過去の記事一覧

  1. 軍事的報道

    延期に次ぐ延期で遅れは1年以上、韓国向け「グローバルホーク」が連発する謎の不具合

    韓国が購入した米国製無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」の引き渡しが再び延期され、一体いつになれば韓国に到着するのか不透明な状況になってきた。…

  2. 軍事的雑学

    空母を大型輸送艦と偽るのはなぜ?韓国海軍が導入する「軽空母」の実力

    韓国海軍は、韓国型軽空母建造(事業名:大型輸送艦-Ⅱ)を進めるため、空母設計に必要な技術や仕様を研究するための提案依頼書を配布し、今後、競争入札の形式で概念設計…

  3. 軍事的報道

    ドイツ海軍、空母「グラーフ・ツェッペリン」以来となる空母建造話?

    ドイツ海軍は、海上輸送路確保のために、もっと多くの艦艇を必要としており、この中にはヘリコプター搭載空母も含まれているという主張がドイツの政治家から飛び出した。…

  4. 軍事的雑学

    戦闘機不足の次はパイロット不足?失態続きのドイツ空軍に国民も失望か

    まともに飛行できる戦闘機が不足しているという問題に悩まされてきたドイツ空軍では、現在、戦闘機よりもパイロット不足に悩まされているという。…

  5. 軍事的雑学

    今度はCGではない!韓国、第4.5世代戦闘機「KFX」実物大モックアップを公開

    韓国国防部は19日、来月15日からソウルで開催される「ソウルADEX 2019」に、開発中の韓国型戦闘機「KFX」実物大モックアップを展示すると明らかにした。…

  6. 軍事的報道

    年間24機購入希望? ボーイング、F-15EXが採用した「次世代技術」アピール

    F-15EXを製造するボーイングは9月18日、同社のSNSに米空軍向け「F-15EX」の最新動画をアップし、次世代の技術をF-15EXは備えていることを示した。…

  7. 軍事的雑学

    予想を超えるダメージ蓄積?米空軍、可変翼爆撃機「B-1B」維持を断念か

    米空軍参謀総長のデービッド・L・ゴールドファイン氏は9月17日、予想を上回る機体構造への疲労蓄積が原因で、爆撃機「B-1B ランサー」を手放す可能性について示唆…

  8. 軍事的報道

    問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

    米空軍が採用した次世代の空中給油機「KC-46A ペガサス」を製造するボーイング社が17日、日本の航空自衛隊向け「KC-46A」の組み立てを開始したと発表した。…

  9. 軍事的雑学

    空母不足が続く米海軍、空母打撃群を「空母なし」という異例の編成で派遣

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン(10万3,800トン)」を中心とする空母打撃群は、空母が「ない」という異例の編成で母港、ノーフォーク海軍基地から海外…

  10. 軍事的雑学

    艦載機のステルス化が進む中国、今度は空母にステルス無人機を配備

    最近、中国初のステルス戦闘機「J-20」の艦載機化が有力だと報じられたばかりだが、今度は国産空母「001A」が、ステルスドローン「Sharp Sword」を搭載…

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP