軍事的雑学

F-35の値下げが原因? 韓国、第4.5世代戦闘機「KFX」の海外輸出に赤信号か

韓国が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」にとって、F-35の機体価格引き下げが悪影響をもたらすと韓国メディアが報じている。

参考:F-35A 급락·공동개발 난항…KFX 사업 ‘악재’

F-35の価格引き下げが、韓国のKFX輸出に悪影響をあたえる?

米国防総省は最近、ロッキード・マーティン社とF-35を478機を総額340億ドル(約3兆7,000億円)で購入する契約を結んだ。

この契約によって8920万ドル(約97億円)で調達していたF-35Aが、7,790万ドル(約84億円)で調達することが出来るようになり、価格面で韓国の第4.5世代戦闘機「KFX」と競合することになってしまった。

参考:米国防総省は総額340億ドル(約3兆7,000億円)で、F-35を478機購入する契約をロッキード・マーティンと正式に結んだと発表した。この契約により、空軍向けのF-35Aの最終価格(ロット14)は8,000万ドルを下回る7,790万ドル(約84億円)となり、ロット11に比べて1,000万ドル以上も安くなり、海兵隊向けのF-35B(ロット14:1億130万ドル)も、海軍向けのF-35C(ロット14:9,440万ドル)も同様に価格が引き下げられた。

韓国ではF-35Aの価格が、11年前に導入したF-15Kよりも安くなっており、F-35がフルレート生産に突入すれば、さらに価格は引き下げられるだろうと指摘している。こうなると非ステルス機で第4.5世代戦闘機の「KFX」には分が悪く、最悪、韓国とインドネシア(共同開発国)以外に採用する国が現れないかもしれない。

出典:public domain 韓国空軍のF-15K

KFXの開発費は8兆6,000億ウォン(約7,700億円)で、韓国はこれを120機調達するため更に10兆ウォン(約9,200億円)を投資するため、開発コストを含めた1機あたりの単価は1,550億ウォン(約142億円)となり、開発コストを含めない場合でも830億ウォン(約76億円)で、海外輸出する際に開発費を上乗せすれば、もしかするとF-35Aの方が安くなる可能性も否定できない。

現在時点で、F-35を購入できる国は経済的にも政治的にも限られているが、価格が下がれば、少なくとも経済的にF-35を購入できるようになる国は増えるだろう。

出典: Alvis Cyrille Jiyong Jang (Alvis Jean) / CC BY-SA 4.0 ソウルADEX 2017で展示されたKFXの模型

それなら韓国は、F-35を政治的に導入できない国へ「KFX」を売り込めばよい訳だが、そういった市場には米国のF-16VやF/A-18E/F、ロシアのSU-35やMiG-35、欧州のタイフーンやラファールなど競合機がひしめいており、もっとも致命傷なのは「エンジン」や「搭載兵器」を国産化できず、欧米からの供給に頼っているため海外市場で競合したり、政治的にアウトな国へ輸出しようとする場合、輸出許可が降りない可能性がある。

結局、ステルス性能が第5世代戦闘機よりも劣るが、第4.5世代戦闘機の中では優れているというニッチな立ち位置を狙ってみたものの、F-35の値下げ実現によって両世代機間の価格差が消滅、そのため韓国の「KFX」は、F-35とほぼ同価格帯ながら、F-35よりもステルス性能が劣り、もしKFXを韓国から輸入しても「エンジン」や「搭載兵器」の安定供給のため、米国や欧州と政治的な対立が出来なくなるという制約の多い機体になる。

このような面倒くさい機体を、一体誰が買うというのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain F-35A

韓国にとって不都合? 台湾、F-16Vメンテナンスセンター設立支援を米国に要請前のページ

MBDA社、韓国の第4.5世代戦闘機「KFX」に対し「ミーティア」統合を許可次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    ロシア陸軍、主力戦車T-90の最新バージョン「T-90M Proryv」を実戦部隊に配備

    ロシア陸軍は主力戦車「T-90」の最新バージョン「T-90M Pror…

  2. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用

    英海軍のヴァンガード級原子力潜水艦は核燃料交換が不要な原子炉「PWR2…

  3. 軍事的雑学

    グリペン好きなブルガリア大統領、署名したF-16V導入契約を拒否

    ブルガリア政府が承認した総額12.5億ドル(約1,354億円)のF-1…

  4. 軍事的雑学

    建造費も維持費も足りない? 米海軍、予算不足で「310隻体制」に規模縮小か

    中国の急速な海軍力拡充に対抗するため、トランプ大統領は米海軍の保有艦艇…

  5. 軍事的雑学

    カタパルト装備の空母で運用?中国、ステルス戦闘機「J-20」艦載機型を開発中

    中国は、カタパルトを装備した空母で運用するための艦載機について、実戦配…

  6. 軍事的雑学

    韓国防衛産業界、最終量産の「国産戦車K-2」に国産パワーパック採用をゴリ押しする狙い

    韓国のS&T重工業労組は11日、国産主力戦車「K-2 ブラックパンサー…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 23日

    誰も買いません

    • 匿名
    • 2019年 11月 23日

    まぁ騙して売るしかないですけど、この価格帯で買う国で騙せる相手がいるかどうか…

    •  
    • 2019年 11月 23日

    これ韓国人の軍事評論家が本気で言ってたわ
    「F-35が値下げになったから、K-FXの輸出が圧迫される事になる」って

    まだ何も実体化していない架空の韓国の戦闘機が、F-35と輸出で競ると、
    専門家が本気で言う国。いつもながら凄い国だ・・・悪い意味で

    • 全てF-35B
    • 2019年 11月 23日

    もう、終わったな。
    お笑い兵器の仲間入りだな。

    • 匿名
    • 2019年 11月 23日

    最初から輸出できないのはわかっていたことだから織り込み済みでしょう、韓国も

    • 匿名
    • 2019年 11月 23日

    製造できる見込みも立たないのに販売競争での不利を憂慮するとか病院に行った方がいい
    宝くじの賞金分配を巡って骨肉の争いを始める前にまず一枚買おう

    • 匿名
    • 2019年 11月 24日

    最初から通行止めなのにそれに気が付かない悲劇。

    • 匿名
    • 2019年 11月 24日

    F-35の競合機種になれると思ってる時点でおかしいんだが
    何よりもまず実機を作れと

    • 匿名
    • 2019年 11月 24日

    そんなハリボテ誰が買うと思ってんだよアホか。

    • 匿名
    • 2019年 11月 24日

    輸出なんて皮算用止めて、自分らに必要でかつ実現可能なもので先ずは満足しないと。
    たとえ主要パーツが海外依存で、見せかけだけの代物だとしても。
    せっかく開発開始時点で周回遅れ、完成予定時期には二周遅れを容認したのに。

    • 匿名
    • 2019年 11月 25日

    まず不思議なのが搭載兵装もエンジンも国産で自前で用意出来てないのになんで輸出しようと思えるんでしょうね?
    そして何でそんな兵装・エンジンが無いも同然のガラクタが売れると思うの?
    なんで?

    なんで??

    • 匿名
    • 2019年 11月 25日

    韓国の兵器開発プロジェクトがことごとく失敗している理由がよく分かる
    最初は純粋にFー5後継の単発4.5世代機を自力開発するつもりだったのが
    政治の横ヤリで双発機になり、さらに横ヤリが入ってF-35と競合するステルス機の開発に変更される
    それを少ない予算でやろうとするのだから米国でも失敗するよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP