軍事的雑学

軍事的雑学|いずも型護衛艦「かが」海外派遣!海上自衛隊「ISEAD2018」を見てみよう|前編

今回は、去年行われた海上自衛隊の「平成30年度インド太平洋方面派遣訓練“ISEAD2018”」をご紹介します。

平成30年度インド太平洋方面派遣訓練“ISEAD18”とは、海上自衛隊がインド・太平洋地域の各国海軍と共同訓練を行い、部隊の練度向上や連携強化はもちろん、各国との相互理解・信頼関係の強化を図る目的に実施された訓練。

共同訓練を行った国は、インド、インドネシア、シンガポール、スリランカ、フィリピンの5ヶ国、この全ての国が集まって訓練をするのではなく、海上自衛隊の派遣部隊が、各国を回って1ヶ国づつと共同訓練を行いました。(途中、米海軍、英海軍とも共同訓練を行っています。)

そのため派遣期間は8月26日から10月30日までと、約2ヶ月間という長期の派遣になりました。

今回派遣されたのは、護衛艦「かが」、護衛艦「いなづま」 、護衛艦「すずつき」の3隻(約800人)。

 

海上自衛隊の呉基地を出発するインド太平洋方面派遣訓練部隊

8月26日、ご家族に見送られ、海上自衛隊呉基地から出発する護衛艦「かが」等、インド太平洋方面派遣訓練部隊の艦艇

訓練を行いながら太平洋を航海するインド太平洋方面派遣訓練部隊。

護衛艦「いなづま」 と、護衛艦「すずつき」

洋上での12.7㎜機関銃の射撃訓練の様子

護衛艦「すずつき」、ファランクス CIWSの射撃訓練の様子

護衛艦「かが」、ファランクス CIWSの射撃訓練の様子。

 

米空母「ロナルド・レーガン」等と日米共同訓練を実施

8月31日、フィリピン西方海域において米海軍「第7艦隊」所属、ニミッツ級空母「ロナルド・レーガン」、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦「アンティータム」、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ミリウス」と、日米共同訓練を実施。地域の平和と安定に貢献する日米同盟の存在感を示す。

護衛艦「かが」のアップ。

空母「ロナルド・レーガン」率いる米艦隊と、護衛艦「かが」率いるインド太平洋方面派遣訓練部隊。

非常にカッコいい。おそらく、護衛艦「かが」に搭載されたSH-60Kからの撮った最高の1枚。

 

フィリピンに到着したインド太平洋方面派遣訓練部隊。

9月2日、フィリピンのスービック港に入港した海上自衛隊のインド太平洋方面派遣訓練部隊。フィリピンのドゥテルテ大統領が派遣部隊を訪問し、護衛艦「かが」を見学されました。

9月4日、フィリピン海軍関係者を招いて、海上自衛隊の艦船、機関整備について活発な意見交換を行い、両国の相互理解を深める。

その後、フィリピン海軍の士官及び下士官約100名が、護衛艦「かが」を見学。

フィリピン海軍主催レセプションが、フィリピン海軍ドック型輸送艦「ターラック」で開催。海上自衛隊隊員は、温かい歓迎を受けると共に、フィリピン海軍との友好を深める。

9月7日、パラワン島周辺海域で、フィリピン海軍C-90と共同訓練(捜索・救難訓練)を行う海上自衛隊のインド太平洋方面派遣訓練部隊。

海上自衛隊のSH-60Kと、フィリピン海軍のC-90。

このC-90は、日本がフィリピンに無償譲渡したTC-90(ビーチクラフト キングエアC90を改造した訓練機)です。当初は国有財産の無償譲渡を禁じた財政法の影響で、貸与という形で貸し出されていました。

その後、改正自衛隊法で中古装備品の無償供与が可能になり、フィリピンに無償譲渡されました。計5機のTC-90を無償譲渡する予定。

フィリピンは当初、P-1哨戒機の配備で余剰機となるP-3Cを希望していましたが、運用が難しく維持費が高いと言う理由でTC-90譲渡になったという経緯があります。

 

インドネシアへ向けて航海中のインド太平洋方面派遣訓練部隊

9月8日、各種訓練を行いながら南シナ海を進んで行きます。

護衛艦「いなづま」での、ヘリ発着訓練の様子。

ヘリを着艦させるためのRAST(着艦拘束装置)

戦闘中に受けた被害を局限することを目的とした「戦闘被害対処訓練」を行っている護衛艦「かが」

南シナ海で、護衛艦「かが」が、護衛艦「いなづま」 と、護衛艦「すずつき」に洋上給油を行う様子。

護衛艦「かが」のデッキサイド式後部エレベーターの大きさが良くわかる。

南シナ海の夕暮れに佇む護衛艦「すずつき」。

9月17日、南シナ海上で、洋上慰霊祭を実施。英霊に対して献花するとともに、弔銃と黙とうで哀悼の意を捧げる様子。

 

インドネシアに到着したインド太平洋方面派遣訓練部隊。

9月18日、インドネシアのジャカルタ港に入港したインド太平洋方面派遣訓練部隊。

インドネシア海軍 デニー第3海軍主要基地隊司令の歓迎を受けるインド太平洋方面派遣訓練部隊。

ジャカルタ港に停泊中、護衛艦「いなづま」を一般公開し、地元の方々が多く見学に訪れた様子。

9月22日、インドネシア海軍と親善訓練を実施。その後、先に日本へ帰投する護衛艦「すずつき」を見送り、護衛艦「かが」と、護衛艦「いなづま」 は、インド洋へ向かいます。

 

英海軍フリゲート艦「アーガイル」との共同訓練

9月26日、スマトラ島西方海域で、英海軍フリゲート艦「アーガイル」と共同訓練を実施するインド太平洋方面派遣訓練部隊。

英海軍フリゲート艦「アーガイル」は、この後、北朝鮮の瀬取り行為の監視・取り締まりのため日本へ向かいました。インド太平洋方面派遣訓練部隊は、次の訪問国のスリランカへ向かいます。

後編へ続く

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊

軍事的雑学|韓国の原子力潜水艦保有への野望!IAEAを騙してまで開発した潜水艦用原子炉はロシア製!前のページ

軍事的雑学|いずも型護衛艦「かが」海外派遣!海上自衛隊「ISEAD2018」を見てみよう|後編次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    艦載機のステルス化が進む中国、今度は空母にステルス無人機を配備

    最近、中国初のステルス戦闘機「J-20」の艦載機化が有力だと報じられた…

  2. 軍事的雑学

    あまりに高価過ぎる? 米空軍、次期大統領専用機の取説制作を約90億円で発注

    国防総省が4月15日付けで発表した契約の中に、空軍が調達を進めている次…

  3. 軍事的雑学

    遂に量産機が完成か? 中国空軍指定色に塗装されたステルス戦闘機「J-31」が姿を現す

    米国メディアは、中国がJ-20に続いて開発したステルス戦闘機「J-31…

  4. 軍事的雑学

    次世代小銃は発砲音も閃光もなし?米陸軍、ステルス小銃を開発

    米陸軍は最先端技術を用いて、小銃発砲時の騒音と閃光を無くし、敵に気づか…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学・知ってたら凄い|「超弩級戦艦」の由来を知ってる?

    戦艦大和も、戦艦長門も、戦艦金剛も、さらにイスカンダルまで行った宇宙戦…

  6. 軍事的雑学

    第6世代戦闘機を否定する米空軍、将来の戦場を支配するのはB-21と無人機

    米空軍は、過去に水平・垂直尾翼のない次世代ステルス戦闘機のイメージを公…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP