過去の記事一覧

  1. 軍事的報道

    逼迫する「空母派遣」需要解決の妙案?英空母に米海兵隊F-35Bを搭載し共同作戦を行う!

    米海兵隊のスティーブン・R・ラダー中将は、今週初めに米国メリーゴランド州で開催された会議の場で「海兵隊のF-35Bと、英海軍空母との組み合わせによる共同軍事作戦…

  2. 軍事的報道

    1機たったの56億円?米海軍が導入する新型「F/A-18E/F blockIII」は超リースナブル!…

    ボーイングは「Sea Air Space 2019」で、米海軍が調達を予定している「F/A-18E/F “スーパーホーネット” blockIII」の概念を発表し…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|「F-35」と旧式化した空対空兵器「AIM-120」で、中国のステルス機に対抗可能か?

    米国を中心とする西側諸国が運用を始めた、第5世代ステルス戦闘機「F-35A ライトニングⅡ」にとって、最大の脅威が中国初の第5世代ステルス戦闘機「J-20」だ。…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|丸腰に近い韓国型戦闘機「KFX」、米国製空対空ミサイル使用を禁じられる!

    韓国型戦闘機「KFX」の開発は順調だが、米国に対して、米国製の航空機搭載兵器のKFXへの搭載=KFXのシステムへの統合を行うための、兵器情報を開示を要請したが拒…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|「F-35BライトニングⅡ」入手は絶望的?トルコ初の空母「アナドル」が進水!

    トルコが軽空母としても運用可能で、スキージャンプ台を備えた強襲揚陸艦「アナドル」を5月3日、イスタンブールにある造船所のドックから進水させた。…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|史上初、米海兵隊所属のF-35Bが「エレファント・ウォーク(象の行進)」を披露!

    米国海兵隊は、サウスカロライナ州にあるビューフォート基地で、第501海兵戦闘攻撃訓練飛行隊のF-35B“ライトニング II”が「エレファント・ウォーク」を実施し…

  7. 軍事的報道

    F-35Aのウェポンベイ内搭載量アップ、対空戦闘能力を50%向上させる新兵器「Sidekick」完成…

    F-35を開発したロッキード・マーティンは、F-35A/C型のウェポンベイに携行可能な対空ミサイル「AIM-120 AMRAAM」の数量を、現在の4発から、6発…

  8. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米海軍流コスト削減方法?「退役空母」を再利用して「新空母エンタープライズ」建造!

    1960年に進水した、世界初の原子力空母「エンタープライズ」は、米海軍の戦闘艦として最長の就役期間を記録し、およそ半世紀の間、米海軍の象徴として世界中の海に君臨…

  9. 軍事的雑学

    軍事的雑学|無謀な挑戦?世界で8ヶ国目の「第5世代戦闘機」開発に名乗りを上げた意外な国

    現在、第5世代戦闘機を開発済み、開発中・開発計画がある国は、米国、ロシア、中国、インド、日本、韓国、トルコの7ヶ国だ。そこに中国との共同開発の経験しか持たないパ…

  10. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国「残念な仕様」の新型イージス艦!謎の「SM-3『級』防空システム」とは?

    韓国メディアの報道によれば、新型イージス艦には、弾道弾迎撃ミサイル「SM-3」級の防空システムを搭載し、3000トン級潜水艦BatchⅡには、搭載蓄電池をリチウ…

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP