ロシア関連

可変翼機の白鳥が空を飛ぶ!ロシア、戦略爆撃機「Tu-160」の超カッコいい動画を公開

ロシア航空宇宙軍は、秘密のベールに包まれていた可変翼機の超音速戦略爆撃機「Tu-160」の動画を公開した。

参考:Ракетоносец Ту-160 снялся в эффектном видео

ロシアの白鳥「Tu-160」の迫力満点の動画を公開したロシア航空宇宙軍

旧ソ連が開発した可変翼機構を採用した超音速戦略爆撃機「Tu-160」は、ソ連崩壊時期と製造時期が被り、たった35機(試作機8機+量産機27機)しか製造されなかったレアな爆撃機で、現在、ロシア航空宇宙軍が14機から16機を運用中だ。

Tu-160は、しばしば米国のB-1によく似ていると言われている=パクったと言われるが、当時のソ連は「同じコンセプトを目指した結果、同じ形になった」と反論している。

米国は当初、高高度を超音速飛行で飛び、敵地奥深くの目標に対し核兵器を投下するためB-1Aを開発したが方針の変更により、敵地奥深くの目標に対し「超低空飛行」による通常兵器の攻撃を行うB-1Bとして復活したが、Tu-160は高高度を超音速飛行で飛ぶB-1Aのコンセプトを受け継いただ爆撃機として開発された。

出典: Alex Beltyukov / CC BY-SA 3.0

ロシア航空宇宙軍は現在、Tu-160を巡航ミサイル運搬のプラットフォームとして活用しており、核弾頭を搭載した巡航ミサイル「RKV-500B」なら最大12発、航空機搭載型の短距離弾道ミサイル「Kh-15P」なら最大24発搭載することが可能だ。

ロシアは2018年、カザン航空工場でTu-160を改良した「Tu-160M2」の製造を再開し、新規製造したTu-160M2を約50機程度調達する見込みで、2021年までに最初のTu-160M2がロシア航空宇宙軍に引き渡される予定になっている。

今回、ロシア航空宇宙軍が公開したTu-160の動画は、単にTu-160の飛行シーンを外から撮影したものではなく、離陸前から飛行中、基地に帰投するまでのコックピット内映像はもちろん、コックピットから見た飛行中の風景、兵器倉内から見た巡航ミサイルの投下シーン、軽快に飛行するシーンを幾つものカメラで撮影し編集された非常に内容の濃い動画だ。

※動画に出てくる戦闘シーンは、実際のシリア攻撃の際の映像

ここまで内容の濃く、鮮明に撮影されたTu-160の動画公開は、恐らく初めてではないだろうか?

因みにロシアでは現在、Tu-22MやTu-160、Tu-95といった機体の後継機として、ステルス爆撃機「PAK DA」の開発が行われており、試作機の完成は2021年までに行われ、テスト飛行は2025年前後から開始されると言われている。

この機体は超音速飛行よりもステルス性能が重視された設計で、1万2,000kmの航続距離を持ち、最大7,000kmの射程を持つミサイルを搭載すると言われているが、詳細については不明な部分が多く、上記のスケジュールが本当に守られるのか分からないため、ロシアの白鳥は今後も当分の間、ロシアの戦略爆撃機の顔として君臨し続けるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0

協定破棄で困るのは日本?韓国、北朝鮮「弾道ミサイル発射」事実把握で日本に負ける前のページ

日本の空母「いずも」で米F-35B運用?米国が推進する日英空母「クロスデッキ」化次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    モスクワとサンクトペテルブルクの議員19人がプーチンの辞任を要求

    露独立系メディアのThe Insiderは12日、モスクワとサンクトペ…

  2. ロシア関連

    ロシア国防省、クロモヴェ突破が失敗して部隊を後退させたと認める

    ロシア国防省は遠回しに「バフムート周辺のクロモヴェ突破が失敗に終わり、…

  3. ロシア関連

    誰かに失敗の責任を押し付けたいプーチン、ゲラシモフ参謀総長が停職?

    ウクライナ大統領府顧問のオレクシー・アレストビッチ氏は11日夜、戦勝記…

  4. ロシア関連

    ロシア海軍が艦艇にカミカゼドローンを配備か、演習で非常に効果的と確認

    露メディアのイズベスチアは先月末、国防省筋からの情報に基づき「ロシア海…

  5. ロシア関連

    ロシアによる傭兵募集は苦戦、楽な戦いではないためシリア側が難色か

    ウクライナ国防省情報総局は23日、多くのシリア人兵士は傭兵としてウクラ…

  6. ロシア関連

    集めても逃げていくロシア軍兵士、南オセチアの兵士300人が帰国した理由

    ウクライナ国防省は「ロシア軍が南オセチアから動員した兵士は戦闘任務を拒…

コメント

    • 川人
    • 2019年 8月 25日

    ロシアの航空機は、やはりカッコいい形をしている
    Tu-160、Su-27系列、Ka-52は他国にないスタイリッシュな機体

    1
    • 名無し
    • 2019年 8月 26日

    ロシアの戦略爆撃機をカッコイイ、迫力あるなどと考える頭が理解できない。標的の一つは日本なのに。お花畑も良いところだ。

    1
      • 匿名
      • 2019年 8月 26日

      理屈だけで割り切れる程、人間は単純じゃないんですよ。

      4
    • 匿名
    • 2019年 8月 26日

    B1の機体は白の方が格好良い
    新谷かおりが言ったのか?り地域が言ったのか?
    白色のB1は正に死の白鳥 コピーのTu160より
    数段カッコいい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP