軍事的雑学

F-22よりもステルス性能が優れている?米空軍の新型無人偵察機「RQ-180」が運用状態に

米空軍は、以前から開発が噂されていたステルス無人偵察機「RQ-180」を、カリフォルニア州にあるビール空軍基地に配備し、実戦的な運用を始めていると報じられている。

参考:The U.S. Air Force’s Secretive New Drone Is a B-2 Lookalike

F-22よりも優れたステルス性能を持つ無人偵察機「RQ-180」が運用状態に入る

米空軍は1999年まで、敵の厳重な防空網をマッハ3.0で貫通できる「SR-71 ブラックバード」を運用していたが、後継機の開発をすることなく退役したため、同様の任務を遂行する事が出来なくなった。

補足:一応、SR-71を開発したロッキード・マーティン社が、マッハ6.0で飛行する極超音速偵察機「SR-72」を開発(2025年頃に初飛行予定)していると言われているが、あまりに情報が漏れ過ぎで、本当に開発しているのか怪しいと管理人は感じている。

出典:public domain SR-71B(NASA機)

そこで米空軍、敵の厳重な防空網をSR-71のように「スピード」ではなく、B-2のような「ステルス性能」で貫通できる無人偵察機開発を極秘裏に進め、最終的にノースロップ・グラマン社の提案した案が2008年に採用され、2009年から実機によるテストが始まった。

ノースロップ・グラマン社の「RQ-180」は、高度なステルス性能を獲得するため「B-2 スピリット」や「B-21 レイダー」によく似た全翼機スタイルを採用、RQ-180のレーダー反射断面積(RCS)は全方位において、F-117やF-22、最新のF-35を凌駕していると言われており、ロッキード・マーティン社の「RQ-170」よりも高度なステルス性能を備えているらしい。

出典:FOX 52 / CC BY-SA 4.0 ロッキード・マーティン社のステルス無人偵察機「RQ-170」

さらに「RQ-180」は18,000mの高高度を24時間飛行するため、全長約10mの機体に、なんと全幅約40mもある主翼を備えているらしく「RQ-180」は主翼内に、各種センサーや電子機器、エンジン、膨大な燃料を全て詰め込んでいることになる。

同機は2017年に最終テスト(北極上空の飛行)に合格し、翌年にはカリフォルニア州にあるビール空軍基地にRQ-180を運用するための実践的な部隊が設立され、現在では「完全な運用状態」を確立していると言われている。

今の所、「RQ-180」が実戦に投入されたという報道を見かけたことは無いが、活動自体が極秘なため、すでに中東方面で実戦デビューしている可能性も否定出来ない。

結局、私達が「RQ-180」の活躍(?)を知るには、イランに鹵獲された「RQ-170」にようにミスを犯したときだけかもしれない。

補足:イランによる無人偵察機「RQ-170」鹵獲事件は2011年12月に発生した。イランの領空に侵入した米空軍の「RQ-170(最終的にCAI所属機だったことが判明する)」は、イラン軍によってGPS信号を書き換えられ、所定の基地へ帰投したと誤認し、無傷のままイランの基地へ着陸し鹵獲されてしまった。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo/Senior Airman Tristin English

関連記事

  1. 軍事的雑学

    F-22再生産を支持した豪州、今度はステルス爆撃機「B-21 レイダー」購入を検討か?

    オーストラリアメディアは、米国のロス商務長官がオーストラリアへのB-2…

  2. 軍事的雑学

    視界外戦闘も可能、F-35のステルス性能を損なわない新型「AIM-9X」は万能か?

    ドックファイトで活躍することを前提に設計されたAIM-9「サイドワイン…

  3. 軍事的雑学

    欧米を後追いか?独自性か?日本の次世代戦闘機「F-3」開発が進まない理由

    航空自衛隊が運用しているF-2戦闘機の後継機問題で防衛省は、F-3とも…

  4. 軍事的雑学

    ステルス処理されたキャノピー不足が原因? 米軍、F-35の稼働率「80%達成」ならず

    7月16日、上院軍事委員会で開かれた公聴会で、次期国防長官に指名された…

  5. 軍事的雑学

    初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴

    米空軍は1989年7月17日に初飛行を行ってから30周年を迎える「B-…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本の新型「3000トン型潜水艦」は、そうりゅう型潜水艦を超える?

    2020年の東京オリンピックイヤーには、そうりゅう型潜水艦の後継艦とな…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 28日

    「イラン軍によってGPS信号を書き換えられ、所定の基地へ帰投したと誤認し、無傷のままイランの基地へ着陸し鹵獲されてしまった。」

    これには驚きました。自分がまだ軍事に関心がなかった頃で知りませんでした。有人機では先ず無いだろう大失敗ですね。着陸の時だけオペレーターが管制と連絡して確認すれば防げそうな気がしますが、当時はまさかこんな手段を使われるとは思っていなかったのでしょうか。

    こうした外部からの言わばハッキングに弱いのが無人機の難点なのでしょう。

    • 匿名
    • 2019年 10月 28日

    今では一般人でもGoogleで衛星写真を見られるというのに、偵察機がそこまでして必要なのかな?

      • 匿名
      • 2019年 10月 28日

      相手の動向をリアルタイムに把握するには人工衛星だけでは足りないんですよね。グーグルの衛星写真はそもそも長い年月をかけて作られたものなので比較するのもどうかと思います。

        • 匿名
        • 2019年 10月 29日

        偵察機を開発するお金で、衛星を大量生産する方法も無しでしょうか

      • 匿名
      • 2019年 10月 29日

      原口先生…こんなとこまで出張していただかなくても結構です

    • 匿名
    • 2019年 10月 28日

    やっぱ天測航法とセットがいいね
    GPS妨害にも耐えるし精度もそこまで悪くない
    アメリカもバカじゃないからもう対策してるだろうけど

    • 匿名
    • 2019年 10月 28日

    衛星写真ではリアルタイム性がないので、偵察機は必要ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP