必要があるのだが、CMV-22Bの貨物室には寸法上、このコンテナが収まりきらず、海軍はエンジンをむき出しの状態で輸送し、塩分を含んだ風が吹き荒れる飛行甲板上で積み下ろしを行わなければならない。

しかも、機体の一部を分解しなければ「F135-PW-400」をCMV-22Bから積み下ろしすることが出来ないと言う。

さらに、現行のC-2は着艦後、場所をあけるため直ぐに主翼を折りたたんで、タキシングしながら駐機スポットへ自力で移動することができるが、CMV-22Bは主翼とメインローターを折りたたむとタキシングすることが出来ないため、これを移動するにはC-2よりも多くのプロセスが必要になる。

結局CMV-22Bは、空母への「F135-PW-400」輸送プロセスが複雑で、しかも海軍標準コンテナが収まりきらず、着艦後のフライトデッキ専有時間がC-2よりも増え、結果、空母の発着艦作業を妨げる要因になる可能性が高いと指摘されている。

この問題には海軍も気づいており、解決の手段を探しているらしいが、現実的にはCMV-22Bをこのまま採用するしかない事情がある。

F-35Cの運用開始は2021年に予定(空母カールヴィンソン)されており、それに合わせてC-2の退役も始まるため、問題解決のために残された時間は殆どなく、今直ぐにでもCMV-22Bの製造に「GO」を与えたなければ間に合わなくなるのだ。

海軍上層部を悩ませている空母「ジェラルド・R・フォード」ほど「大きな問題」ではないかもしれないが、現場の将兵にとってCMV-22Bは、歓迎すべき相手ではなく「厄介者」として映っているかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain CMV-22Bのコンセプトアート

英国主導のテンペスト参加に傾く日本へ圧力? 日本の次期戦闘機「F-3」を巡る米英の戦い前のページ

英国、第6世代戦闘機「テンペスト」開発費用の捻出のためF-35B調達数を削減?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    オーストラリア、中国に対抗するにはステルス爆撃機「B-21レイダー」導入が最適解

    開発中のステルス爆撃機「B-21レイダー」を欲しがるオーストラリアに対…

  2. 軍事的雑学

    戦闘機「タイフーン」の極超音速化?英国、極超音速兵器+推進システム開発に着手

    7月17日、英国のロンドンで始まった「航空宇宙航空会議2019」で英空…

  3. 軍事的雑学

    欠陥発覚から約1年、米海軍の新型空母「ジェラルド・R・フォード」が戻ってくる

    米海軍は、空母ジェラルド・R・フォードの動力部問題について修正が完了し…

  4. 軍事的雑学

    秘密のベールを脱ぎ捨てるトルコの第5世代戦闘機「TFX」、パリでモックアップ公開

    フランスのパリで、6月17日から開催される「第53回パリ航空ショー」で…

  5. 軍事的雑学

    欧州独占なるか? ドイツとフランスが進める「次期主力戦車開発プログラム」正式始動

    ドイツ議会はフランスと共同開発する次期主力戦車「Main Ground…

  6. 軍事的雑学

    初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴

    米空軍は1989年7月17日に初飛行を行ってから30周年を迎える「B-…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 13日

    今更ですか? と
    それにしても、やはりV-22は何をするにしても中途半端なサイズだよなと。まともな車両が載せられない癖に、人員輸送には大きすぎるという

    • 匿名
    • 2019年 12月 13日

    F-35BのエンジンはMV-22(アメリカ海兵隊向けの輸送型)での輸送試験が実施済みですね。
    記事タイトル:
    Shaping a New Capability for the Osprey: Delivering the F-35 Engine to the USS Wasp 06/14/2015
    Cと、Bではエンジンの分割できる単位が違うのかな?
    距離は短く、時間は長くかかるがCH-53では運べる?

    進行中補給(Underway replenishment UNREP Replenishment at sea)、VERTREP

    • 匿名
    • 2019年 12月 13日

    予備エンジンて何基必要なんだろ?あんなデカい空母なんだから20やそこらは余裕で入りそうなのに。

      • 匿名
      • 2019年 12月 14日

      普通に搭載してる
      V-22でのエンジン空輸は作戦海域近傍などでの海上補給(進行中補給)の話
      これ以外にもその他の機材、燃料の海上補給の仕組みがあるんですって

      今まではどうしていたか? F414(F-18E/F)/F404(F-18A/B/C/D)は直径が細い(80㎝ぐらい)なのでC-2 グレイハウンドで運搬できたが、F135は直径が130㎝ぐらいと太いので無理。

    • 匿名
    • 2019年 12月 14日

    船上のメンテショップじゃ出来ないオーバーホールとかなのかな?
    オーバーホールごとに作戦機に取り付けたまま陸上基地に持って行かせて、エンジン取り外して、オーバーホール終わった他のエンジン積んでまた戻るとかやってられんなー
    まぁ本当今更何を言っているんだ?という気が
    昔、エンジンを鉄製のフレームでできたリグに固定してc-2というか、空母上で運んでる途中の写真を見たことがあるけど、エンジンは剥き出しだった気が
    今回はそもそも飛行中から剥き出しみたいだけどw
    bのエンジンはベアリングで二箇所エンジンの筒の部分の向きが変わるところがあるんで、そこから分離できるんじゃないかな?

      • 匿名
      • 2019年 12月 14日

      >bのエンジンはベアリングで二箇所エンジンの筒の部分の向きが変わるところがあるんで、
      >そこから分離できるんじゃないかな?
      なるほど

    • 匿名
    • 2019年 12月 14日

    もう予備部品空母に積んだ方が早くない

      • 匿名
      • 2019年 12月 14日

      そりゃ積んでるだろうけど半年とか作戦海域に張り付いてる間の消耗品全部積んでたらスペース圧迫するし
      戦闘で破損したりして正規のメンテサイクルより早く消耗する時もある
      その度いちいち帰港してられないでしょ

    • 匿名
    • 2019年 12月 14日

    C-2がはつひこかから55年と書かれてますが、今飛んでるC-2は、80年代後半に再生産された機体ですね。E-2Dベースでまた再生産すればいいのに。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP