ロシア関連

ロシア人権理事会が囚人のウクライナ行きを問題視、検事総長に説明を要求

ロシアはウクライナとの戦いで不足する兵士を穴埋めするため囚人を投入しているのだが、サンクトペテルブルク人権理事会は連邦検事総長に「如何なる理由で刑の執行を免除して囚人をウクライナに連れ出しているのか?」と説明を要求した。

参考:Обращение к генеральному прокурору РФ с просьбой разъяснить ситуацию с заключенными, принимающими участие в СВО

果たして人権理事会の訴えがどこまで注目を集め問題化するかは謎だが、下手をすれば兵士不足を囚人でカバーするアイデアが封じられる可能性も

ロシアのプーチン大統領は「戦争ではない特別軍事作戦は契約軍人(職業軍人)のみで行う」と国民に約束してウクライナ侵攻を始めたが、200日を越える戦いで5万人(宇軍発表)を越える戦死者を出し、負傷者の数も加味すれば侵攻初日に用意していた兵力の大部分を既に失っている可能性が高く、これを契約軍人だけでカバーするのは難しくなっている。

出典:Минобороны России

大半のロシア人は「プーチン大統領や特別軍事作戦を支持しても自身の作戦参加は拒否する」と考えており、国民が納得できる大義名分が見つからないまま総動員を実行すると国民の支持離れや自身の権威が傷つくため、民間軍事会社ワグナー(PMC)を通じて動員した無期懲役の囚人のウクライナに投入しているのだが、この方法も国内で疑問の声が上がっているらしい。

PMCは囚人に「特別軍事作戦に参加して180日間戦えば自由の身になれるが、現地で逃亡、略奪、性的暴行を行えば射殺する。アルコールと薬物については依存しない限り問題ない」と説明しているが、法的にはウクライナ行きを志願してPMCの一員になった時点で刑の執行が停止(免除)しており、これを実行するためには大統領令か、議会の決議による恩赦か、裁判所が命じる仮釈放の手続きが必要だ。

出典:Правозащитный Совет 連邦検事総長への質問状

しかし政府は「無期懲役の囚人をウクライナに投入している」という事実を国民に公表しておらず、刑務所から連れ出した囚人の法的地位に関する手続きも行われた形跡がないため、サンクトペテルブルク人権理事会は連邦検事総長に「深刻な犯罪が理由で服役している何千人もの囚人が特別軍事作戦に参加するためウクライナに送られているという噂がある。これが事実なら囚人は如何なる理由で刑が免除されのか」と説明を要求している。

果たして人権理事会の訴えがどこまで注目を集め問題化するかは謎だが、仮にクレムリンの権威を傷つけると判断されれば徴兵した兵士を動員した時と同じように「PMCが勝手に自由の身になれると言って囚人をウクライナに連れていった」と言い出すかもしれない。

勿論、PMCだけで囚人を連れ出すのは不可能なので司法省や刑執行庁の担当者も責任を問われるはずだ。

関連記事:ロシア人の相反する心理、ウクライナ侵攻継続と和平条約締結を支持
関連記事:モスクワとサンクトペテルブルクの議員19人がプーチンの辞任を要求
関連記事:ロシアの市議会議員、プーチン大統領を国家反逆罪で告発すべきだと提案
関連記事:モスクワの区議会、サンクトペテルブルクに続きプーチンの辞任を要求

 

※アイキャッチ画像の出典:Yaroslav Trofimov PMCが囚人にウクライナ行きを説明する様子

ウクライナで山賊化したロシア軍、拷問中のスリランカ人に金銭を要求前のページ

東部戦線で利益を上げ続けるウクライナ軍、ビロホリフカやヤロヴァを奪還次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    実戦配備への通過点、 ロシアが極超音速ミサイル「ジルコン」の連続量産を開始

    ロシアのタス通信は海上と陸上の目標を攻撃可能な極超音速ミサイル「ジルコ…

  2. ロシア関連

    露メディア曰く、第5.5世代戦闘機相当の新型戦闘機「Su-57M」開発完了

    露メディアは26日、戦闘機Su-57ベースに開発していた第5.5世代戦…

  3. ロシア関連

    21日にプーチン大統領が演説予定、ロシア人は国を離れる方法に関心を示す

    まもなくプーチン大統領がドネツク、ルガンスク、ザポリージャ、ヘルソンで…

  4. ロシア関連

    9人目のロシア軍将官が戦死、部下を率いてポパスナ周辺の戦闘に参加か

    ロシア軍のロマン・クトゥーゾフ少将がルハーンシク州ポパスナ周辺の戦闘で…

  5. ロシア関連

    ロシア陸軍、主力戦車に対する対戦車ミサイルのトップアタックを防ぐ保護装置を導入か

    ロシア国防省は17日、ウクライナと国境を接するロストフ州のカダモフスキ…

  6. ロシア関連

    ルカシェンコ大統領、ベラルーシ軍とロシア軍による合同部隊を発表

    ロシアは戦術核兵器を使用する代わりに「ルカシェンコを動かそうとしている…

コメント

    • かくさん
    • 2022年 9月 19日

    この前脱走兵(囚人部隊)のインタビューやってたけど、一緒に居たやつが処刑されて怖くなって森林方面に出たとき逃げたってことだった
    ウクライナに親類縁者がいるから亡命部隊に参加したいって話てたけど素行調査も結構甘そう
    ウクライナに知り合いいたら逃げる可能性高いのにね

    37
    • zerotester
    • 2022年 9月 19日

    例の第三軍団も兵役不適格だった人たちを集めた部隊だったのですが、フォーブスによればハリコフ攻勢の防衛に駆け付けて、何もできずに溶けて無くなったそうです。本当だとしたらますます絶望的ですが。

    そして懲りずに第四軍団が編成されようとしているとISWは書いています。犯罪者などはここに配置されつのかもしれません。既存の精鋭部隊である親衛戦車軍や空挺軍や海軍歩兵は大幅に損耗しているのですが、それらを再編成して補充することはせず、新たな部隊を作ったところで戦力にはならないとISWは断じています。

    プーチンは一部の地方での限定的な動員、つまり実質的な強制動員をやりたがっていて、何度もやろうとしたが周囲の強い反対にあってできてないという未確認情報があります。そういうギリギリのことをやらないとどうにもならないほど、ロシアの兵員不足は深刻ということなのでしょう。

    55
    • HUKAHIRE
    • 2022年 9月 19日

    囚人の補充はすぐにできそうですね。

    16
      • 七面鳥
      • 2022年 9月 20日

      最近のロシア兵は、畑じゃなくて牢獄で採れるのですね。

      6
    • とり
    • 2022年 9月 19日

    拷問の件といい敗走の件といい、ロシアは単に人的資源が枯渇しているわけではなくて、規律を守る、最低限の訓練の施された軍人が不足しているように思える

    徒に書面上の兵力を増やしても、却って戦力を過大評価しがちになるし、兵站も厳しくなる。そもそも、囚人兵の登用に軍事的な意味があるのか疑問。
    まあ後方鎮圧用の兵士は、好き勝手やる略奪者でも居ないよりはマシということなのか

    16
      • 名無し
      • 2022年 9月 19日

      ウクライナだって何の経験もないウクライナ人を英国で兵隊に作り変えてるわけで、囚人兵も訓練さえちゃんとすれば兵隊の数にはなるでしょう。
      ロシア側が優勢の間だけは。

      10
        • 匿名
        • 2022年 9月 20日

        革命以前の時代から「力こそ正義」で成り立っていた帝政―ソヴィエト連邦―ロシア連邦の構成員たるロシア人に武器を持たせ他国へ送り出せば、そりゃあまあ「力」に物言わせてゴリ押しし放題をやり出しますわなぁ…

        ロシア人からすれば自身の日常生活上で見てきた「力」で上に立つ連中の姿をそのままなぞってるだけな訳で、ましてその「力」を振りかざしてた側の犯罪者達を野に放てばどうなるかは…😔

        3
      • ナイトアウル
      • 2022年 9月 19日

       逃走は大義も無い下手すれば一方的に攻撃されて終わる戦いに投入されればあり得る話。訓練されたら気持ちが変わる物なのかね、規律云々で片付けていい話なのか?

       拷問に関してはグレーで民間人がロシア軍の情報をウクライナ軍に提供しているスパイ活動していたのは世界中が知っている事。最近特に活躍が知られている立場が曖昧なパルチザンの可能性だってある。
       規律があろうがスパイやパルチザンの処置は部隊の判断任せの面があり、その可能性がそれなりにあるのが今のウクライナで真実は外野では分からない。

      2
    • h4
    • 2022年 9月 19日

    この前イジューム方面から撤退した正規軍の中に、契約期限切れのまま前線に留め置いておいた兵士が相当割合混じっていたらしく、一度ロシア領内に帰ると契約を楯に罰の対象になることなく除隊が可能なので、正規軍の人数を維持するのもなかなか苦労するようになっている、という話もありますね。

    クリミアで訓練中という話でしたが、重装備を使う訓練を受けたわけで無し、ボートでならまだ川を渡れるので、川向こうの正規軍の撤退支援のために肉の楯に使うくらいしか思いつきません。

    13
      • h4
      • 2022年 9月 19日

      セルフ返信ですがザポリージャ方面って話が出てますね。まあいずれにしても南部でしょうか

      1
    • 無無
    • 2022年 9月 19日

    現地で犯罪をおかせば処分するって、現地では囚人以外もみな犯罪やってるのに
    こうやって実態と乖離した建前を続けて、民の不信が高まり、ロシアはさらに破綻していくのだった

    24
    • hoge
    • 2022年 9月 19日

    どうせ囚人だし、何の法律の裏付けもないならば「180日間戦えば自由の身になれる」という説明も相当怪しく、戦争が終わったらいなかったことにされて処理されそうな予感が…

    37
    • ほい
    • 2022年 9月 19日

    ワグネルが「略奪、性的暴行を行えば射殺する。」と言ってるのが意外だった。

    12
      • バーナーキング
      • 2022年 9月 19日

      公式に残る文書とかではそう言っとかないと責任問題になるからかと。

      26
        • ほい
        • 2022年 9月 21日

        これが公式文書なのか、誰を意識してるのか、そこまで言及する必要あるか、責任追及できるのかとかあるが。
        日本の徴集兵も勝手にグループを作っていたそうだが、素人を統率するのが大変なんじゃないかと思ってね。

    • 2022年 9月 19日

    >人権理事会

    そんなモンがロシアにあることがまず驚きだ

    47
      • 匿名
      • 2022年 9月 19日

      元記事が公式サイトですが、非営利の市民団体だそうです。議会に設置された組織とかではありません。

      10
    •  
    • 2022年 9月 19日

    名実ともに犯罪集団ではあったがもはや軍隊と呼べない
    ジュネーブ条約が適用できる組織なのか?

    11
    • ネコ歩き
    • 2022年 9月 19日

    正式な命令書か現場が逆らえない口頭指示がないと実行出来ないことですね。
    少なくともPMCが勝手にやって許されることではないでしょう。仮に法的根拠が無いと認定された場合、管轄省庁の責任者は知らなかったと言い張るんでしょうか。
    大多数のロシア国民は、政治的問題では吾身に災いが降りかかる選択を回避する傾向が強いそうで、この件も我関せずでうやむやになってしまうのかもしれません。
    ウォッカでも飲んで….

    14
    • もち麦
    • 2022年 9月 19日

    第2次大戦時の日本だと、内地での動員兵ではなく半島や台湾などで編成された部隊が
    インドネシアやベトナムで皇国の威光を笠に着た収奪やら蛮行を行ったりしたとか、ふと思い出した。
    内地の兵がお行儀がいいという話ではなく、えり好みできなくなればそうもなるという話。

    そもそも国がどうとかどうでもいい人間に戦争やらせる方がどうかしてるけど、
    嫌がらせと捉えれば、これでいいんでしょう。いやあ酷い。文化が違うんだなあとしみじみ感じる…

    23
    • makumaku
    • 2022年 9月 19日

    自分もワグナー社とロシア連邦司法省の関係に非常に関心をもっています。
    ワグナー社が多くの囚人を仮釈放させるために、どんなトリックを使っているのか、です。

    15
      • makumaku
      • 2022年 9月 20日

      ロシア独立系メディア ”Важные истории” に拠ると、これまでにワグナー社が採用した囚人の総数は、37の刑務所から少なくとも5786人に上り、その内2000人余りがすでに仮出所しているとのこと。
      リンク
      記事中の数字を相当に割り引いたとしても、かなりの数の囚人が”戦争に行く”ことを選択していることが推測されます。

      1
    • KAMA
    • 2022年 9月 19日

    ウクライナ兵との捕虜交換で帰還したロシア兵で捕虜大隊を編成だね

    • タイヤキ
    • 2022年 9月 19日

    囚人にとっては、ロシアの最高刑の無期懲役とかいう死刑よりも恐ろしい刑うけている人たちは処刑のほうが断然嬉しいだろうから、志願者は絶えないでしょうね。
    ロシアにとっては死刑にしないのは死刑で楽にさせないことらしいからね。
    無期懲役用の刑務所とか刑務所内地下墓地に囚人いれて永遠に出さない上に病気で一切治療せずに苦しんで死んでいかせるものらしいからね。戦争で処刑のほうが救いの囚人たちもいるから志願者は絶えないでしょ。

    • AAA
    • 2022年 9月 19日

    大統領令が出てるに決まってるだろ
    プーチンの個人独裁なんだからプーチンが許可してない政策なんかあるはずない
    プーチンは司法省が勝手にやったとかほざくだろうがな

    6
    • 黒丸
    • 2022年 9月 19日

    これから冬になり海が荒れ港が凍結して出港することが少なくなる太平洋艦隊から、
    春まで期間限定で水兵をウクライナに動員すればいいのに
    どうせ日本から攻めてくることはないんだし。

    1
      • ミリオタの猫
      • 2022年 9月 19日

      ソ連海軍の艦隊が開店休業状態だったWW2の頃だったらいざ知らず、今そんな事をしたら、来年の春にはロシア太平洋艦隊の艦艇は粗方行動不能になるでしょうねえ。
      それに来春にウクライナの戦いが終わる保証も無いのに(白目)。

      6
      • AAA
      • 2022年 9月 19日

      それもうやってますね・・・
      バルト海艦隊の水兵が1週間訓練して「戦車兵」として最前線に送られたそうです
      そいつは目を負傷してイジュームで置き去りにされたところを捕虜になったので発覚

      リンク

      5
    • 折口
    • 2022年 9月 19日

    囚人混成大隊の話ロシア国内では秘密だったんですね…。
    ロシア、独裁政権化で国家の社会秩序が衰退しているとは言われていますが、今でも法の効力はあるし「法律と規則によって秩序立ってロシア社会が統制運営されている」という共通の認識は市民から官僚から法曹まで持っている状態なんでしょうね。完全な人治主義に意向してたら多分社会の混乱はこんなもんじゃ済まされないでしょうし。
    日本でも国の事業や認可案件でバリバリ法例違反な事やってるのが後から発覚することありますけど、経緯が明らかになったらちゃんと社会問題になりますし役人や政治家の首も飛びますからね。今プーチン政権が戦地でやっていることの全てをロシア市民が知ったら、やはり相当な問題になるんじゃないかなあ。もちろん、そういうのを全部部下のせいにしてテレビで公開叱責ショーを流してごまかしてきたのが今のプーチン政権な訳ですが。

    日本でも国の核心政策の直接の賛否みたいにハッキリ白黒つけたくない問題はあえて国勢調査でも聞かないというテクニックを内閣府が行使することはありますが、ロシアが予備役動員を頑なに避けるのもそんな感じで「実際に動員すると発覚してしまうヤバい秘密」があるんじゃないかなあという気がしてきますね。大量の兵役拒否者と国外逃亡者が出るのがわかりきってるからとか、予備役登録を抹消しなきゃいけない年齢の人や故人や架空の人物まで大量に入れてるから「紙の上でだけ存在する師団」がたくさんあるとか…

    12
      • kitty
      • 2022年 9月 20日

      付きものの督戦隊もあるんでしょうかねええええ。

      1
    • 野鳥
    • 2022年 9月 19日

    やれロシア軍の名誉を汚しただのとのたまっていたのに
    隣国に武装した犯罪者を送り込むのだからどうしようもないよね。

    住民からしたらロシア系とか関係なしに危なすぎるだろ。

    6
  1. 俺は囚人、世間知らずだから、解放されたらプーチンに銃を発射します。チーン

    • アクアス
    • 2022年 9月 19日

    プーチンはツアーリじゃないもんね

    • 慕華館
    • 2022年 9月 19日

    開戦以来の戦死傷者も「軍事機密」を理由に公表しない。
    囚人兵投入も公表しない。
    ロシア軍批判したら最大15年の懲役刑。
    逆にこれだけやらないと「特別軍事作戦支持率7割越え」は達成できないということか(-_-;)

    2
    • りんりん
    • 2022年 9月 20日

    母の会が骨抜きにされたように、この人権理事会とやらもプーチンの癇に障るようであれば、すぐに形だけの存在にさせられちゃうでしょ。

    4
    • うぃるびぃ
    • 2022年 9月 20日

    「懲罰大隊」を思い出しましたが、
    懲罰部隊のWikipediaにも追加で記載がされていますね。

    2
    • 7743
    • 2022年 9月 20日

    ロシア国民から見れば、凶悪犯がまともに刑期を満了することもなく
    帰還兵として釈放されるのだから、たまったものではないですよね。

    国民には秘密にしていたという事ですから、この事実が公にされたことはそれ自体、
    支持率に影響を与えるかも知れませんね。

    4
    • Natto
    • 2022年 9月 20日

    囚人兵「やっと任期を生き残ったぞ」
    指揮官「ご苦労、あのバスに乗って帰ってくれ」
    囚人兵「このバス、窓に金網がついてるんですが」
    とか有りそう。

    6
      • リポビタン少佐
      • 2022年 9月 21日

      それならまだましな気もしますね。
      このバスに乗ってくれ→処刑場直行で銃殺処理の可能性も…

    • リポビタン少佐
    • 2022年 9月 20日

    ロシアは畑から兵隊を収穫できなくなってしまったのか

    1
      • kitty
      • 2022年 9月 20日

      きっと連作障害が起きたのでしょう。イモにはよくあります。

      3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP