軍事的雑学

軍事的雑学|海上自衛隊の潜水艦が敵役?日米英3ヶ国による潜水艦狩り訓練!

今回は明日、3月14日から実施される日米英共同訓練についてのお話です。

参考記事:海上自衛隊 日米英共同訓練の実施について

昨年同様、今年も継続!日米英海軍で潜水艦狩り訓練!

3月14日、15日の2日間、日本、米国、英国の3ヶ国の海軍が、本州南方海域で対潜水艦戦(通称:潜水艦狩り)訓練を行うようです。去年の年末(12月22日)にも、同じ3ヶ国で共同訓練を行っていました。

今回参加するのは、海上自衛隊からは、護衛艦「むらさめ」と、P-1対潜哨戒機、潜水艦。米海軍からはP-8対潜哨戒機、英海軍からはフリゲート艦「モントローズ」。前回の訓練では米海軍の原潜が敵役だったので、今回は海自の潜水艦が正体不明の敵役ですね(笑)

出典:海上自衛隊ホームページ 護衛艦むさらめ

前回は、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が参加していたんですが、今回は護衛艦「むらさめ」だけと、ちょっと寂しいです。

正直、訓練の規模はとても小さな合同訓練ですが、ザ・ディプロマットも、スプートニクも報道していました。やっぱり“日米英の海軍”の組合せが、まだまだ物珍しいのか・・・

今年の夏頃には、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」と海上自衛隊の合同訓練が、インド洋で予定されれいるので、これも世界の注目を集めそう。

 

ドイツが言い出した“欧州連合の象徴”となる空母建造計画!

フランスの空母の話が出たついでに、こんな話が欧州で話題になっています。

ドイツのメルケル首相の後継者と言われる、ドイツキリスト教民主同盟党首のカレンバウアー氏は、フランスとドイツが結束して“欧州の空母”を建造し、欧州の防衛力を高めるべきだと主張しています。ドイツとフランスは既に、Future Combat Air System(FCAS※)を共同で進めているので、次のステップとして欧州連合(EU)の象徴となる、空母建造プロジェクトを進めるべきだと。

※FCASとは、ドイツとフランスが共同で第6世代戦闘機を開発する計画のことで、現在、この計画にスペインが合流。

出典:wikimedia commons public domain 原子力空母「シャルル・ド・ゴール」

この提案に対し、メルケル首相も賛成の立場を表明しています。

しかし、ドイツの奇想天外な提案に、フランスは冷ややかです。政府が公式回答していませんが、フランスメディアは「欧州連合の空母なんて馬鹿げた提案」だと(笑)

EUとして、EU域外に力を行使するには有効かもしれませんが、果たして、欧州連合の空母による武力行使をどの様に決定するのか?欧州連合全体の賛成が得られない域外問題に、反対する国を無視して欧州連合の空母を派遣するのか?等々、もう地球外生命体でも攻めて来ない限り、欧州連合の空母の出動は無理なような気がしますけど?

こんな使い難い空母を建造するために、ドイツとフランスが中心となって、欧州連合から建造費を徴収したら加盟国が怒るんじゃないかと。

 

空母が欲しいなら、ドイツだけでご勝手に!

管理人は、映画や小説なんかに登場する、地球連合軍、完全武装の国連軍なんか、実際に成立するのは不可能なんじゃないかと思ってる派です。

欧州連合の“統合軍構想”は以前からありますが、実際に運用されている“欧州合同軍(※正式な意味でのEU軍ではない)”は、加盟国が兵力を出し合った寄り合い所帯。司令官は各国持ち回り。フランス・ドイツの兵力で構成された合同旅団以外は、派遣国が派遣部隊への指揮権を手放さず、実質、欧州合同軍の指揮下にあるのは、1個旅団(5000人)のみ。ここでも利害の調整に忙しい。

出典:wikimedia commons public domain 欧州合同軍のベレー帽とバッジ

もし欧州連合の空母が出来たら、欧州連合に加盟している国の海軍から人員を出し合う場合、海軍のない国はどうするのか? 特に艦載機のパイロットなんて、EU加盟国で固定翼を艦載機として運用しているのは、フランスだけ。イタリアとスペインが軽空母でAV-8Bを運用中で、イタリアがF-35Bの運用を予定しているぐらい。固定翼の艦載機パイロットを、経験のない各国の空軍パイロットを集めて訓練し養成するのか?そもそも空母を保有していない国からすれば無駄でしかない。

あくまで実際の運用面で考えた場合ですけどね。

カレンバウアー氏が話す“欧州連合を象徴する空母”は、実現性のない提案にしか見えない。きっとドイツ以外の欧州連合加盟国は、こう思うでしょう。

空母が欲しいなら、ドイツだけでご勝手に

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊ホームページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    実戦配備が進むロシアの極超音速兵器、マッハ10で飛翔する極超音速ミサイル「KH-47M2」公開

    ロシア国防省は、マッハ10で飛翔し、地上の固定目標や、水上を移動する空…

  2. 軍事的雑学

    欧州に追いつく?F-35はアップグレード実行で「第6世代機戦闘機」に到達

    ロッキード・マーティンは「第5世代機から第6世代機へは、第4世代機から…

  3. 軍事的雑学

    高額な導入費用の謎、F-16はコスパに優れた戦闘機というのは幻想か?

    最新型のF-16の機体価格については諸説あるのだが、block70/7…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米空軍採用の新鋭機!ボーイングが航空自衛隊に売り込む次世代訓練機「TX」とは?

    ボーイングが日本への売り込みを表明した、次世代訓練機ボーイングTXとは…

  5. 軍事的雑学

    トルコのNATO離脱を誘う?ロシア、トルコの第5世代戦闘機「TFX」開発を支援

    ロシア連邦軍事技術協力局のドミトリー・シュガエフ局長は「ロシアはトルコ…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|おデブでも潜水艦勤務が可能に?英国議会が海軍に潜水艦ハッチを大型化を提案!

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”によると、英国議会で肥満兵士のため、…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 14日

    >前回は、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が参加していたんですが、今回は護衛艦「むらさめ」だけと、ちょっと寂しいです。

    正面装備の更新はどうにか消化しても、こういう細部に防衛費と人員の不足が響いて来る
    打倒、国民の公敵・財務省

    • 匿名
    • 2019年 3月 14日

    訓練とはいえ 暗黙のルールのような
    相手に花を持たす的な事ってあるん??

    最初から海底でジッとされたら わからんやん!!
    みたいな…

    • 匿名
    • 2019年 3月 15日

    また、横に浮上してやればいい

    • 匿名
    • 2019年 3月 15日

    米英vs日本とかムネアツ

    • 匿名
    • 2019年 3月 15日

    予算不足で崩壊しかかっているドイツ海軍が空母?
    ありえないと思うけど。

    • 匿名
    • 2019年 3月 15日

    ドイツとフランスの組み合わせってうまくいったことあるの?
    フネはできたとして、艦載機は何を念頭に置いてるんだろう?
    ラファル?F-35?新造機?   A-400M?

    • 匿名
    • 2019年 3月 16日

    潜水艦狩りのおはなしを読みにきたのに話ずれてませんか?

    • 匿名
    • 2019年 3月 17日

    まともな海軍力がないドイツが空母作ってどうするの・・・

    • 匿名
    • 2019年 3月 31日

    空母の話は本当にEUの象徴の為だけなんでしょうか?何か裏でもないのかな、こんな少し考えればわかる穴だらけの発言するば他者から甘くみられ、つけこまれるのは目にみえてると思うんですけど、国際政治は、昨日の敵は今日の友、今日の友は明日の敵が普通だと思っているので。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP