ロシア関連

ボルチャンスクで戦うロシア軍兵士、軍検察や大統領に助けを求める

ロシアでは松葉杖をついた負傷兵などが集団で「司令部が我々を病院から連れ出して戦闘任務に向かわせている」と訴え注目を集めていたが、今度はボルチャンスクで戦う第1009自動車化狙撃連隊の兵士が「全員負傷しているのに司令官が前進しろという」と訴えた。

参考:ASTRA
参考:Анастасия Кашеварова
参考:Ярослав Нилов

こういった問題は氷山の一角に過ぎず、軍検察や大統領に救いを求める兵士は多い

露独立系メディアのASTRAは30日「ルハンシクの司令部は病院から負傷が完治していないロシア軍兵士を前線に連れ出している」と報じ、松葉杖をついた兵士など負傷が完治していないロシア人らは集団で「我々が病院で受け取った診断書には『負傷のため休暇を与える必要がある』『負傷から完治後にリハビリを受ける必要がある』と書かれているのに履行されていない」「司令部は病院から我々を連れ出して戦闘任務に向かわせた」「ここにいる全員が手術と入院治療が必要だ」「同じ様な状況に50人以上の負傷者が直面している」と訴えた。

出典:ASTRA

さらにロシア人兵士らは「このビデオメッセージが軍検察庁、国防相、大統領を通じて司令部に状況を訴える最後のチャンスだ」「我々は祖国を守り国に奉仕することを続けたいが、そのためには負傷した体を治す必要がある」「また除隊(退役)証明書も発行されていないため、全員が給与と負傷手当を受け取れていない」と述べていたが、ロジア人ジャーナリストのアナスタシア・カシェヴァロワ氏も「また負傷者が前線に送り込まれる事件が起きた」と言及した。

カシェヴァロワ氏は「この問題は長い間放置されて制度的な問題になってしまった。我々は一つ一つの問題を手作業で解決しているものの、残念ながら全ての問題を解決出来ている訳では無い。それでも松葉杖をついた兵士が死んでいくのを黙って見過ごすわけにはいかない。この問題を引き起こしているのは大臣でも大統領でもなく特定の指揮官だ。これは人間の浪費でしかない。私は軍検察当局への手紙を作成している」と、ヤロスラフ・ニロフ下院議員も「国防省と軍検察に手紙を送る」と述べ、ASTRAは「問題の兵士らは前線から後方に連れ戻された」と報じたが別の問題が浮上。

第1009自動車化狙撃連隊(第25旅団)所属の兄弟が「ボルチャンスクの戦いに負傷した兵士が強制的に参加させられている」と訴えるビデオメッセージが登場、この兄弟は「私と弟は負傷したが応急措置が出来た。他の負傷者の何人かは逃げ出した。彼らの運命は分からない。部隊の全兵士が負傷して疲労困憊なのに司令官は再度襲撃をかけろと言っている。どんな状態でも前進しろと言っているんだ。軍検察や大統領はこの状況に介入してほしい」と訴えている。

ASTRAは他にも「2002年生まれのヤハメネフと2003年生まれのサヴァヌは戦争初期の(ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国で実施された)強制動員で招集され解放されたが、今年3月にウスペンカ検問所(ドネツク州)で軍当局に拉致された。ヤハメネフの母親は『息子は軍服を人々に拉致された』『どんな書類にも契約書にも署名しないまま第70自動車化狙撃連隊に送られ、最前線のロボーティネにいることは分かった』『私は5月7日以降、息子と連絡が取れていない』『国防省や捜査機関はここで起きている混乱に対処してほしい』と訴えた」と報じている。

出典:ASTRA

因みにASTRAは「ロシア連邦領と占領地では前線への強制動員(法的に認められた強制動員ではなく違法な強制動員)が多発している」「その殆どが健康上の理由(癌、結核、C型肝炎、心臓発作、精神疾患など)から前線勤務を免除されている軍人か負傷した軍人」「これらの人々を騙して前線に送り返している」「我々が把握して事例は氷山の一角に過ぎない」と指摘しており、こういった問題が世論の注目を集めないのはロシアの主要メディアが国家の統制下に置かれ、ロシア軍の信頼を貶める情報を発信すると処罰されるからだろう。

関連記事:ロシア軍も補充兵の供給に問題、契約軍人を募集するコストが跳ね上がる
関連記事:ロシアの動員数は損失を十分カバー可能、10ヶ月間で38.5万人を確保
関連記事:ウクライナは囚人動員を開始し、ロシアは判決前の被告人動員を強化
関連記事:ゼレンスキー大統領、刑務所から囚人動員を可能にする法案に署名
関連記事:部分的動員に服務期間の定めなし、ロシアでも兵士の動員解除を求めてデモ

 

※アイキャッチ画像の出典:ASTRA

最も戦闘が激しいアウディーイウカ方面、ロシア軍がポクロウシク方向に前進前のページ

ロシア軍によるバイク攻撃、無人機と地雷に埋め尽くされた戦場への適応次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争はアルメニア領土外、プーチン大統領が支援を否定

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアルメニアとアゼルバイジャンの戦いについて…

  2. ロシア関連

    空自機を狙うことも可能、ロシアが千島列島に「S-300V4」を初展開

    ロシア軍はクリル諸島(千島列島)に防空システム「S-300V4」を展開…

  3. ロシア関連

    ロシア、紅海に面したスーダンに原潜も寄港可能な海軍基地を建設

    ロシアのミシュスティン首相は11日、スーダンにロシア海軍基地を建設する…

  4. ロシア関連

    モスクワ警察が反体制的なロシア国民に拷問、肛門にダンベルを突き刺す

    ノーヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパ紙は26日、モスクワ警察は反体制的な集…

  5. ロシア関連

    黒煙を撒き散らす巡洋艦モスクワの写真が登場、ミサイル攻撃を受けた直後?

    ウクライナ海軍の地対艦ミサイル「ネプチューン(射程280km/マッハ0…

  6. ロシア関連

    ロシア軍がナゴルノ・カラバフ紛争から学ぶべき教訓とは?

    露メディア「Взгляд」は16日、ナゴルノ・カラバフ紛争はロシア軍の…

コメント

    • たむごん
    • 2024年 7月 01日

    ウクライナ=ロシアともに、前線兵士だけは過酷な環境になっていますね。
    傷痍軍人は、経済負担が大きいと言われていますが、何か意図があるのか・現場の判断なのかが気になっています。

    銀座のトンカツ屋さんに、ウクライナ人旅行者がトンカツを食べに来ていてSNS大炎上していましたが、末端国民との格差を感じる時があります(2022年1月の月収521ドル CEIC)。
    ロシア人はタイ旅行などがとりあげられている時がありましたね。

    >ウクライナから来た観光客
    「たくさんの人がこの店は本物と勧めてくれたので来ました」

    >ウクライナから来た観光客
    「ウクライナでは、この衣がもっと厚くて脂っこいです。だから日本のほうが良いと思います。とてもサクサクしていて、脂っぽすぎずにいい感じ。完璧」

    (2024/06/21 雨でも大行列!空前の“カツブーム”なぜ外国人に人気?【スーパーJチャンネル】(2024年6月21日) ANN news Youtube)

    9
    •    adm
    • 2024年 7月 01日

    プーチンに票を投じたなら同情する気にはなれないな
    プーチンの悪行を知らないなんて事は無かったろう
    ロシア国民がどうせ他人事だからと放置してきたツケ

    46
    • FAB
    • 2024年 7月 01日

    >2002年生まれのヤハメネフと2003年生まれのサヴァヌは戦争初期の(ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国で実施された)強制動員で招集され解放されたが

    ドネツク・ルガンスクは開戦時に文字通りの根こそぎ動員でww2のソ連軍臭があったな。
    ロシアと併合しロシア正規軍になっても、ロシア本土から来た補充兵がブラックすぎて付いていけず配置換えしてくれと泣きを入れるロシア人兵士もいたし。

    16
    • 八等兵
    • 2024年 7月 01日

    これが事実ならさぞ海外ではお祭りになっているかと思いきやRedditを覗いても何も情報はありませんね。
    そもそも拉致動員をロシアがしているならどれだけ情報統制しようがウクライナの拉致動員のように多数の動画がアップされているはずなのにそれすらありません。海外でもウクライナ支持派が多数派なので証拠動画があれば確実に拡散されているはずですが見当たりません。
    以前よく聞いた『ロシアが少数民族を拉致動員している』と同じ匂いがします。

    20
      • a
      • 2024年 7月 01日

      コレに関しては日本がガラパゴス過ぎるんです。欧米は悪者作って正義の味方として世論を仕立て上げる段階を終えて、当事者としてEUの権威や利権を守るための介入を始めています。
      当事者故にお祭り気分や感情で動けないんですよね。ただ、人の死を見て鬱憤を晴らしている人向けにyoutube ではどこの国でも一定の需要があるようですが…

      22
        • 牛丼チーズ
        • 2024年 7月 02日

        ここは君の陰謀論的思想を披露する場じゃないよ

        12
          • 暇な人
          • 2024年 7月 02日

          どちらかというと、ロシアは情報を隠している、俺たちが真実を知っているというのが陰謀論なんですけどねえ。

          1
      • ポンポコ
      • 2024年 7月 01日

      私も同意見です。しかし、このニュース自体はフェイクではないように思います。

      なぜなら例外とか特殊な事情とかは絶対にありますから。一般的な制度にないからと言って個別の事件が全てフェイクということはできません。

      ドンバス地方でもこの戦争が始まる前は、「男たちは全員銃をとれ女子供はロシアに逃げろ」みたいな風潮で、パン屋も専門学校生もピアニストも・・・みな銃をとったのです。動員的なものもあったかもしれません。

      しかし、そういう民兵たちの部隊は今はロシア軍の正式な旅団に編入されて、兵士たちは契約兵でなく期間のない職業軍人の扱いになっています。一番気の毒ですね。元民兵の部隊はかなり士気が高いといっても人はそれぞれ違いがあります。

      例えば、戦争の初めには手違いで、徴兵された兵士が原隊に混じって移動し戦場に送られてしまって問題になったこともあります。法的にはロシアでは徴兵はウクライナ戦争に行かないはずですが。

      戦史の周辺を研究すると日本でも他国でも例外や特殊な事例は必ずあります。ただ、一般的な制度かどうかは、また別の問題です。

      また、ロシアでは一般人の動員も2回目の予備役の召集もされていないので、兵士不足の解消や募集の担当者は大変かもしれません。負傷後の復帰も人それぞれ色々な思いや場面がありますね。特に契約兵は復帰したくないだろうし、復帰させたい側もいるわけです。

      32
    • MarkⅡ
    • 2024年 7月 01日

    今回の件、悲惨ではあるのですが全員が負傷している程度の話ですら騒ぎになるのですから、一部の方が解説している”ロシア軍は数に身を任せて突撃してくる”、”ロシア軍は犠牲を顧みずひたすら突撃する”って話は、ウクライナ現地指揮官の善戦してるアピールだったんでしょうね

    損害比に関して、ロシア有利でそれなりに開きがありそうですがロシアが動員せざる得ない状況まで持っていけば、東部州からの撤退ぐらいの希望は持てると思います、正直勝負所でもありますのでウクライナも大動員の決断を下すべきなのではないかと

    10
      • nton
      • 2024年 7月 01日

      こういった告発はロシア軍では以前からあったので、今に始まったことではないでしょう。
      告発されるケースが全体のどの程度かも不明ですし、また今回は正規軍ですが自殺的な突撃は主にワグネルや囚人兵の担当ということもあり、否定する根拠としては弱すぎると思います。

      35
        • 2024年 7月 01日

        今回のも元記事を読むと囚人兵だよ

        7
          • ポンポコ
          • 2024年 7月 02日

          そうですか。
          囚人兵なら期間の満了を待つのがベストですから、負傷したら戦いたくないでしようね。

    • 理想はこの翼では届かない
    • 2024年 7月 01日

    ウクライナにソドル中将がいれば、ロシアに…誰だか知らんがクソ将軍あり!
    組織には必ず無能(働かないor無能)が2割生まれると言われますが、軍組織であっても同じなんですかね

    16
    • kitty
    • 2024年 7月 01日

    負傷して入院中のベッドの上で

    「そうだ!松葉杖にアサルトライフルを統合すれば戦い続けられる!」

    とある青年兵士が思いつき、図面を引き始める。
    それが21世紀最悪の兵器と呼ばれる”傑作”兵器の誕生だった…。

    映画まで作られるようになったりして。

    6
    • 名無し
    • 2024年 7月 01日

    無理やり分離独立のうえ吸収合併されて肉壁にされる。
    ロシアに取り入りうまい汁を吸っているであろう上層部以外は地獄ですね。

    26
      • たむごん
      • 2024年 7月 01日

      仰る通りです。
      上級国民・制度を作る側は、内々で上手に金や利権を回したり、海外旅行でトンカツ食べたり・バカンスしてるんですよね。

      (日本もですが)末端におこぼれはないうえに、ウクライナ=ロシアは過酷な最前線に送られるわけですから、末端には何のメリットもないなと感じています。

      2
        • 名無し
        • 2024年 7月 01日

        突然、日本もとかやられても(^_^;)
        ウクライナやロシアを見て、気軽ににだらっと生きられる日本の良さを噛み締めてますよ。

        14
          • たむごん
          • 2024年 7月 01日

          もちろん、仰る通りです。
          平時の防衛投資、その重要性を痛感しますね。

          有事に巻き込まれても、何のメリットもないですから…

          2
            • PLA TANKS LOVERS
            • 2024年 7月 02日

            仰る通りって言いながら話が噛み合っていないコメントを続ける意味がわからない。
            「仰る通り」は自分の意見を押し付けるために使う言葉ではないと思いますよ。

            8
      • ポンポコ
      • 2024年 7月 01日

      でも、全体的に見ると、東部の民兵の部隊がロシア軍の中でも一番に士気が高いのですよ。

      ただ、ハルキウ方面のボルチャンシクはウクライナ軍が何倍かの兵力で反撃しているので、そこで負傷者に攻勢を命ずるのは現地の指揮官が無理をしているのではないかとも思ったりもします。

      1
    • 名無し
    • 2024年 7月 01日

    アストラかあ、同じ独立系でもメドーサならまだ信じられるんだけどなあ
    アストラはもうウクライナにウクライナに拠点移して(メドーサもリトアニアだけど)なかったか?
    メディアによってはウクライナメディア認定されてるし

    8
      •  
      • 2024年 7月 01日

      >アストラはもうウクライナにウクライナに拠点移して

      必死すぎて2回言いました

      5
        • 名無し
        • 2024年 7月 02日

        大事なことなので

        2
      • かのも
      • 2024年 7月 02日

      なるほど、気に食わないニュースは内容を批判するんじゃなくて情報源の信憑性を叩くとはこの事か。

      9
    • みかん
    • 2024年 7月 01日

    こういうニュースでもイデオロギー対立してるコメント欄が情けないな

    12
      • 名無し
      • 2024年 7月 01日

      自分の応援してる陣営に少しでも不利な記事には噛みつきまくる人がいますよね。

      12
    • 暇な人
    • 2024年 7月 02日

    因みにASTRAは「ロシア連邦領と占領地では前線への強制動員(法的に認められた強制動員ではなく違法な強制動員)が多発している」「その殆どが健康上の理由(癌、結核、C型肝炎、心臓発作、精神疾患など)から前線勤務を免除されている軍人か負傷した軍人」「これらの人々を騙して前線に送り返している」「我々が把握して事例は氷山の一角に過ぎない」と指摘しており、こういった問題が世論の注目を集めないのはロシアの主要メディアが国家の統制下に置かれ、ロシア軍の信頼を貶める情報を発信すると処罰されるからだろう。

    うーん胡散臭いな
    なぜならロシアの主要メディアは統制下におかれているが、NHKモスクワ支局とかあるように、海外の特派員は普通にモスクワに現在もいて情報は発信しているからだ
    実際それでロシアに不利な報道をして特派員の中にはビザが更新されず追い出されている人達もいる
    彼らがそれらの情報をつかめないわけがないし、それを隠す必要もない。

    何より以前のコメント欄でも書いたけど、本当に完治しておらず松葉杖を突いているような兵士を前線に送ってもやくに立たないからだ、バイクで突っ込む事も出来ない。
    びっこ引いているような人間では敵陣地まで行くことはできない。塹壕での防衛任務とかならわかるがね。

    1
      •     
      • 2024年 7月 02日

      >彼らがそれらの情報をつかめないわけがないし、それを隠す必要もない。

      >ロシアに不利な報道をして特派員の中にはビザが更新されず追い出されている人達もいる

      自分で理由書いてるじゃないですか… 小ネタのために追い出されたい記者はいないでしょう。それに情報を掴んだ記者自身が報じる必要もないかと。日本でも政府の圧力でマスコミでは報じられないけど正義感から世に出したい…というネタは馴染みの週刊誌記者に託しているそうです。

      3
        • 暇な人
        • 2024年 7月 03日

        つまり信ぴょう性の低い週刊誌ネタということですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP