軍事的雑学

日本の水陸機動団、第二次大戦以降「最大規模」の上陸演習『タリスマン・セイバー19』参加

陸上自衛隊と海上自衛隊は、豪州で6月3日から8月21日まで実施される実動訓練、Talisman Sabre(タリスマン・セイバー)の詳細について発表した。

参考:陸上自衛隊 豪州における米軍との実動訓練(タリスマン・セイバー19)の実施について
参考:海上自衛隊 豪州における米軍との実動訓練(タリスマン・セイバー19)の実施について

第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習を行うタリスマン・セイバー

陸上自衛隊と海上自衛隊は、オーストラリアのクイーンズランド州、ショールウォーターベイ演習場及び同周辺海域で、実施される「タリスマン・セイバー 19(以下、TS19)」に訓練部隊を派遣し、米海兵隊、米海軍と共同演習を行うと発表した。

タリスマン・セイバーとは、隔年で実施されている米豪軍事演習で、2005年に初めて実施されて以来、7回実施されており、今回のTS19で8回目だ。

出典:Public Domain タリスマン・セイバー 13 米海兵隊員とオーストラリア軍兵士

基本的には、米豪2ヶ国間の軍事演習だが、追加で第3国を招待することもあり、日本は2015年に40人の陸上自衛隊員が初めて参加し、2017年にも陸上自衛隊の第1空挺団、第3普通科大隊基幹の約60名が参加した。

今回開催されるTS19には、これまでの参加規模を遥かに上回る部隊を派遣する予定だ。

陸上自衛隊は、水陸機動団、第1ヘリコプター団から約330名が演習に参加し、水陸両用車のAAV-7や、CH-47、120mm迫撃砲、中距離多目的誘導弾等を持ち込む予定。初参加となる海上自衛隊は、護衛艦「いせ」、輸送艦「くにさき」が派遣される予定だ。

出典:海上自衛隊 ひゅうが型護衛艦「いせ」

以前の演習内容から想像すると、TS15と同じく、日米の空挺部隊による空挺堡確保や、今回、派遣される護衛艦「いせ」や、輸送艦「くにさき」を使用し、洋上からAAV-7を発進させ、日米豪共同で上陸演習を実施するものと思われる。

輸送艦「くにさき」は、ウェルドックを備えた「おおすみ型輸送艦」の3番艦で、AAV-7を艦尾から直接発進させることが出来る。

出典:海上自衛隊 おおすみ型輸送艦「くにさき」

護衛艦「いせ」は、ひゅうが型護衛艦の2番艦で、V-22オスプレイの発着も可能な飛行甲板を備えているが、残念ながら、海上自衛隊が導入したV-22は、5月まで米国の海兵隊基地で訓練を行っているため、今回の演習には、恐らく間に合わないだろう。

但し、今回の共同上陸演習中に、米海兵隊のV-22オスプレイによる、護衛艦「いせ」での発着訓練が行われるかもしれない。

前回、TS17で行われた上陸演習は、第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習と言われるほど大掛かりなもので、米豪3万3000人以上が参加し、米海軍の強襲揚陸艦「ベロー・ウッド」、豪海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」を筆頭に、20隻の艦艇、200機以上の航空機が参加した。

米海兵隊は、今年のタリスマン・セイバーへ、例年以上の航空戦力と兵力を送り込むと言っているので、TS17に劣らない規模での上陸演習が行われると予想され、日本の水陸機動団にとって、貴重な経験を積むことになるのは間違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:陸上自衛隊

対日従属した韓国安保!日本が韓国軍のF-35整備を拒否する『屈辱的』な状況を恐れる前のページ

イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    実戦配備が進むロシアの極超音速兵器、マッハ10で飛翔する極超音速ミサイル「KH-47M2」公開

    ロシア国防省は、マッハ10で飛翔し、地上の固定目標や、水上を移動する空…

  2. 軍事的雑学

    総額約7,000億円! 日本が撤退したインドの潜水艦調達を巡って5つの国が激突

    インド海軍が調達を予定している通常動力型潜水艦の受注を巡って、ドイツ、…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|有人機がオプションの第6世代ステルス戦闘機「テンペスト」

    米国のザ・ディプロマットの報道によれば、英国は今月、インドに「Temp…

  4. 軍事的雑学

    日本、トルコが抜けた「F-35開発パートナー国」の地位を狙う?米国に可能性を打診

    防衛省の整備計画局長、鈴木敦夫氏は米国の国防総省に対し、F-35プログ…

  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供

    米空軍は2020年、ついに戦闘機「F-22Aラプター」への戦術データリ…

  6. 軍事的雑学

    日本に対抗策は?中国、超極音速滑空弾「DF-17」やステルス無人攻撃機「GJ-11」初公開

    中国は建国70周年を記念した軍事パレードの中で、幾つかの新兵器を披露し…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 26日

    広い演習場があるのはうらやましい、日本も自由に演習できる無人島とか用意できないのかね。

      • 名無し
      • 2019年 5月 26日

      硫黄島ならありそう。

      • 匿名
      • 2019年 5月 26日

      ミサイルとか榴弾砲を最大射程でブッ放したりは出来ないけど
      それなりに広い演習場はあちこちにあるし、海岸線にある演習場じゃ上陸訓練もやってるよ
      無いのは予算

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP