軍事的雑学

非ステルス戦闘機の中で最強?ステルス性能F-35超え?韓国、謎の「KFX」性能自慢

韓国メディアがKFXのステルス性能について、F-35よりもステルス性能が優れているF-117相当になると報じている。

参考:中·日 압도할 최강 성능···한국형 전투기 ‘KFX’ 제작 눈앞

K-2戦車の二の舞になる可能性を感じさせる韓国型戦闘機「KFX」

韓国の戦闘機「KFX」は、退役間近のF-4(20機)とF-5(100機)を更新するために第4.5世代機(非ステルス機)として開発中だが「期待以上」の性能を示していると言ってる。

韓国はKFXのレーダー反射断面積(RCS)を公式には公表していないが、韓国メディアは0.5㎡程度しかないと主張し、1㎡程度のF/A-18E/Fやラファールなど競合する第4世代機と比べても、KFXのステルス性能は優秀だと評価した。

さらに胴体下部に半埋込式で装着される空対空ミサイルを、ウェポンベイに収納する方式に改良し、現在開発中のステルス素材や技術を適用した場合、KFXのステルス性能はF-35よりも優れていると言われるF-117相当になるだろうと主張した。

出典:public domain

ここで言うF-117相当とは、記事の脈略を見る限る「レーダー反射断面積(RCS)=ステルス性能」を指していると思われるが、F-35のレーダー反射断面積は0.005㎡しかなく、F-117(0.025㎡)よりも低くレベルに抑えられており、韓国側の主張は意味不明な事になっている。

さらにKFXは空中での機動性に優れているため、一般的な非ステルス機=第5世代機以下(中国や日本の第4世代機と比較しても)の機体としてなら「最強の性能」を予感させるらしい。

あくまで予感なので、そっとしておこう。

管理人が一番気になったのは、KFXの価格についての言及だ。

記事中でKFXの1機あたり機体価格が800億ウォン(約6,700万ドル/約72億円)だと明記されており、生産規模=量産される数によっては価格が下がると可能性があるらしい。

KFXの開発費、8兆7,000億ウォンには120機分の価格が含まれており、1機あたり約6,000万ドル(約65億円)を見込んできたが、既に約700万ドル(約7.5億円)も予定価格を超過していることになり、これが生産規模によって下がると言及しているが、共同開発国のインドネシアでさえKFXの発注数を50機から16機まで縮小しており、KFXの初期ロット120機の機体単価は、上昇する可能性はあっても、下がる可能性は殆どない。

恐らく、最終的には7,000万ドル前後まで機体価格が上昇するのではないかと管理人は思っており、そうなると機体以外の部分(保守やサポート費用等)を含めた1機あたりの導入価格は8,000万ドルを超え、9,000万ドル程度になるだろう。

出典: Alvis Cyrille Jiyong Jang(Alvis Jean) / CC BY-SA 4.0 2017ソウルADEXで公開されたKFXのモデル

この価格は、米国や欧州の第4世代機導入価格と遜色がなく、韓国が幾ら「第4世代最強」をアピールしても韓国製戦闘機=KFXにはこれまでの「実績」も「信頼」もないため、同一価格帯で競合した場合、わざわざKFXを選択するという「冒険好き」な国があるとは思えない。

この他にも韓国の戦闘機開発能力は英国やフランスを「凌駕」することになった、KFXを開発した人員で第6世代戦闘機の開発を準備していると聞こえの良い話が並んではいるが、あまり大風呂敷を広げすぎて、国民の期待値を上げれば、その分、反動も大きなものになるはずだ。

韓国が主力戦車「K-2 黒豹」を開発した当時も、世界の戦車開発技術に追いついた、海外輸出に道がひらけたと言っていたが、実際には不具合の連続で量産がストップ(昨年2次量産が再開)し、いつになれば部隊への「K-2戦車」配備が完了するのか誰にも分かっておらず、海外に輸出されたK-2戦車は1輛もない。

KFXがK-2戦車の二の舞になるのではないかと感じているのは、恐らく管理人だけではないはずだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

関連記事

  1. 軍事的雑学

    マッハ4.0以上で飛行可能なステルス迎撃機、年内にも「MiG-41」開発に着手か?

    ロシア航空機製作会社「MiG」の局長は、PAK DPを呼ばれている長距…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|近代化著しい中国海軍へに対抗策!陸自「12式地対艦誘導弾」の射程を400kmに延長

    陸上自衛隊が装備している『12式地対艦誘導弾』を改良し、射程を延長する…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|トルコにS-400製造権もステルス戦闘機も与えるロシア、追い詰められる米国

    依然としてロシア製地対空ミサイル「S-400」導入を強行するトルコ、F…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本とのF-3共同開発を狙う米国、機密のF-35用ソフトウェア提供を提案した狙い

    読売新聞によれば、米国がF-2戦闘機の後継機「F-3」開発について、F…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国のF-35整備問題、「日本に技術的従属を強いられる」と警告する韓国議員

    米国は韓国とのFMS方式によるF-35購入交渉時、技術統制及びオーバー…

  6. 軍事的雑学

    ステルス技術の集大成「B-21 レイダー」、どれだけ優位性を保てるか?

    7月9日、米空軍の上級士官による報告によれば、ステルス爆撃機「B-21…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    笑いは落差
    ジリジリ上がってる

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    結論ありきで、それに対してなりふり構わず手当たり次第に詰め込んで無理矢理にでも形にしようとしているというか。かの国の人たちは地道に積み上げて何かを作るという行為が致命的に苦手なのでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    >恐らく、最終的には7,000万ドル前後まで機体価格が上昇するのではないかと管理人は思っており、そうなると機体以外の部分(保守やサポート費用等)を含めた1機あたりの導入価格は8,000万ドルを超え、9,000万ドル程度になるだろう。
    F-35を売ってもらえる国ならF-35、売ってもらえない国ならF-16Vですね
    米国機を売ってもらえない国には、Su-35や中国機で。欧米機は、往年のミラージュの様な手持ちが存在しないので、中露の総取でほぼ確定ですかね(ドイツが意識高い病に陥ってますし)

      • 全てF-35B
      • 2019年 9月 28日

      ラファールやユーロファイターでは駄目なのか?

      • 匿名
      • 2019年 9月 28日

      グリペンがあるでしょう。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    今回はジェット戦闘機だからなあ
    今までの陸上兵器やヘリコプターとはわけが違う
    とりあえず何とか空を飛ぶところまでは頑張って欲しい・・・

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    RCS1.0㎡に対して0.5㎡なら、APG77での最短探知距離換算では、241km→185kmの様ですね。
    ちなみにF35相当だと60km、F22相当だと40kmとか。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    RCS1.0㎡に対して0.5㎡だと、APG77の最短探知距離換算では241km→185kmの様です。
    額面通りでも、使用するレーダーやAAM、位置関係で引っくり返る程度の優位性なのかも?
    ちなみに同じくAPG77の最短探知距離換算では、F35相当で60km、F22相当で40kmの様です。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    早く完成しないかなぁ

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    財力が続くならあと数十年・数世代繰り返せば改善されるでしょうが、地政学的な条件が許さないでしょう。
    韓国のアジリティは最長10年程度の短期的な仕事には強みがありますが、長期のノウハウ蓄積は先頭を走るアメリカが圧倒的ですし、中国は長期ビジョンを稼いだ経済力で押し進めるので侮れません

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    本当にステルスに出来たとしても再設計に近くなるので値段も跳ね上がるはず
    KFXより価格も安くて性能で圧倒的に上回るF-35を選ばない理由は無いと思う

      • 匿名
      • 2019年 9月 28日

      本当にファンタジーが止まらない民族やな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    これはKFXに限らないのだけど、恐らく「国内外への宣伝」を目的とした誇張なのだと思う。
    国内に向けては「これだけの国産兵器が作れるから、我が国の将来は安心だ」と言うアピールで、対外的には「我々はこれだけの物を作れるから、我々の味方かパートナー国にならないか?」と呼び掛けて、味方を増やそうって魂胆だと思う。
    実際、この手でKFXはインドネシアと言うパートナー国を作ったので、馬鹿にするべきでは無いのでは(最も、インドネシアも今は本当の所に気付いて、手を引き掛けているけれども)。

      • 匿名
      • 2019年 9月 29日

      エンジンもレーダーも作れんやろ

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    その存在がステルスな戦闘機。バカには見えない戦闘機。

      • 匿名
      • 2019年 10月 16日

      バカにしか見えないんだぞ

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    戦車は結局のところ大砲付きトラクターだから作るのは比較的難しく無いのかもしれない。が、ジェット戦闘機は純粋な戦闘用で民生用で近い機械が無い。つまりノウハウを作る機会が乏しい。
    部品だけならリバースエンジニアリングからの試行錯誤などで研鑽していけば何とかなるかもしれない。
    だがそれらを統合して優秀な戦闘機作ろうと思ってもそう簡単に行くとは思えないね。
    中国みたいに50年かけてキャッチアップするつもりでいれば別だろうが。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    ごめんなさい、脈絡と脈略が気になってしまいました

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    実証実験機も作った事が無いのに
    見よう見まねで出来ると思っているのか
    基本ライセンス生産したくらいのノウハウしか無いよね

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    韓国は一体どこでステルス性能確認してるんですかね?
    コンピューターシミュレーションとかいうやつですか?
    それもできそうな気がしないんだけど。得意の脳内シミュレーター発動ですか。

    • ななし
    • 2019年 9月 28日

    これJ31のパクリだと思うのだけど…
    コピーのコピー買うよりも中国様にJ31を売ってもらった方がよくね?

    • 匿名
    • 2019年 9月 29日

    形が思いっきりF35って・・実機1/1が手に入るからな。
    本当に気持ち悪い奴ら。またパクリかよwww

    • ななし
    • 2019年 9月 29日

    アムラームやサイドワインダーの搭載を拒否られているのにどうするんだろうね?
    ミーティアがある?あれ、半分日本製なんだけどね
    積む武器ないのにどうするんだろうね

      • 匿名
      • 2019年 9月 29日

      日本製シーカーを搭載するのは、改良型のJNAAMかと。
      将来はわからないけど、今のところ採用を予定してるのは、日本だけだったような。

      • 名無し
      • 2019年 9月 29日

      日本は韓国へのJNAAMの輸出を許可しないと思うぞ。
      あのミサイル自体は高速で長射程のミーティアに日本製のAESAレーダーを積むことでミーティアの命中率の悪さを解決したミサイルだから実射試験で驚異的な結果を出し、世界中のF-35採用国に売れまくると思う。

    • ななし
    • 2019年 9月 29日

    RCSの元ネタはこちらでしょうね。F-35のRCSがF-117より大きいとあります。
    リンク
     ちなみにウィキの日本語版のRCS記事にリンクがあるのですが、韓国語版にはなし。RCSの情報収集も日本語版頼りかな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 29日

    F-117を持ち上げてるのは、日本が所持してしない、ただその一点に執着してるんでしょ。ほっておくしかないな

    • 匿名
    • 2019年 9月 29日

    ガムテープがあるから最強ニダ、黒箱の代わりに白箱ニダ、三星内蔵型ニダ

    • 匿名
    • 2019年 9月 30日

    希望とか理想を掲げて具体的な目標を設定する為には現状の分析と認識を広め足元から固めていくしか道はない。それがてきないのは朝鮮半島の地政学的な状況や現状が極めて過酷だからだろう。周辺に弱小国どころか中規模の国すらない。常に物凄いプレッシャーの中で生きる為には絵に描いた餅も必要だろうが他国から見ると余りにも足元が見えていなすぎる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP