軍事的雑学

あと20年は戦える! 米空軍、第5世代レーダー「SABR」に換装したF-16完成

米空軍は9日、本土防衛のためメリーランド州兵空軍が装備するF-16C/Dのレーダーを「AN/APG-83 SABR」に換装する作業が完了したと発表した。

参考:Air National Guard F-16s First To Fly Fifth-Gen Radar

米空軍、第5世代レーダー「SABR」に換装したF-16を初めて手にれる

米空軍は2017年にノースロップ・グラマンと、戦闘機F-16C/D Block40(~52)72機の搭載レーダーを「AN/APG-83 SABR」に換装するため約2億4,380万ドルの契約を結んでいたが、昨年、契約内容を更新し新たに300機分のレーダー換装作業を発注、以前の契約と合わせて372機のレーダー換装作業を約10億ドルで行う契約をノースロップ・グラマンに与えた。

出典:U.S. Air Force photo/Bobbi Zapka AN/APG-83 SABR

今回発表されたのは2017年に発注していた「AN/APG-83 SABR」への換装作業で、米空軍は初めてF-16Vに搭載されている「AN/APG-83 SABR」を装備したF-16を手に入れたことになる。

ノースロップ・グラマンがF-16のアップグレード用に開発したアクティブ・フェーズド・アレイレーダー「AN/APG-83 SABR」は、機体に大きな変更(レーダーへの供給電力や冷却要件に変更がない)を加えること無く搭載することが可能で、このレーダーはF-35に搭載されている「AN/APG-81」の技術を流用して開発されたため、ソフトウェアは90%以上、ハードウェアは70%以上の共通性を確保しており、能力的にはF-35のレーダーに近いと言われている。

このレーダーはF-16Vに搭載されており、さらに旧型のF-16のアップグレード用としても需要が高く、今後20年で一番売れるレーダーになるだろう。

出典:pixabay

米空軍は保有しているF-16C/D Block40(~52)約790機を2010年代中にF-35Aで更新する予定だったのだが、ご存知の通りF-35の開発が遅延し、機体価格も高騰したため、米空軍はF-16の運用を2048年まで延長することを決定、現在F-16の機体構造を強化するためのキットを調達中で、元々8,000飛行時間に設定されていた耐用年数を13,856飛行時間まで延長する予定だ。

機体の耐用年数延長に加え、搭載レーダーを「AN/APG-83 SABR」へ換装したことで、米空軍のF-16C/Dは最新のF-16Vに近い能力を持つことになるだろう。

因みに「AN/APG-83 SABR」を搭載したF-16の取得は、米空軍としては今回が初めての機体で、旧型のF-16のレーダーを「AN/APG-83 SABR」に換装するための費用は1機あたり約320万ドル(約3.5億円)で費用対効果に優れていると言える。

一概に比較出来ないが、旧型のF-16から「AN/APG-83 SABR」を搭載したV仕様へのアップグレード費用は1機あたり約20億円程度掛かると言われており、V仕様へアップグレードする中で最も高価なのが「AN/APG-83 SABR」だ。

それが換装作業込みで、たった約3.5億円しか掛からないというのは、少しズルい気もするが、これも海外向けと米軍向けの違いだろう。

米空軍は2027年までに「AN/APG-83 SABR」を搭載したF-16を計372機手に入れる予定で、あと20年以上、第一線で活躍し続けるに違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Joshua R. M. Dewberry

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|有人機がオプションの第6世代ステルス戦闘機「テンペスト」

    米国のザ・ディプロマットの報道によれば、英国は今月、インドに「Temp…

  2. 軍事的雑学

    粋なサプライズ演出? ロシア航空ショーに伝説の戦闘機「SU-47」が登場

    ロシアは現在開催中の「MAKS国際航空ショー」に、伝説の戦闘機「SU-…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本初!ステルス戦闘機F-35Aを擁する実戦部隊「第302飛行隊」が正式発足!

    3月26日、青森県の航空自衛隊、三沢基地でF-35Aを日本で初めて運用…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|いずも型護衛艦「かが」海外派遣!海上自衛隊「ISEAD2018」を見てみよう|前編

    平成30年度インド太平洋方面派遣訓練“ISEAD18”とは、海上自衛隊…

  5. 軍事的雑学

    賢い買い物か?ポーランド、1機あたり約220億円でF-35Aを32機導入

    ポーランドが米国に売却を要請していた32機のF-35Aについて、9月1…

  6. 軍事的雑学

    約80年ぶり? 米海軍、真珠湾攻撃で沈没した戦艦を原潜として復活させる

    米海軍は、日本帝国海軍の真珠湾攻撃で沈没したネバダ級戦艦2番艦「オクラ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 12日

    なんか軍事・宇宙関連の記事を読んでると金銭感覚がおかしくなりますね(笑)

      • 匿名
      • 2020年 1月 12日

      文字通り燃料代だけで凄い額が飛んでいきますからね

    • 匿名
    • 2020年 1月 12日

    日本もF2搭載レーダーをJ/APG-2から﹙XF2でテストした﹚先進統合センサシステムに換装したら良いのに。

    先進統合センサシステムのレーダー部分、F35に搭載されたAN/APG-81より検出距離1.5倍位ある様だから、
    性能的な寿命﹙陳腐化するまでの時間的な余裕﹚もAN/APG-83 SABRより上だろうし。

    使用期間が短くならない様に、予算を確保して短期間で換装する必要はあるだろうけど。

      • 匿名
      • 2020年 1月 16日

      機体の寿命が無いのでは。

    • 匿名
    • 2020年 1月 12日

    LM製ですね。
    F-35、F-16のアップグレード市場をLMが抑えた状態ですね。
    レイセオンはどうするんだろう? ロッキードの戦闘機と同じくじり貪に見えますね。
    RACR(Raytheon’s Advanced Combat Radar) レイセオンのAESAレーダーのの採用例は少ないのよね
    F-15Eのアップグレード用:AN/APG-82(V)1 母体はAN/APG-79
    、APG-63(V)3
    AN/APG-79はF-18E/Fのアップグレード用 
    いずれもアメリカ空軍、海軍の認定で、モデル名もついてる
    レイセオンのF-16用はあの韓国のKF-16用(一応は議会の輸出承認は出てた、当然ながら2年を要したけど)・・・・ダメでしたね。

      • 匿名
      • 2020年 1月 13日

      レイセオンはイージス艦のレーダを押さえているから心配ないんじゃないですか? もっともここもロッキードがSPY-7なんて出して、日本のイージスアショア、既存のイージス艦にもアップグレード用に提案しているからうかうかしておられないでしょうけど。

      • 匿名
      • 2020年 1月 13日

      ロッキード・マーティンは航空機用火器管制レーダーは製造してなくて、イージスシステム用のAN/SPY-1を製造しています。
      こちらはアーレイバーク級フライトIIIからレイセオン製のAN/SPY-6に置き換わる予定です。

      航空機用火器管制AESAレーダーはノースロップ・グラマンとレイセオンの2強ですが、F-22用のAN/APG-77が両社共同開発以外はF-16E/F/VとF-35用はノースロップ・グラマン、それ以外の第4.5世代機アップグレード用はレイセオンと分かれてますね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 13日

    取引があるディーラーの取り分まで考えて定価決めるのがメーカーだからね。どんな分野でも

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP