軍事的雑学

軍事的雑学|映画「トップガン2」に、まさかのF-14実機がカメオ出演?

小さい頃にトップガンを見て、興奮したのを覚えています。美人な先生とのラブシーンでお茶の間が静かになったのも・・・

ということで、今回は映画「トップガン2」ネタです。

男のロマンを感じる可変翼機は最高です。

映画の撮影自体は去年、2018年5月頃にクランクインをしたと情報が出ています。今回はF-18E/Fが主役機に抜擢されたとか。

うーん、F-18E/Fはというか、F-18シリーズは嫌いじゃないけど、好きでもない(笑)

あまりに優等生すぎるというか、尖った部分が無いというかw

やっぱりこれですよね。

かっこいい・・・ 男のロマンを感じる可変翼機、当時の基準から言えばぶっとんだ性能のAIM-54フィニックス、何が一番カッコいいかというと、F-14のエアインテークが最高にカッコイ

このメカ感がたまりません。F-15とF-14、どちらが好きかと言われれば断然F-14派です。

沢山の欠点、エンジン出力が低すぎるとか、可変翼のために主翼下のパイロンが設置できなかったり、サイズが大きすぎたりとか、いろいろ抱えていましたが、それでも管理人にとっては、最高にロマンを感じる戦闘機です。

10年振りに米海軍空母に搭載されるF-14

いけない、映画の話をしなければ

なぜ、今回、映画「トップガン2」を取り上げたかと言うと、実は「トップガン2」の映画の中に、F-14がカメオ出演するため、博物館から引っ張り出して、空母に再び搭載したらしい。今の時代、CGで作った方が早いんじゃないかと思いますが、わざわざ実機でご出演w

@ JEREMIEJCA17

F-14は既に退役しているので、米海軍の空母に搭載されたのは10年ぶりだそうです。

きっと映画の中で、飛び回ることはもう無いだろうと思いますが、とても粋なはからいですね。どけだけお金がかかってるんだ・・・

今度は、エアーウルフをリメイクして欲しいものです。

当然、新エアーウルフじゃない方をw 新エアーウルフは糞でした・・・

軍事的雑学|有人機がオプションの第6世代ステルス戦闘機「テンペスト」前のページ

軍事的雑学|整備?重整備?日本も導入したF-35戦闘機の整備についてまとめた!次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供

    米空軍は2020年、ついに戦闘機「F-22Aラプター」への戦術データリ…

  2. 軍事的雑学

    日本が韓国への軍事情報提供を中止? 韓国、半年前から「情報報復」が始まっていた

    韓国の正義党の金議員は、日韓秘密軍事情報保護協定が無用である理由として…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|丸腰に近い韓国型戦闘機「KFX」、米国製空対空ミサイル使用を禁じられる!

    韓国型戦闘機「KFX」の開発は順調だが、米国に対して、米国製の航空機搭…

  4. 軍事的雑学

    第4世代機より劣っているF-22Aのアビオニクス、AIM-120DやJHMCS統合で2060年まで現…

    世界最強のステルス戦闘機と呼ばれているF-22Aラプターのアビオニクス…

  5. 軍事的雑学

    米国、韓国空軍のF-16C/D Block32に対する「IFF Mode 5」アップグレードを承認

    米国務省は30日、韓国空軍が運用しているF-16C/D Block32…

  6. 軍事的雑学

    F-35Bは60機あれば十分? 英国、空母を建造したのにF-35B調達数削減の可能性

    英国は2019年時点で48機のF-35Bを発注する予定だったが、現実に…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 2月 16日

    「トップがンを小さい頃に見た」
    管理人は思ってたより若い人なんだな
    それで初代エアーウルフを知ってるという事は30代半ばから後半くらいか

    • 匿名
    • 2019年 2月 16日

    確かにF14はかっこいいですね。
    個人的にはB-1爆撃機のほうが美しくて好きかな

    • 匿名
    • 2019年 2月 17日

    イランでは革命前に買ったFー14を未だに使い続けているとか。それがラスボスで出てきたら面白いかも。

    • 匿名
    • 2019年 2月 19日

    やっぱり、可変翼機は絵になりますからね。トップガンやマクロスとかエリア88とか。悲しいかなF/A-18じゃ、今一つ主役ははれませんね。
    しかし、イランのスパイを警戒して現存するF-14は全て部品をはずしたと聞いていましたが、飛べるようにしたんですか。米国は映画にかける費用がケタちがいですねぇ。

  1. 「トップガン: マーベリック」の特報でF-14が飛んでますね。
    海軍航空隊のアビエイターに「Captain」と言えば「大佐」のはずですが、字幕では「大尉」となっていて空軍に移籍したのか字幕間違いなのか気になるところです。
    「万年大尉」ならエースコンバット5どころじゃない超ベテランになるわけですが。

    • 二式大型七面鳥
    • 2020年 1月 07日

    横須賀にあった、甲板上でのハンドリング練習用のF-14のドンガラは、そういえばどうしたんでしょうね?
    イランにF-14のパーツが流れるのを嫌って、パーツ取りに状態の良いドンガラは片っ端から米軍だか政府だかが抑えてるって聞きましたが……

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP