軍事的雑学

魔改造したF-5が第4.5世代機に? タイ空軍、AESAレーダー搭載の戦闘機「F-5TH」披露

タイ空軍はシンガポール航空ショーで第3世代戦闘機「F-5E/F タイガーII」を第4.5世代機相当へアップグレードした「F-5TH」を披露した。

参考:Thailand shows off upgraded F-5TH fighters

変態仕様の「F-5TH」はAESA式レーダーを搭載し第4.5世代機へクラスチェンジ?

これまでの情報では、タイはイスラエルの協力で第3世代戦闘機「F-5E/F タイガーII」の搭載レーダーを「EL/M-2032」に換装したと言われていたが、現在開催中のシンガポール航空ショーで初めて披露された「F-5TH」には欧州のレオナルドが開発したAESA式のレーダー「Grifo-E」を搭載していると明らかにした。

さらにエルビット・システムズが開発したアビオニクスやデータリンクが取り入れられ、タイ空軍が装備する戦闘機グリペンや早期警戒機(エリアイを搭載したSaab340)との情報共有が可能になっている。

ただし、タイ空軍の「F-5TH」は今回のアップグレードを行うため単座型のT仕様は固定武装の20mm機銃を1門、複座型のTH仕様は全て失ってしまったため視界内での近接戦闘に制限があり、搭載レーダーに「Grifo-E」を選択したことで、どのような誘導ミサイルを搭載するのかについては明らかにはされていない。

補足:タイメディアによればF-5THは、ドイツ製の短距離ミサイル「IRIS-T」とイスラエル製の「パイソン4」が統合されていると報じている。

今回、シンガポール航空ショーで「F-5TH」を披露したタイ空軍によれば、同機はF-16Vと同じ第4.5世代機に分類されており、恐らく世界中に存在するF-5E/Fの中で最も優れた性能を持っていると言えるが、機体の老朽化が否めないF-5E/Fに、ここまで手を加えて運用する価値があるのかについては評価が分かれるだろう。

タイ空軍は10機のF-5E/FをF-5THへアップグレードし、2030年頃まで運用を続ける予定だ。

管理人的には魔改造が好物なので、一体どけだけの費用が掛かったのか知らないが変態仕様の「F-5TH」を計画したタイ空軍には拍手を贈りたい。

因みにノースロップ・グラマンは最近、台湾が運用中のF-5E/Fを維持するために必要な部品の供給契約を受注したと発表した。これによりF-5E/Fを設計・開発したオリジナルのメーカー(旧:ノースロップ)による新規製造の部品が入手可能になるため、世界中のF-5E/F運用国にとってまたとないチャンスが巡ってきたと言える。

果たして、名機「F-5E/F」の運用は一体いつまで続くのだろうか?

 

※アイキャッチの出典:montreehanlue / stock.adobe.com

共同開発の泥沼から脱出? 第6世代戦闘機「FCAS」プロジェクトが技術実証機製造フェーズに移行前のページ

米国による露骨な牽制、T-7Aレッドホークに韓国製T-50訓練機の潜在的需要が奪われる?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    米国の航空優位を突き崩すか? ロシアが狙う「早期警戒管制機」の無力化

    巨大なレーダーを空中に浮かべ、広範囲な空域を監視し、友軍機はもちろん、…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|現代の戦闘機パイロットは忙し過ぎる?無人戦闘機に求められる完全自律能力!

    今回は、無人機のお話です。ナショナル・インタレストで興味深い記事を読ん…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|何が違うのか?自衛隊が3種類も導入する「巡航ミサイル」の違い!

    日本が導入を検討していると言わている、3つの長距離巡航ミサイルについて…

  4. 軍事的雑学

    第6世代戦闘機を否定する米空軍、将来の戦場を支配するのはB-21と無人機

    米空軍は、過去に水平・垂直尾翼のない次世代ステルス戦闘機のイメージを公…

  5. 軍事的雑学

    実用レベルのレーザー兵器が遂に実用化! イスラエル、レーザーベースの迎撃システム発表

    イスラエルの国防省は8日、同国が開発した防空システム「アイアンドーム」…

  6. 軍事的雑学

    揉めていた第6世代戦闘機「FCAS」開発条件で進展? エンジン開発でフランスがドイツに譲歩

    フランスとドイツが開発を主導している第6世代戦闘機「FCAS」プログラ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 16日

    F5ってのは度重なる魔改造に耐えられるような、余裕のある設計でしたか?

      • 匿名
      • 2020年 2月 16日

      シンプルだからね。
      というか、余り飛んでいないのかな?
      機体寿命が残っているのか。

        • 匿名
        • 2020年 2月 18日

        F-4とかF-5の時代はベトナム戦争を意識して頑丈に作っていたんでしょうね。

    • ハヤタ
    • 2020年 2月 16日

    T -38も仲間ですからね

    • 匿名
    • 2020年 2月 16日

    F-5ってのは初期型はレーダーさえ装備していなかったからAESAを装備するようになったのは大幅な進化だが、あの機首の細さではそれほど高性能なものは載せられなさそう。
    イランも垂直尾翼をV型にした機体を開発した?らしいし、F-5をコピーして完全な国産化を行ったようで、今の機体に比べれば改造しやすい手頃な機体なのだろうな。
    昔ノースロップがライセンスと製造設備を纏めて売っぱらおうとうしたが、それを買った企業があれば今頃F-16が高すぎて買えない国にバカ売れしてたかも。

      • 匿名
      • 2020年 2月 17日

      この際、エンジンも換装し、さらにステルス化も行い、海外輸出化を狙う!

        • 匿名
        • 2020年 2月 17日

        その技術があると思うかアホタレ

          • 匿名
          • 2020年 5月 04日

          そこ○国さんが助けてくれますよ。

      • 匿名
      • 2020年 2月 17日

      F-20の製造権や設備の話なら韓国に打診したようだね
      あれを受けていればもっと安く早くT/F/A-50相当の機体を製造可能になり改造し放題で航空産業も育っていただろうけどな
      時計の針は戻せない

    • 匿名
    • 2020年 2月 16日

    機体規模的にAESA積めても収集した情報を処理出来るコンピュータの方が積めんだろと思ったらさもありなん
    F-16が高騰していく一方だからF-5から更新出来ないんだろうけど
    それにしたって無理があるだろうと…
    ローエンドモデルの戦闘機作ったら売れそうだけどローすぎると誰も買ってくれないジレンマ…

      • 匿名
      • 2020年 2月 17日

      いやいや、夢は大きい方が良いですよ。
      ほら、K国さんも夢だけは大きいから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP