軍事的雑学

F-35AかF-35Bか結論出ず? 韓国、空母建造の影響でF-35追加導入先送り

韓国空軍の次世代戦闘機(F-35)調達のための二次事業は、F-35Aを導入するのかF-35Bを導入するのか結論が出ず、2020年への予算要求はひとまず先送りされることになりそうだ。

参考:‘文정부 역점’ 경항모 때문에… 차세대 전투기 2차사업 지연

既定路線のF-35A?空母搭載を見越してF-35B?結局、結論出ず

韓国は2013年の朴槿恵政権時、韓国空軍の次世代戦闘機(F-X)一次事業としてロッキード・マーティン社の第5世代戦闘機「F-35A」40機導入を決め、2021年までに導入を完了する予定だ。この後続事業として韓国空軍はF-35Aの追加導入(F-X二次事業)を決定、2020年度予算案に関連費用を要求するはずだったのだが、実際には1ウォンも要求されていない。

これはF-35Aの追加導入事業を事実上、先送りにしたという意味だ。

では何故、先送りする必要があったのか?

これは今年7月に突然、降って湧いたように登場した「大型輸送艦-Ⅱ事業(韓国型軽空母)」が影響しており、その後、韓国型軽空母の建造話はトントン拍子に進み、韓国海軍は現代重工業に空母の概念設計を発注、もはや韓国型軽空母建造は「夢物語」では無くなってしまった。

出典:public domain F-35B

そうなると今度は、この空母に搭載するSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)型の「F-35B」調達に注目が集まることになる。

誰がどう見ても、F-X二次事業はF-35Bを調達するのに絶好の機会として映り、韓国メディアもF-X二次事業は「大型輸送艦-Ⅱ事業」のためあったと言わんばかりに、F-X二次事業=F-35Bという図式の記事を書き散らした。

韓国空軍は、このようなメディアの報道に対し、F-X二次事業と空母用の艦載機調達は別話だと一線を引き、F-35AとF-35Bを少量づつ導入するのは運用上、非効率なのでF-35A調達に集中すべきだと主張している。

そもそも韓国型軽空母が就役するのは2030年代の話で、F-X二次事業で調達されるF-35Aは2024年までに導入することを予定しているため、もしF-X二次事業でF-35Bを導入したとしても、6年以上も空母なしでF-35Bを運用することになるため、まずはF-35Aに集中すべきという主張は非常に正しい判断だ。

このような韓国空軍の主張に影響され韓国メディアも、ひとまずF-X二次事業は既定路線のF-35Aを追加導入し、韓国型軽空母建造の進捗に合わせてF-X三次事業を立ち上げるしかないという論調に変化し、F-X二次事業=F-35Aで決まったかに見えた。

しかし、2020年度予算案にF-X二次事業の関連費用は1ウォンも要求されていない。

このような状況について、文在寅(ムン・ジェイン)政権がF-35A追加調達を臨む韓国空軍を抑え「F-X二次事業再考」を指示したという主張と、軍が自ら政権好みな計画=国民へのアピール材料を提供するため無理矢理、事業内容を書き換えたという主張がある。

どちらの主張が正しいのか不明だが、このようなやり取りを見る限り、はやり韓国型軽空母の建造計画は「十分に練られた」ものではないと言えるだろう。

大韓民国海軍の自尊心!という言葉と共に公開された韓国型軽空母のイラスト

先にTwitterの方に挙げたのでご覧になった方もいるかもしれないが、22日に釜山で開幕した「MADEX 2019」で、設計を受注した現代重工業が韓国型軽空母(大型輸送艦-Ⅱ事業)のイラストを公開した。

スキージャンプ台を採用しているため一見、英海軍が建造した「インヴィンシブル級空母」に似ているが、韓国型軽空母は純粋な「空母」ではなく、ウェルドックを設けエア・クッション型揚陸艇の運用能力を持つ強襲揚陸艦として建造されると言われているため、どちらかと言えばスペイン海軍の「フアン・カルロス1世級強襲揚陸艦」に近いのかもしれない。

但し、これは概念設計を行う前段階で描かれたイラストなので、実際にこのような形になる訳ではないことは留意しておかなければならない。

余談だが、イラスト右上に書き込まれた「大韓民国海軍の自尊心!(대한민국 해군의 자존심!)」という言葉に、管理人はどうしても「韓国らしさ」を感じてしまう。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain F-35A

関連記事

  1. 軍事的雑学

    米海軍は戦う前に破産する? 米国、バージニア級原潜「ブロックV」は高すぎると批判

    米海軍が調達予定のバージニア級原子力潜水艦「ブロックV」は、これまでの…

  2. 軍事的雑学

    第6世代戦闘機「FCAS」開発で仏独対立、要求性能の「食い違い」で開発資金確保が困難?

    第6世代戦闘機「FCAS」開発のための法的な枠組みを定める協定にフラン…

  3. 軍事的雑学

    グリペン好きなブルガリア大統領、署名したF-16V導入契約を拒否

    ブルガリア政府が承認した総額12.5億ドル(約1,354億円)のF-1…

  4. 軍事的雑学

    ロシアが仕掛けた罠? ステルス戦闘機「F-22」や「F-35」に共通する弱点

    米国は現在、2つステルス戦闘機「F-22 ラプラー」と「F-35 ライ…

  5. 軍事的雑学

    護衛艦いずも、仏空母「シャルル・ド・ゴール」の次は米空母「ロナルド・レーガン」と共同訓練

    現在、インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練を実施し、部隊の戦術技量…

  6. 軍事的雑学

    ステルス戦闘機「Su-57」実戦配備が秒読み?年内にもロシア空軍へ量産初号機引渡し

    露国防副大臣がYu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    自尊心か虚栄心かどうでもいいのですが動力どうするんでしょうね
    DLのケケ島艦すら持て余しているていたらくで

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    韓国はF-35Aなどの米国製兵器を大量購入する見返りに防衛費分担金を安くしろとかMRO&Uを我が国にも設置しろとか何とか言ってなかったか?
    韓国人が前後の整合性がとれない言動を見せるのは日常茶飯事だがこんな有り様ではどちらも叶わんだろうな

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    素直に軽空母でいいと思うんだけどな……独島級だって居るのに、そんなに強襲揚陸艦が必要かな?よしんば日本を仮想敵にしてるとしても、中露に対抗してきた日本の潜水艦や対艦攻撃能力を知らないわけじゃなかろうに……緻密な対潜・対空防御と十分以上のエアカバーがなければ、たちまち20000tの鉄屑になるだけでは
    まあ、持ってるだけで嬉しい楽しいと言うのなら、止めはしませんが……

      • 匿名
      • 2019年 10月 24日

      軽空母兼揚陸艦とか隻数持てないからイージス艦に攻撃用ミサイル積んだりしているのと同じことなんだろう。
      ただ、それをやると低速のため合成風力が減るから発艦のための飛行甲板長がより長く必要になるけどね

      • 匿名
      • 2019年 10月 24日

      実用性よりも、砲艦外交用途の張子の虎な役目を重視なのかな?
      なので、盛り沢山なのを好むとか。

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    書かれてる様に、時期的にはF-35Aと、F-35BonLPX-2の導入時期ってオーバラップしてない。(F-35Bだけを考えても韓国が購入できるチャンsヌは2030年以降)
    LPX-2/F-35Bを理由に北朝鮮へ忖度してると思います(F-35Aの追加購入を止める為にトンデモ理由を持ち出した)

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    「大韓民国海軍の自尊心!」ですか。
    これ、海軍自体が出した掲示物なら(恥ずかしくはあるけど)まだしも、やっちゃったのが現代重工業だと国民を煽って受注に繋げようという意図が見え見えですよね。
    韓国国民はこういうものに踊らされる人間が多いから、利用されるんでしょうね。
    利用する方もゲスだけど、実際に利用しようと試みられてしまう国民性とその事実自体がなんだかなぁ、と思いますわ。

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    売ってもらえるの?

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    いやいや。KFXのSTOV/Lタイプの同時開発の意向表明ぐらいしないと国民のホルホルは得られないぞ?

    • 匿名
    • 2019年 10月 24日

    陸海共に中途半端なイタリア軍を思い出してしまう。
    いやゲームやる分には良いんですけどね。やりごたえあるし。
    半島国家は陸にも海にも備えなければならないのは理解できるのですが、陸空を主体に補助の沿岸海軍がベストだと思うがなぁ

      • 匿名
      • 2019年 10月 25日

      イタリアは地中海という海上交通の要衝への影響力を保持するために、ある程度の海軍力は必要なのでは?
      韓国が中途半端に海軍力を強化するのは、見栄と反日が原因だと思いますが。

      • oominoomi
      • 2019年 10月 25日

      欧州諸国は、自国での必要性とは別にNATO内での役割分担を求められているから、ということもあると思います。

    • oominoomi
    • 2019年 10月 25日

    「護衛艦」なのに固有兵装を廃して航空機運用に徹した設計、対潜・掃海ヘリだけ運用するにしては大きな艦体、サイドエレベーターets.
    さすがにスキージャンプ勾配こそ無いものの、「いずも」型は最初から充分に「怪し」かった(笑)
    それに気づかず、「空母化」が公表されてから慌てて後追いした果てのドタバタ劇。
    この計画性のなさ…何に関しても用意周到な日本人との性格の違いを感じますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP