軍事的雑学

約80年ぶり? 米海軍、真珠湾攻撃で沈没した戦艦を原潜として復活させる

米海軍は、日本帝国海軍の真珠湾攻撃で沈没したネバダ級戦艦2番艦「オクラホマ」とペンシルベニア級戦艦2番艦「アリゾナ」の名前を約80年ぶりに復活させ、バージニア級原子力潜水艦の最新型「ブロックV」の1番艦(SSN-802)をオクラホマ、2番艦(SSN-803)をアリゾナと命名した。

参考:Acting SECNAV Names Two Newest Virginia-Class Subs for Greatest-Gen Heroes of Pearl Harbor

日本の真珠湾攻撃で沈没した英雄が約80年の時を経て蘇る

米海軍の原子力潜水艦は、伝統的に米国を構成する50州の州名に因んで艦名をつけているが、これまでオクラホマ州とアリゾナ州の州名は原子力潜水艦の艦名に用いられていなかった。

出典:public domain 大爆発を起こしたアリゾナ。同艦は真珠湾の艦艇群の中でも、もっとも被害が大きかった。

これは1941年12月8日、日本の真珠湾攻撃によって戦艦「オクラホマ」と戦艦「アリゾナ」が沈没、両艦合わせて1,669人(オクラホマ429人、アリゾナ1,177人)もの将兵が戦死したことに配慮しているためだが、今回、バージニア級原子力潜水艦の艦名として約80年ぶり(正確に言えば78年ぶり)に、オクラホマとアリゾナを復活させることになった。

出典:U.S. Navy photo illustration by Mass Communication Specialist 1st Class Paul L. Archer

この命名式に出席したトーマス・モドリー海軍長官代行は、第2次世界大戦に参戦した米国人を指す「最も偉大な世代(the Greatest Generation)」という表現を何度も使用し、オクラホマとアリゾナに住む市民達が、真珠湾で倒れた英雄たちを永遠に忘れず記憶し続けようとする海軍を理解し支持してくれるならば、他に望むべきものはないと語った。

因みに、ユタ州も日本の真珠湾攻撃によって沈没したフロリダ級戦艦2番艦「ユタ」への配慮のため使用されてこなかったが、2015年9月にバージニア級原子力潜水艦「ブロックⅣ」の最終艦(SSN-801)として74年ぶりに復活を果たしている。

ただし、日本の真珠湾攻撃では、もっと多くの戦艦が沈没したり損傷を受けているのに、なぜ戦艦「オクラホマ」、戦艦「アリゾナ」、戦艦「ユタ」だけが欠番扱いされてきたのか?

恐らく、上記の3艦以外の戦艦は、全て修理され戦列に復帰しているためで、それらの艦の州名は継続使用されている。

つまり戦艦「オクラホマ」、戦艦「アリゾナ」、戦艦「ユタ」は損傷が激しく、引き上げられないまま海の底に眠っているため74年以上、欠番扱いされてきたのだろう。

出典:public domain 引き上げられている最中の戦艦「オクラホマ」

補足:戦艦「オクラホマ」は引き上げられたが損傷が大きいため復旧を断念、スクラップとして売られサンフランシスコへ向かう途中、嵐に遭遇し沈没してしまったため、真珠湾の海の底には眠っていない。

日本でも第2次世界大戦に参戦した空母や戦艦、重巡洋艦につけられていた艦名が、自衛隊の護衛艦名として復活しつつあり、いずれ「やまと」や「ながと」などの艦名も復活する日が来るかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo courtesy of HII by Ashley Cowan バージニア級原子力潜水艦

調達よりも維持する方が大変? 戦闘機「F-22A」は退役にまでに1機約320億円が必要か前のページ

露のステルス戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落、原因は尾翼の不具合次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    秘密のベールを脱ぎ捨てるトルコの第5世代戦闘機「TFX」、パリでモックアップ公開

    フランスのパリで、6月17日から開催される「第53回パリ航空ショー」で…

  2. 軍事的雑学

    韓国型戦闘機「KFX」は第5世代機へ進化できる? 機体設計を完全にやり直すなら可能

    韓国が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」は、第5世代機並なステルス性…

  3. 軍事的雑学

    日本、トルコが抜けた「F-35開発パートナー国」の地位を狙う?米国に可能性を打診

    防衛省の整備計画局長、鈴木敦夫氏は米国の国防総省に対し、F-35プログ…

  4. 軍事的雑学

    韓国製訓練機「T-50」の天敵、ボーイング「T-X」の欧州参戦で大ピンチ?

    米空軍の次期高等訓練機「T-K」受注に失敗し、米国上陸を果たせなかった…

  5. 軍事的雑学

    カタパルトは不要、F/A-18E/Fは空母から「スキージャンプ方式」で発艦可能

    カタパルトを装備していない、スキージャンプ方式の空母からでも、F/A-…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    配慮だけじゃなくて、験担ぎということもあると思う。奇襲で沈められた艦というのは、不吉とまではいかなくてもめでたい名前ではないし
    日本でも「ともづる」とか「ふそう」「やましろ」とかはこう……

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      「うねび」は絶対イヤ。

      • oominoomi
      • 2019年 12月 26日

      「むつ」もちょっとあかんでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    アベに対するメッセージだろうな
    「お前の正体は分かってんだぞ」っていう

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      ?????

           (´・ω・`)
         /     `ヽ.   お薬増やしておきますねー
        __/  ┃)) __i |
      / ヽ,,⌒)___(,,ノ\

           (´・ω・) チラッ
         /     `ヽ.   
        __/  ┃  __i |
      / ヽ,,⌒)___(,,ノ\

           (´・ω・`)
         /     `ヽ.   今度カウンセリングも受けましょうねー
        __/  ┃)) __i |
      / ヽ,,⌒)___(,,ノ\

        • oominoomi
        • 2019年 12月 27日

        「アベ」に対する異常な偏執、トランプから脅されているという被害妄想
        診断名「妄想性パーソナリティ障害」

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      管理人さんへ
      時々書き込みが反映されずに無かったことにされてるけど
      なんかのワードで弾いてるんだったらまずこういうアホを排除して欲しいんもんだが…

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      あなたはなんでもアベなんでしょ?

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    「お船」に染まったアレな連中がまたなんかやらかさなきゃいいが…

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    回り回って戦艦復活しないかな〜
    ミサイル防御は戦艦の対空力と防御力みたいにならんかね

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      中国の公船は体当たりする為に、巨大化してるらしいですからね。撃たなきゃ大丈夫と。
      だとしたら大きいことはいいこと、なので戦艦クラスの重装甲がものを言う。
      うーむ、ロマン。

      • 匿名
      • 2019年 12月 26日

      対地攻撃には凄い便利だよね。湾岸戦争で無茶苦茶役に立ってた。海から40キロしか届かないAー10みたいなもんだけど、弾数は段違い、昼夜天候を選ばず敵策源地を40キロ押しやれる。

        • 匿名
        • 2019年 12月 27日

        ズムウォルトの事はもう 許してあげてほしい

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    タイトル詐欺!!

    宇宙戦艦ヤマト方式かと期待したじゃないか!!w

      • 匿名
      • 2019年 12月 27日

      そら、そう思うわな。

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    3つとも大陸内陸にある海無し州なんで、あまり軍艦の名復活に有権者の興味がなかっただけでは
    それか、あのあたりの上下院議員の関心を高める必要が海軍に生じたとか

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    大和 長門は 戦略原潜につける為に温存しておこう

      • 匿名
      • 2019年 12月 28日

      独立国 「やまと」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP