米国関連

TB3に対抗? GA-ASIが強襲揚陸艦で運用可能なMQ-9B STOLを発表

米ジェネラル・アトミックス(GA-ASI)は10日、強襲揚陸艦で運用可能なMQ-9Bの短距離離着陸バージョン「MQ-9B STOL」を発表して注目を集めている。

参考:GA-ASI Grows Mojave Line With New MQ-9B STOL Package

GA-ASIは新たな顧客に浮上した米海兵隊向け狙いを定めたMQ-9B STOL、バイラクタルTB3とコンセプトは同じ

GA-ASIが披露した「MQ-9B STOL」はMQ-9Bの主翼と尾翼を変更するオプションキットで構成されており、24時間以内にMQ-9BをMQ-9B STOLに変更することができるらしい。さらにMQ-9B STOLの主翼は折りたたむことが可能でカタパルトやアレスティングワイヤーが装備されていない強襲揚陸艦で運用可能だと説明している。

米空軍は2023会計年度予算で100機のMQ-9を退役(スクラップにするのではなく別組織に移管)させる方針を発表済みで、MQ-9を「ステルスに対応した新型UCAV」か「安価な商用UAVベースの改造機」に置き換えることを検討中だが、非ステルスのTB2がロシア軍相手に通用したことを受けて「MQ-9も運用方法を工夫すれば大国間の戦いで通用する」という声が上がり始めており、米海兵隊は部隊構造の変更「Force Design 2030」に基づきMQ-9の導入を開始した。

つまりGA-ASIは新たな顧客に浮上した米海兵隊向けに「強襲揚陸艦で運用可能なMQ-9B STOL」を発表したという意味だが、このコンセプトはトルコのBAYKARが発表したバイラクタルTB3と強襲揚陸艦の組み合わせと同じだ。

出典:BAYKAR

BAYKARはバイラクタルTB2をベースに開発中のTB3を今年中に初飛行させる予定で、NIKKEI ASIAに対して「日本は一刻も早くUCAV(武装可能な無人機)を手に入れるべきで、いずも型護衛艦にTB3はぴったりだ」と述べており、中東・アフリカや欧州で採用が広がるトルコ製UCAVのアジア進出=特に強襲揚陸艦を保有する国(日本、韓国、オーストラリアなど)にTB3を売り込むことを狙っている。

要するにGA-ASIはMQ-9のプラットフォームを延命させるため「BAYKARがTB3で狙う潜在的な顧客」に狙いを定めてMQ-9B STOLを用意してきたとも解釈できるが、MQ-9は非常に高価なので安価なTB2ベースのTB3にコストパフォーマンスで太刀打ちできるのかは謎だ。

出典:GA-ASI Mojave

因みにMQ-9B STOLはGA-ASIが開発を進めている短距離離着陸に対応した新型UCAV「Mojave=MQ-1C ERの再設計機」から派生した構想と主張しているが、トルコのTB3を意識していることだけは確かだ。

関連記事:バイラクタルTB2開発企業、日本は一刻も早くUCAVを手に入れるべき
関連記事:GA-ASIが新型UCAV「モハベ」を公開、支援装置なしで軽空母や強襲揚陸艦からの運用も可能

 

※アイキャッチ画像の出典:GA-ASI

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米海軍のインディペンデンス級、一般的な状況で15ノット以上の航行を禁止前のページ

米国がウクライナに提供するSwitchblade600は10機、納期も未定次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    対潜戦のコスト削減が可能に? 米海軍がMQ-9を活用した潜水艦狩りをテスト

    無人航空機「MQ-9リーパー」を開発・製造しているジェネラル・アトミッ…

  2. 米国関連

    バイデン政権、独立承認問題に関連して対ロシア制裁を新たに追加

    ホワイトハウスは21日、ドネツクとルガンスクの独立承認を受けて「ウクラ…

  3. 米国関連

    ステルスは現代戦への入場料と主張するミッチェル研究所、米空軍にF-15EX調達中止を提言

    米空軍協会のミッチェル研究所は今月26日、行き詰まりの将来性しかないF…

  4. 米国関連

    米空軍、高価な無人機「MQ-9リーパー」調達を中止し商用無人機を採用か?

    米空軍はローエンドの戦いに使用されてきた無人機MQ-9リーパーの調達を…

  5. 米国関連

    ボーイング、ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに購入要請書類を発行する

    ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに関する購入要請書…

  6. 米国関連

    米国防総省、極超音速滑空体を迎撃するため新型ミサイル「GPI」開発を本格的に開始

    米国防総省は19日、噂されていた極超音速滑空体(HGV)迎撃用ミサイル…

コメント

    • や、やめろー
    • 2022年 5月 11日

    値段によるかな。日本なら、MQ9だろうが。世界的にはバイラクタルの方が多いだろうが。

    21
    • もり
    • 2022年 5月 11日

    いずも型はF-35にスペース出来るだけ割きたいしひゅうが型で安定運用出来るだけの能力があるならかなり魅力的だな

    22
      • samo
      • 2022年 5月 11日

      さらにいうと、日本には滑走路が山ほどありますからね…
      TB-2ならまだしもって感じもします。
      おっしゃる通り、ひゅうが型で使えるんだったら話はかわってくるんだろうけど

        • 戦略眼
        • 2022年 5月 11日

        いや、おおすみ型で運用できないとね。
        ひゅうが型には、いずも型とセットで機動部隊を編成してもらわないといけない。

    • バイラクタル
    • 2022年 5月 11日

    Canonのカメラと斎藤のエンジンを使えば安価な国産制作も可能です。そうロシアが教えてくれました。

    16
      • 名無し
      • 2022年 5月 11日

      オルラン10はスキャンイーグルと同クラス

      22
        • バイラクタル
        • 2022年 5月 11日

        それならSONYのカメラとプレーステーションとYAMAHAのエンジンの組み合わせにしましょう♪

        5
    • 成層圏
    • 2022年 5月 11日

    どっちも使えるようにして、配備は少数にする。
    事が起こった時に、協力国から補給をもらう時、どちらかが入手できればいいように。
    言い方は悪いが、どちらも消耗品だから。

    5
    • ポン
    • 2022年 5月 11日

    主翼メチャクチャはみ出してて草

    6
      • 匿名
      • 2022年 5月 11日

      母艦の艦首が切り裂いた風洞の安全圏に入るのか影響が出るのか、興味が湧きますね

    • al-rachid
    • 2022年 5月 11日

    強襲揚陸艦と艦載無人機の組み合わせは潮流としてこれから流行りそうですね。導入のハードルも低そうですし。ブラジルあたりも検討中だそうですが、あんな国やこんな国も?みたいに驚くケースも現れそうです。

    15
    • おわふ
    • 2022年 5月 11日

    既にMQ-9Bを持っている国の改良案としては魅力的でしょうね。
    今から輸入するのは費用がかかりすぎでしょうが。

    13
    • 123
    • 2022年 5月 11日

    俺の魂は着艦できる肉体が行方不明で困ってます

    2
    • 無能
    • 2022年 5月 11日

    TB2が通用したのはロシアの舐めプとNATO領空からE-3がフォローしてたりするから、そのまま太平洋に当てはめられないんじゃ?

    3
      • 通りすがり
      • 2022年 5月 11日

      高高度から低高度まで空中目標をレーダーの最大探知距離で一律的に捕捉できる訳じゃないということを理解できないなら、舐めプーと一生バカにしてたらいいと思うよ。

      13
      • 匿名
      • 2022年 5月 11日

      E-3のフォローがあるのとTB2の活躍は関係なかろーよ

      2
      • 無能
      • 2022年 5月 11日

      敵戦闘機が出張ってこれない環境下でこそTB2が活きるという意味で、「中国が真面目に制空権を得ようとしてきたらMQ-9に損失を前提に出番はあるのか?」って思ったんですがそれでも的外れなんですかね?

      ウクライナはS-300が破壊されないように移動を繰り返すとか普段の努力の上にTB2の戦果がついてきてるように思えるのですが、
      実際ロシアに水増しされてるとはいえ撃墜戦果もあるわけですし

      13
      • shkk
      • 2022年 5月 11日

      使いやすいUCAVが出てくるまでの繋ぎなんじゃないのかな
      今回のは海兵隊がすぐにもらえるのがコレだったというだけで

      元々の使用用途であった非対称戦争では十二分に性能を発揮するわけだし対中国とは限らないし
      艦上運用ノウハウ貯めるようなのかもね

      7
    • ブルーピーコック
    • 2022年 5月 11日

    無人機運用に特化した「いずも」の3番艦か、ファン・カルロスやキャンベラみたいな強襲揚陸艦が発表されないかな

      • 匿名
      • 2022年 5月 11日

      おおすみ型輸送艦の後継に期待しよう。

      って、いつになることやら。

      5
    • Mob
    • 2022年 5月 11日

    水上監視じゃなくて対空監視のできるレーダー積んで簡易AEWにできないかなあ。
    うまくいけばSM-6やA-SAMの目になれそうな予感。

    対水上レーダーにソノブイを積んだ哨戒機型と対空レーダーを装備したAEW型みたいにしていずも・かがで運用できれば護衛隊群の能力を飛躍的に向上できそう。

    12
    • tofu
    • 2022年 5月 11日

    > MQ-9も運用方法を工夫すれば大国間の戦いで通用する
    これは安価なTB2だから成り立ってる側面も無視できないような…?
    ロシアからの戦果報告が目立たないからあれだけど、そこそこの数(二桁とか?知らんけど)落とされてるし
    そのペースで落とされるのはMQ-9みたいな高価な機体では耐えられなさそうだけど……

    7
      • 匿名
      • 2022年 5月 11日

      数億のTB2と20〜30億するMQ-9では無茶させられる限度も変わってきそうですしねー

      10
      • tofu
      • 2022年 5月 11日

      自己レス
      oryx Japanの記事によれば確認されたTB2の被撃墜は7

      ユニットコスト100億オーバーのMQ-9Bでこの損害被るのは許容できるんだろうか
      まあ、何機かは越境攻撃に使おうとして撃破されてるから「もっと慎重に使えば良い」と言ったらそうなんだけど

      4
        • バーナーキング
        • 2022年 5月 11日

        MQ-9はTB2と比べて運用高度で約5割(最高高度で2倍くらい)差がある分、対地対艦の見通しも距離で約2割長く範囲で3割以上広くなるし、
        速度も3倍以上の差があるし、ペイロードや電力に余裕がある分観測機器の性能も上げられるから、まさしく「もっと慎重な運用」が可能なんじゃないかな。

        4
    • 四凶
    • 2022年 5月 11日

    >MQ-9も運用方法を工夫すれば大国間の戦いで通用する
     この考えで行けば4世代機でも大型AWACSも十分な戦力となるよなぁ。RCSが低いと言われるTB2だからこそ、ロシアがNATOに直接ケンカ売れないあの体たらくだからこそって感じで条件かなり特殊すぎませんかね。

    4
      • tofu
      • 2022年 5月 12日

      RCS低いと言っても精々4〜4.5世代機レベルだし、割と新しめのレーダーだと普通に探知されそうなんだよなぁ

      3
    • 58式素人
    • 2022年 5月 11日

    いずも型護衛艦を、米空母と別行動で運用する場合、
    AEW機が必要なのは間違いないと思う。F35は他にすることがあるだろう。
    英海軍はAEWヘリを運用しているけれど、運用高度が3000mくらいで限界と思う。
    MV22を改造しても、運用高度は6000mくらいと思われる。
    E2Dは運用高度が10000m、E767は12000mで捜索範囲が違いすぎる。
    MQ-9のAEW型が解答になるのかもしれないが、実績はない。
    素人の妄想だけれども、E2DをRATOを使ってでも、いずも型で運用できないだろうか。
    パイロットの方には大変な負担とは思うけれども。

      • samo
      • 2022年 5月 11日

      いずも型でF-35Bを運用する場合、
      F-35BがAEW以外にすることってほぼないと思われます。
      あっても、揚陸支援のための地対空、対地攻撃が主で、メインにはなりえないかと。
      むしろ、F-35BからAEW任務を取り上げたら、いずも型で運用する意義そのものを失うに等しい

      6
    • ad
    • 2022年 5月 12日

    領土周辺での戦闘しか想定しない自衛隊の場合、究極的には母艦は必要ないように思う。小型の艦艇や道路に着陸できるUCAVが使えるようになったら、必要に応じて飛行甲板付きの補給艦や陸に降りて補給するような運用にして、基本は滞空させておいた方が、大きな航空母艦にたくさん抱えて移動するよりは効率が良さそう。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP