ロシア関連

バフムートを巡る戦い、露ワグナーがクリシェイフカを支配したと発表

露ワグナーを創設したプリゴジン氏は19日「クリシェイフカは我々の支配下にある」と発表、このニュースはニューヨーク・タイムズ紙など海外メディアも報じ始めており、バフムートを取り巻く状況は悪化するばかりだ。

参考:Russian Fighters Claim Control of Key Village Near Bakhmut

ウクライナ軍はクリシェイフカを失ったか、失いかけている可能性が高く、バフムートの状況に明るいニュースはない

バフムート戦線で戦闘に従事していると推定されるチェコ人義勇兵(@HonzaUA)が16日「もうクリシェイフカは我々のものではない。ここの戦いで多くの戦士を失ってしまった。とにかく何が起きても我々は諦めず任務をやり遂げる覚悟だ」と明かし注目を集めていたが、露ワグナーを創設したプリゴジン氏も19日「クリシェイフカは我々の支配下にある」と発表した。

※記事下には「ウクライナ軍兵士の遺体が映る映像」があるので見たくない人はスクロールするのを止めた方がいい。

出典:GoogleMap バフムート周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

このニュースはニューヨーク・タイムズ紙(クリシェイフカの状況をウクライナ当局に問い合わせたが回答を得られていないと報じている)など海外メディアも報じ始めているが、今のところ当該地域に関する視覚的な証拠は見つかっていないので正確な状況は不明だ。

クリシェイフカにロシア軍(ワグナー)の部隊が到達して拠点内で交戦が発生しているのは間違いなく、ウクライナ軍が防衛により有利な後方の高台に後退したとしても不思議はないが、バフムートに繋がる幹線道路のM03とT0504まで「あと数キロ」の地点にロシア軍が迫っているのは事実なので楽観視できない。

因みにソレダルを占領したロシア軍(ワグナー)は市内で殲滅したウクライナ軍兵士の遺体をメディアに公開しており、RTの特派員は「ソレダルとその周辺で外国人傭兵を含む何百人ものウクライナ軍兵士が捕虜になった。これとは別にソレダル市内には外国人傭兵とウクライナ人兵士の遺体を管理する場所が用意され何百人もの遺体が保管されている」と報じている。

追記:ロシア軍はクリシェイフカを3方から攻撃し「イワニフスキーにも迫っている」という報告が多数ある。

関連記事:バフムートは危機的状況、クリシェイフカがロシア軍に占領された可能性

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

スウェーデンが過去最大のウクライナ支援を発表、アーチャーとCV90などを提供前のページ

米空軍はF-35Aを重視、将来戦力として期待されなくなってきたF-22A次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    サイバーパルチザンが再びサイバー攻撃、ロシア軍の補給妨害が目的か

    軍用貨物の移動を阻止するため再び「Belarusian Cyber-P…

  2. ロシア関連

    ロシア軍がウクライナの森林伐採をプーチンに要請、売却益を軍の資金に?

    ウクライナ国防省の諜報機関はショイグ国防相がプーチン大統領に宛てた3月…

  3. ロシア関連

    ロシア、20日に開幕するMAKS国際航空ショーでシングルエンジンの新型戦闘機を発表

    ロシアの国営企業「ロステック(英:Rostec / 露:Ростех)…

  4. ロシア関連

    急遽招集されたロシア軍兵士5,000人、ウクライナ派遣を拒否して暴動?

    ウクライナメディアのObozrevatelは27日、招集された約5,0…

  5. ロシア関連

    仲間を失った兵士の怒り、味方戦車に轢かれて病院送りのロシア軍指揮官

    英国のThe Times紙は26日、ウクライナでの戦いで所属する兵士の…

  6. ロシア関連

    米国の自滅を狙うロシア、トルコに技術移転を行いS-400の現地生産を行うと発表

    ドバイ航空ショーに出席したロシア連邦軍事技術協力局長のシュガエフ氏は「…

コメント

    •  
    • 2023年 1月 19日

    クリシェイフカはそこまで重要ではありませんし陥落は時間の問題だったのでともかくとして、重要なのはT0504がロシア軍先鋒にどこまで迫られているかですね。

    4
      •  
      • 2023年 1月 19日

      流石にこれは時間の問題でしょ……

      11
    • white knight
    • 2023年 1月 19日

    政治主導のために、お互いに攻勢の限界点が重なったところで休戦も停戦もできないからつらいね。
    リソースを一点に集中させて、ロシアも勝利演出の一つくらいして見せないと世論を慰撫できないのだろう。
    どうせ、欧米の追加支援パッケージが届きはじめればまた状況も動くだろうし、ひょっとしたらロシアも民間軍事会社名目でセルビアやベラルーシあたりからマンパワーを引っ張って来るかもしれんし。
    アコーディオンのように行ったり来たりするのが戦争の実像らしいので、これからも長い目で観察していくことになる。
    果たしてこの先、いつまで続くことやら。

    14
    • チェンバレン
    • 2023年 1月 19日

    ぐぬぬ…

    1
    • 2023年 1月 19日

    バフムートはまだまだ治まりそうにないですね。
    次の大攻勢とやらがどんな物かは分かりませんが、ウクライナには耐えて欲しい。

    2
    • たら
    • 2023年 1月 20日

    ウクライナにとって、純軍事的に最も効率よくロシア軍を消耗させることのできる防衛ラインはどこなんでしょうね?政治的な思惑も重要なので、難しいのは承知ですが、末端の兵士のことを考えると、ぜひそこに部隊を配置してあげてほしい。

    2
      • TKT
      • 2023年 1月 20日

      第一次世界大戦のときのフランスの首相、ジョルジュ・クレマンソーがいっていますが、国家間の戦争とはあくまでも政治、外交の延長であり、純軍事的な効率というのは全く意味を持たない幻想なのです。

      純軍事的な効率を考えて、帝政ドイツ軍のファルケンハインが選んだのがヴェルダンでしたが、そこを攻撃してフランス軍が休戦することはなく、かえってドイツ軍の方が大きな政治的打撃を受けることになりました。

      ソレダルが占領されれば、ソレダルは重要でなかったのでもっと有利な地区へ退却したんだ、クリシェイフカが占領されれば、クリシェイフカは重要でなかったからもっと有利な地区へ退却した・・・、などと言い続ければ、最終的にはドネツク州全体が重要でなかった、防御に不利だから退却しよう、となるかもしれません。

      純軍事的に防衛に効率的な、有利なラインとは、ヘルソン州の戦いでも明らかなように
      「ドニエプル川」
      ですが、ドニエプル川の西岸に防衛ラインをつくるならば、ドネツク州は全て放棄しないといけません。

      ドネツク州は、険しい山岳地帯や、大河のない、平たんな地形が多く、防衛に不利であるからこそ、岩塩鉱山の地下坑道の多い、バフムトの周辺地区が重視されていたのです。

      つまりソレダルや、クリシェイフカなどこそが、純軍事的に最も効率よく防衛ができる地形であり、そうであるからころロシア軍も重視し、今まさにそこが制圧されるつつある、と考える方がずっとわかりやすいと言えます。

      6
    • paxai
    • 2023年 1月 20日

    ワグネルばっか前線で目立ってるのは気になるねえ。
    割合から考えてもロシア正規軍もこの方面にいるはずでしょ?

    1
      •  
      • 2023年 1月 20日

      ワグナーは営利団体ですから宣伝もお仕事の内なんでしょう。
      出てくる情報もあまり重要ではない既に包囲されたソレダルやクリシェイフカの制圧などといったものなので確認にしかなりません。

      5
      • k.ziro
      • 2023年 1月 20日

      ロシア正規軍よりワグナーの方が柔軟で対応力が高いとも聞きますねえ

    • 匿名
    • 2023年 1月 20日

    クリシェイカフカは平原だらけですからね。

    ロシア軍ブロガーTwitterにロシア軍の空挺部隊のT90Mが待ち伏せ防衛しているT72多分ポーランドのウクライナ戦車一台二発ぐらいは先にあてているのに、一発の反撃で撃破されていましたからね。劣化ウラン弾使える戦車だから、待ち伏せしても一対一だと勝ち目ない。

    2
    • 2023年 1月 20日

    ロシア側のほうが死屍累々なんでしょうけど、こういう遺体画像見せられるとしんどいです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP