軍事的雑学

ライトニングキャリアが日本に到着! 米海軍、最新鋭強襲揚陸艦「アメリカ」の佐世保配備が完了

米海軍の最新鋭強襲揚陸艦「アメリカ(4万5,600トン)」は12月6日、ノーフォーク海軍基地に母港が変更になった強襲揚陸艦「ワスプ(4万1,300トン)」の代わりとして、長崎県にある佐世保基地に到着した。

参考:USS America Arrives in Japan as Latest Amphib Force Addition

F-35B運用に適した強襲揚陸艦「アメリカ」=ライトニングキャリアを日本へ配備

米海兵隊の極東前進配備の一貫として、2018年1月に日本の佐世保基地へ配備された強襲揚陸艦「ワスプ(4万1,300トン)」は、ワスプ級強襲揚陸艦のネームシップとしてイラク戦争やイスラム国との戦いで活躍し、垂直離着陸機の「V-22 オスプレイ」や海兵隊向けのステルス戦闘機「F-35B」を初めて搭載し運用を行った船としても有名だ。

出典:public domain ワスプ級強襲揚陸艦

しかし、ノーフォーク海軍基地へ母港が変更になった強襲揚陸艦「ワスプ」は佐世保配備から21ヶ月後の2019年9月、佐世保を離れ米国本土へと帰国の途についたが、米海軍は中国や北朝鮮を抱える極東に、最新のアメリカ級強襲揚陸艦のネームシップ、強襲揚陸艦「アメリカ(4万5,600トン)」の配備を発表済みで、12月6日に佐世保基地へ到着した。

タラワ級強襲揚陸艦の後継艦として建造されているアメリカ級強襲揚陸艦は当初、これまでの強襲揚陸艦が備えていたウェルドックを廃止し、LCAC(エア・クッション型揚陸艇)による兵力や装備の揚陸機能を削除し、回転翼機やV-22による兵力や装備の揚陸・輸送に特化した設計が特徴で、F-35Bを通常編成(6機)よりも多く搭載した通称「ライトニングキャリア」=軽空母運用に最適化されている。

補足:米海軍と米海兵隊は2019年4月、フィリピン軍との共同訓練に派遣した強襲揚陸艦「ワスプ」にF-35Bを10機搭載(飛行甲板上に駐機されたF-35Bを数えただけで格納庫にもF-35Bが搭載されていた可能性がある)し、これまで空想の産物でしかなかった「ライトニングキャリア」という概念を実際にテストしたと言われている。

出典:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Juan Anaya/Released

実際、強襲揚陸艦「アメリカ」は日本へ向かう前の10月、東太平洋上で「ライトニングキャリア」編成による洋上訓練を実施中しており、その様子は米海軍のホームページ上で公開され、飛行甲板上に13機のF-35Bを並べた姿が確認できる。

但し、アメリカ級強襲揚陸艦の3番艦以降は米海兵隊の強い要望で「ウェルドック」が復活し、航空機関連のスペースが減少するため、ライトニングキャリアを最も体現するのに適した1番艦「アメリカ」と2番艦「トリポリ」は米海軍の中でも特別な存在になってしまうだろう。

今回、佐世保に配備される強襲揚陸艦「アメリカ」はウェルドックを持たないため、サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦「ニューオーリンズ」も追加配備されており、これで日本にはサン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦が2隻配備されていることになる。

出典:public domain サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦

強襲揚陸艦「ワスプ」に比べ、F-35Bの運用能力が向上している強襲揚陸艦「アメリカ」の日本配備は、横須賀を母港に活動する空母「ロナルド・レーガン」と共に中国の南シナ海や東シナ海での動きを牽制し、北朝鮮への軍事的圧力を引き上げる効果があると予想される。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Chad Swysgood 強襲揚陸艦「アメリカ」

やっぱり無理だった? 韓国、名品武器と喧伝した複合型小銃「K-11」開発・量産を正式に中断前のページ

中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    世界中から失笑されるドイツ軍を再建?ドイツ政府、軍の調達システム改革に着手

    ドイツのカレンバウアー国防相は、自国の軍隊が世界中から笑い者になってい…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|狙われたら最後?ASM-3を超える最強対艦ミサイル「ブラモス」が“最凶”へ進化

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”によると、ロシア・インドが共同開発し…

  3. 軍事的雑学

    F-35A導入で決まり?カナダ次期戦闘機候補から「タイフーン」撤退

    7月30日、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース(エアバスの防衛・…

  4. 軍事的雑学

    手に負えないコストが襲いかかる、米国にとって「最悪」な5つの兵器開発計画

    最終的なコスト負担の底が見えないF-35、見掛け倒しのズムウォルト級ミ…

  5. 軍事的雑学

    粋なサプライズ演出? ロシア航空ショーに伝説の戦闘機「SU-47」が登場

    ロシアは現在開催中の「MAKS国際航空ショー」に、伝説の戦闘機「SU-…

  6. 軍事的雑学

    ベル「水陸機動団にAH-1Zが最適」、陸上次期戦闘ヘリ選定へアピール

    MAST Asia 2019に参加しているベル・ペリコプターが、陸上自…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 07日

    F-35Cの配備が進んでいない現状、航空戦のみならライトニングキャリア状態のアメリカ級が最強の空母かも?

      • 全てF-35B
      • 2019年 12月 08日

      早期警戒機の機能を代替出来るなら、という条件が付く。

    • 匿名
    • 2019年 12月 07日

    正面から見ると、よりきっちきちに見えますね……
    こんな空間で整然と航空機を並べられる手腕に驚きます
    自動運転車の縦列駐車機能みたいなのが欲しくなるな

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    ウェルドックが無い強襲揚陸艦て
    とどのつまりヘリ空母だよね?
    って思うの自分だけ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP