軍事的雑学

軍事的雑学|米国がF-35の引き渡しを拒否する?トルコのS-400導入の本気度は?

今回はF-35のお話です。F-35導入国(予定)のトルコが、もしロシア製のS-400を購入するならF-35を与えてはならないとNATO(と言うより米軍の将軍)がいい出しました。

参考記事:Top US general in Europe: Don’t give Turkey F-35 if they buy Russian system

なぜトルコにF-35を売ってはいけないのか?

トルコは現在、防空ミサイル導入を検討中で、当初はパトリオットミサイルの導入が濃厚でした。既に米国議会の承認も出て、契約させ締結すれば輸出可能な状態です。しかしトルコはロシア製の防空ミサイルS-400導入を表明して手続きを進行中だと言われています。

では、トルコはなぜパトリオットミサイル導入から、S-400導入へ舵を切ったのか?トルコの言い分は「米国がパトリオットミサイルを売ってくれなかったから」だそうです。

これには言葉の裏の意味があります。

裏の意味は「米国はパトリオットミサイルの共同生産や、技術移転をしてくれなかったので購入を諦めた」と言う訳です。要するにS-400は当て馬で、米国から少しでも有利な条件を引き出すための駆け引きだと見る事ができます。

米国も、もしS-400を導入するならF-35を売らないと再三、様々なチャンネルを通じて発表してきました。今回はNATO側からも、NATOのシステム(パトリオットミサイル)に共通性のない、相互運用に問題のあるS-400を導入すべきではないと警告しています。

本気でS-400を購入するとは思えない。

トルコがS-400を本気で導入する気がないだろうと推測するもう一つの根拠に、F-35Aの導入が挙がります。

トルコはF-35Aを100機導入予定です。既に米国にF-35A受領のためのパイロットを送り込んで訓練を行っています。しかもトルコはF-35の製造にも関わっていて、トルコ国内で製造されたF-35の部品の出荷を始めています。もう一つ付け加えれば、トルコにF-35が搭載するエンジン“F135”をオーバーホールするための工場を作ると言う話まであります。

出典:ロッキードマーティン社

ここまでF-35に深く関わって置いて、S-400導入のために全てを台無しにするとは思えません。トランプ政権はトルコへのF-35引き渡しを禁じる法案に署名をするなど、対抗措置を講じているので、仮にトルコがS-400を導入すればF-35の引き渡しを本気で阻止する構えです。

果たして、トルコはF-35を捨て、S-400を導入する価値が果たしてあるのか?とても疑問です。

もう一方から眺めると・・・

さらに、もう一つの視点から推察してみます。

近年、トルコは軍事兵器の国産化に取り組んでいて、主力戦車のアルタイを開発、第5世代戦闘機(TFX計画)の開発など、活発に軍事兵器の国産化を進めていますが、国内の人権侵害問題で、主力戦車アルタイのパワーパック(エンジン+変速機がパッケージになったもの)の輸入が出来なくなるなど、様々な困難に直面してるのが現実。

もし今回、ロシアからS-400を導入すれば、今度は第5世代戦闘機の開発に協力しているBAE社の離脱が避けられなくなり、TFX計画は完全にストップするだろうと予想されますが、主力戦車アルタイのパワーパック「6TD」をウクライナから調達するなど、したたかさを見せるトルコ外交。

BAE社が離脱しても、案外、ロシアの協力を取り付ける算段でも付けているかもしれません。

結局、トルコのエルドアン大統領は、2016年のクーデター未遂事件(反対勢力に対しての粛清)について、西側諸国からの文句にうんざりしているので、ロシアへ乗り換えようとしているのでは?とも考えられます。

そう考えれば、S-400の導入は、ロシア乗り換えの口火にしか過ぎないのかもしれません。

管理人は経済が苦手なので、そういった方面から見た場合、どうなのかは、ちっとも分かりません。

 

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|ステルス戦闘機「F-35」は勝手に整備も出来ない?

    日本も導入しているステルス戦闘機、F-35タイプの整備について簡単にま…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|伝説のステルス攻撃機「F-117」が米国で訓練飛行を再開!事実上の現役復帰か?

    2008年に全機退役したが、2017年中東地域に再配備され、一時的に任…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国型戦闘機「KFX」で第5世代に対抗は不可能?インドネシアから見たKFXの真実!

    韓国のKFX開発のパートナーであるインドネシアが、KFXについて、どの…

  4. 軍事的雑学

    AIM-120を超える長射程実現!米空軍、新型空対空ミサイル「AIM-260」公表

    米空軍は、中国が開発した長射程空対空ミサイル「PL-15」に対抗するた…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|いずも型護衛艦「かが」海外派遣!海上自衛隊「ISEAD2018」を見てみよう|後編

    前回に引き続き、去年行われた海上自衛隊の「平成30年度インド太平洋方面…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 06日

    すっかりエルドアンのAKP独裁体制になったトルコがいつまで西側にいるかも心許ないと思いますね。
    ロシアとイラン(と欧州に押し寄せる難民)を睨むとトルコを味方につけるよりないのはわかりますが。

    • 匿名
    • 2019年 3月 07日

    シリア撃墜事件があったのに、ロシアもトルコもすさまじいな~

    • 匿名
    • 2019年 3月 07日

    トルコのTF-Xだが、5世代機と意欲的だった
    しかも、自国産のGaNを使用したレーダー、自国開発中の炭素繊維を使用とすごい
    エンジンはさすがに外国製(ロシア製?)。推力9トン2基でスーパークルーズだって
    KF-X並みに注目だわ

    • 匿名
    • 2019年 3月 25日

    トルコはせっかくの人口ボーナス期を政治によって棒に振ってしまってる感が否めませんね。
    エルドアン大統領は、トルコが今先進国へ飛躍出来る最後のチャンスであるという認識が欠如していて、とても傲慢に見えます。
    アメリカはそんなに甘くありませんよ。
    地政学的にトルコが必要なだけであって、アメリカはトルコを政治的に抹殺してでもあの土地に執着するでしょう。
    そうすれば、最悪トルコを分裂に導く等政治的に大きな代償を払わされるでしょう。
    そんな時、ロシアが真の友人として頼りになるとは思えません。
    結局、弱いトルコは付け込まれロシアにも高い代償を払わざるを得ない未来が見えます。
    アメリカの友人として振る舞っているのが、経済力のないトルコにとって最良だったのに、もう本当に引き返せない段階まで来てしまっている感があり、残念です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP