軍事的雑学

日本の水陸機動団、第二次大戦以降「最大規模」の上陸演習『タリスマン・セイバー19』参加

陸上自衛隊と海上自衛隊は、豪州で6月3日から8月21日まで実施される実動訓練、Talisman Sabre(タリスマン・セイバー)の詳細について発表した。

参考:陸上自衛隊 豪州における米軍との実動訓練(タリスマン・セイバー19)の実施について
参考:海上自衛隊 豪州における米軍との実動訓練(タリスマン・セイバー19)の実施について

第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習を行うタリスマン・セイバー

陸上自衛隊と海上自衛隊は、オーストラリアのクイーンズランド州、ショールウォーターベイ演習場及び同周辺海域で、実施される「タリスマン・セイバー 19(以下、TS19)」に訓練部隊を派遣し、米海兵隊、米海軍と共同演習を行うと発表した。

タリスマン・セイバーとは、隔年で実施されている米豪軍事演習で、2005年に初めて実施されて以来、7回実施されており、今回のTS19で8回目だ。

出典:Public Domain タリスマン・セイバー 13 米海兵隊員とオーストラリア軍兵士

基本的には、米豪2ヶ国間の軍事演習だが、追加で第3国を招待することもあり、日本は2015年に40人の陸上自衛隊員が初めて参加し、2017年にも陸上自衛隊の第1空挺団、第3普通科大隊基幹の約60名が参加した。

今回開催されるTS19には、これまでの参加規模を遥かに上回る部隊を派遣する予定だ。

陸上自衛隊は、水陸機動団、第1ヘリコプター団から約330名が演習に参加し、水陸両用車のAAV-7や、CH-47、120mm迫撃砲、中距離多目的誘導弾等を持ち込む予定。初参加となる海上自衛隊は、護衛艦「いせ」、輸送艦「くにさき」が派遣される予定だ。

出典:海上自衛隊 ひゅうが型護衛艦「いせ」

以前の演習内容から想像すると、TS15と同じく、日米の空挺部隊による空挺堡確保や、今回、派遣される護衛艦「いせ」や、輸送艦「くにさき」を使用し、洋上からAAV-7を発進させ、日米豪共同で上陸演習を実施するものと思われる。

輸送艦「くにさき」は、ウェルドックを備えた「おおすみ型輸送艦」の3番艦で、AAV-7を艦尾から直接発進させることが出来る。

出典:海上自衛隊 おおすみ型輸送艦「くにさき」

護衛艦「いせ」は、ひゅうが型護衛艦の2番艦で、V-22オスプレイの発着も可能な飛行甲板を備えているが、残念ながら、海上自衛隊が導入したV-22は、5月まで米国の海兵隊基地で訓練を行っているため、今回の演習には、恐らく間に合わないだろう。

但し、今回の共同上陸演習中に、米海兵隊のV-22オスプレイによる、護衛艦「いせ」での発着訓練が行われるかもしれない。

前回、TS17で行われた上陸演習は、第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習と言われるほど大掛かりなもので、米豪3万3000人以上が参加し、米海軍の強襲揚陸艦「ベロー・ウッド」、豪海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」を筆頭に、20隻の艦艇、200機以上の航空機が参加した。

米海兵隊は、今年のタリスマン・セイバーへ、例年以上の航空戦力と兵力を送り込むと言っているので、TS17に劣らない規模での上陸演習が行われると予想され、日本の水陸機動団にとって、貴重な経験を積むことになるのは間違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:陸上自衛隊

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|90式戦車、89式装甲戦闘車も実弾射撃!陸自最強第7師団が米陸軍と共同訓練!

    陸上自衛隊で唯一の機甲師団である「第7師団」が、米陸軍と共同訓練を行っ…

  2. 軍事的雑学

    日本の対空母兵器に海外メディア注目、 開発中の島嶼防衛用「高速滑空弾」を敵空母攻撃に転用

    日本の防衛省が研究開発を進めている「島嶼防衛用高速滑空弾」について、空…

  3. 軍事的雑学

    長波に対するステルスを実現?中国が「次世代ステルス技術」を開発中

    中国はレーダーによる探知を回避するための技術、ステルス技術にメタマテリ…

  4. 軍事的雑学

    タイフーンかF/A-18か?F-35の復活か?ドイツ、2020年にトーネード後継機選定

    ドイツ国防長官のクランプ・カレンバウアー氏は、ドイツ空軍が運用中の戦闘…

  5. 軍事的雑学

    悪夢の限韓令が再来?韓国の文在寅政権に止めを刺す米国の「THAADミサイル」アップグレード

    国防総省傘下のミサイル防衛局(MDA)は14日、サードシステムのアップ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 26日

    広い演習場があるのはうらやましい、日本も自由に演習できる無人島とか用意できないのかね。

      • 名無し
      • 2019年 5月 26日

      硫黄島ならありそう。

      • 匿名
      • 2019年 5月 26日

      ミサイルとか榴弾砲を最大射程でブッ放したりは出来ないけど
      それなりに広い演習場はあちこちにあるし、海岸線にある演習場じゃ上陸訓練もやってるよ
      無いのは予算

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP