軍事的雑学

軍事的雑学|1機たったの120万円?米軍が開発中の「使い捨て無人輸送機」が斬新過ぎ!

現在、米国が開発中の、物資輸送のための使い捨て無人輸送機が斬新なのでご紹介します。

参考:Logistic Gliders Inc

最前線へ物資輸送を行う、激安無人輸送機!

米国企業のLogistic Gliders社が、国防総省傘下の国防高等研究計画局と、海兵隊海兵隊戦闘研究所からの出資で開発中の、“物資輸送専用の使い捨て無人機”。

この無人機は動力を持っていません。安価な素材で、手頃な無人アビオニクスを採用し、折りたたみ式のトラス・ブレース翼を採用した機体には、MH-60、CH-130、C-17、CV-22、CH-47等の固定翼機や回転翼機に搭載可能。

航空機やヘリから投下されると、折りたたみ式のトラス・ブレース翼が展開し、グライダーの要領で滑空しながら目的地まで飛行します。その後、目的地に到達するとパラシュートによる地上への降下で接地するので、滑走路が必要ないという斬新な方法。

トラスとは、三角形の形をした構造様式のこと。ブレース翼とは支柱で翼を支える構造のこと。

出典:Pixabay トラス・ブレース翼

開発されているのは2タイプ

タイプ“LK-1K”は、全長3.2m、全幅(トラス・ブレース翼展開時)7.1m、物資搭載量は約320kg。このタイプは米海兵隊の出資で開発。

タイプ“LG-2K”は、全長3.9m、全幅(トラス・ブレース翼展開時)8.3m、物資搭載量は約725kg。このタイプは国防高等研究計画局の出資で開発。

この方法による物資輸送の利点は、輸送航空機やヘリの安全性を高め、輸送にかかる燃料費を節約でき、複数の輸送先へ同時に輸送できること。もし攻撃を受けても安価な損失で済むという点。

 

1機、120万の使い捨ては高いのか?安いのか?

非常に素晴らしいけど、動画見る限り、ガムテープ(?)で補強してある箇所がちらほら・・・ 安価すぎない?

きっと機体は木材だ(笑)

安定尾翼なんてL字金具で固定してるし・・・

想像以上の激安無人グライダー!!!

出典:Pixabay C-130

これで要求が満たせるなら問題ないんだろうと思います。どうせ使い捨てだし・・・

ただ、使い捨てとは言っても海兵隊バージョンの“LK-1K”は、海兵隊からの要求として、1機あたりのコストが1万1000ドル(約120万円)を越えてない範囲を求められているので、1回の輸送に120万円を使い捨てると考えると・・・ 一般人の感覚では勿体無い気がする。

安全の確保されていない最前線への輸送で、120万円でリスク回避できるのなら安いと考えるものなのか? 自分の財布から出せと言われたら破産します(笑)

あと本当、米国は金をかける所と、全くかけないところの差が激しい。日本なら見えないところまで匠の精神で綺麗に成形しそうだし・・・

 

以上、米国が開発中の、物資輸送のための使い捨て無人輸送機でした。

最初に、動画を見たときはダンボールで作った飛行機が飛んでるのかと思ったのは内緒(笑)

 

※アイキャッチ画像の出典:YouTubeのLogistic Gliders Inc. Flight Test Highlights as of Jan 2019 キャプチャ画像

軍事的雑学|サウジが韓国K2戦車を購入?頑固なドイツ、強かな米国、天狗な韓国前のページ

奇妙な事故?|仏空軍所属の戦闘機「ラファール」、射出座席が離陸中に作動し搭乗者を放り出す次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    決断の時? 豪州、世界で最も高価な潜水艦「アタック級」調達中止を検討か

    オーストラリアの公共放送「ABC(豪放送協会)」は11日、豪国防省はコ…

  2. 軍事的雑学

    高価過ぎたF-22、開発の終わらないF-35、この教訓を次世代戦闘機「FX」にどう活かす?

    米空軍が現在、研究を行っている次世代戦闘機「FX」は、F-22ラプター…

  3. 軍事的雑学

    FMS契約の不備? 豪州、事故で失った電子戦機「EA-18G」賠償を要求するも米国が拒否

    オーストラリア空軍(以下、豪空軍)は昨年、エンジン火災によって導入が完…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|中国が空母にステルス戦闘機を搭載?ステルス戦闘機「J-31」の長所と短所

    中国共産党の機関紙「人民日報」が、将来、空母の艦載機として中国が開発し…

  5. 軍事的雑学

    高額な導入費用の謎、F-16はコスパに優れた戦闘機というのは幻想か?

    最新型のF-16の機体価格については諸説あるのだが、block70/7…

  6. 軍事的雑学

    第4.5世代機「ラファール」は、インドにとっての「現実的」なステルス戦闘機?

    インドのシン国防大臣は9月8日、フランス南西部のボルドーにあるダッソー…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 22日

    動力もないならパラシュートでよくない?

      • 匿名
      • 2020年 1月 07日

      誘導できないパラシュートで投下するなんて、文字通り敵に塩を送るようなもんです。

    • 匿名
    • 2019年 3月 22日

    どれぐらい滑空できるのかなぁ。
    距離によっては凄い効果が出そうだけど。
    仮に十キロなら往復で20k分燃料節約と、その分の危険を減らせる訳か。

    • 匿名
    • 2019年 3月 22日

    大戦時もグライダー活躍してたね。静音性の面でも。

    • 匿名
    • 2019年 3月 22日

    ガムテープはカメラやセンサーを付ける際に外れたりしないためです。

    • 匿名
    • 2019年 3月 23日

    最前線でドンパチやってて弾持ってこいアパーム!って状況でパラシュートで空中投下しようとすると
    風に流されて敵の手に落ちたら最悪だし、狙った位置に落とそうとすると低空で投下しなきゃで危険度アップだしで
    こいつ実用化出来たらお得かつ便利でしょ

    • 名無し
    • 2019年 4月 13日

    これに爆弾積んで、敵の後方に着陸させて敵が退却して通りかかったらセンサーで爆発するってのは駄目かな!

    • 匿名
    • 2019年 5月 23日

    戦場で配達頼んだらこれがくるわけね

    結構な重さのものまで運べるから使い勝手良さそう

    • 匿名
    • 2019年 9月 09日

    輸送機
    輸送機から発射できる安価なスタンドオフ兵器としても使えそう。
    木製ならステルス性もバッチリ?

    • 匿名
    • 2019年 9月 26日

    映画ホース・ソルジャー見ました
    アフガニスタンに降下するアメリカ軍
    だが何も考えずに物資をパラシュート投下したのが大失敗
    みんなアフガニスタン人に回収され、露天で売り出される始末、食料も衣類も武器も
    アメリカ軍はピンポイントで物資を落とす方法、現地人に物資を略奪されない方法を今も模索中です

    • 匿名
    • 2019年 12月 21日

    将来米amazonはこの方法で配達します

  1. 2019年 9月 17日
    トラックバック:軍用ドローンスレッド part1
  2. 2019年 9月 17日

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP