米国関連

ステルス戦闘機F-22、製造ライン再開・再調達に約644億ドル(約7兆円)必要

もしF-22の製造ラインを再構築し、調達を再開した場合、一体、どれだけの費用が掛かるのか?

再調達に必要な製造ラインの再構築費用だけでも7,580億円

米議会は米空軍に対し、F-22の製造ラインの再構築及び、近代化を施したF-22の調達に掛かる費用の調査を行うよう命じ、米空軍は昨年、その調査結果を議会に報告した。

F-22の生産ラインの復旧、サプライチェーンの再確立、熟練した生産要員の確保及び再訓練、旧式化したF-22の主要システムの再設計などに掛かる費用は、70億ドル(約7,580億円)から120億ドル(約1兆3,000億円)が必要で、近代化されたF-22の製造再開までに、約5年程度の時間が掛かる。

空軍は、近代化されたF-22を197機調達した場合、機体単価は約2億1,600万ドル(約234億円)から約2億6,600万ドル程度(約288億円)と見積もっており、F-22の製造ラインを再構築及び、近代化されたF-22の取得に掛かる総費用は、最大で約644億ドル(約7兆円)が必要なると見積もっている。

出典:Public Domain アラスカのエルメンドルフ空軍基地所属のF-22

近代化されたF-22の取得に約644億ドルも予算をつぎ込めば、空軍が研究を進めている次世代戦闘機「FX」の開発に必要な予算を奪い尽くすことになり、仮に、F-22の輸出型を用意しても、2億ドルを超える高額なF-22を購入出来る国は限られ、その限られた国はすでにF-35を購入しているため、恐らくF-35の購入をキャンセルしてF-22を購入するしかなく、米国の防衛産業にとってプラスにはならない。

では、F-22の製造ラインの再構築及び、F-22の近代化を、複数の国と共同で行う「F-35方式」で行えば、米国が負担するコストを削減しつつ、F-22の販売先まで確保することができるが、現在、米空軍が置かれた状況を鑑みれば、その様な時間的余裕はない。

米空軍は、自分たちだけの要求をストレートに反映させた次世代戦闘機「FX」を、出来るだけ早く完成させる必要があり、そこに「輸出を前提にした設計や配慮」などが入り込む余地はない。

それほど、中国とロシアの技術的な追い上げに、余裕が無くなっているという意味だ。

結局、F-22の製造ラインを再構築し、調達を再開するために約644億ドル(約7兆円)もの費用を投資するくらいなら、次世代戦闘機「FX」開発に、その費用を投資した方がマシという話だ。

但し、米空軍の議会に対する報告に反応した国が1つある。

その国は、オーストラリアだ。

オーストラリアは、F-22の再生産を支持しており、米国、オーストラリア、日本の3ヶ国で、再生産されたF-22を最低でも388機、米国が197機、日本とオーストラリアで191機を購入することがF-22再生産のために役立ち、将来的には、英国やカナダなどファイブアイズの国も再生産されたF-22を導入すれば、再生産に必要な費用を削減できると主張している。

出典:Public Domain

F-35の導入を決定する前、F-22の生産ラインが閉じる前なら、日本もF-22の調達を支持したかもしれないが、次期戦闘機「F-3」の開発を検討している日本にとって、もはや近代化されたF-22を、再生産の費用を負担してまで購入する意味はない。

再生産されるF-22の導入費用は、1機あたり3.2億ドル(約350億円)だ。

もし導入すれば、FMS方式の導入になるため手数料が加算され、パイロットやメカニックのトレーニング費用、シミュレーターの導入、保守パーツの購入など、導入にかかる費用まで計算に入れれば、1機あたりの導入費用は400億円近くになるかもしれない。

日本とオーストラリアで191機のF-22を購入した場合、約706億ドル(7兆6,000億円)もの費用が必要になる。

どうやら、F-22の製造ラインを再構築し、調達を再開するという話は、夢の中だけの話にした方がよさそうだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:US Air Force / Airman 1st Class Isaiah Soliz

米開発中の新型対空ミサイル「AIM-260」、中露を圧倒する射程300km台実現?前のページ

運用可能な戦闘機がたった119機? 最も長い歴史を持つ英国空軍の没落次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、新人パイロットに課していた空母着艦訓練の廃止を検討

    米海軍は「アレスティングワイヤーによる着艦に対応しなくてよい」という謎…

  2. 米国関連

    また極超音速兵器「AGM-183A」の試射に失敗した米空軍、今度はロケットブースターが点火せず

    米空軍は開発を進めている極超音速兵器「AGM-183A」の試射に再び失…

  3. 米国関連

    ウクライナ問題でロシアとの協議に望む米国、ミサイル配備と軍事演習で交渉に応じる

    米政府高官は8日、米メディアに対して「月曜日にジュネーブで始まるロシア…

  4. 米国関連

    再び流出したF-35C事故動画、機密性の高くない情報は隠すより公開すべき

    米メディアもF-35Cが空母着艦に失敗した瞬間を捉えた動画流出を取り上…

  5. 米国関連

    追記:F-35のエンジン問題、P&Wは性能が約10%向上する強化エンジンパッケージ開発を主…

    F-35の搭載エンジンプログラムを担当しているP&Wのラトカ副社長は「…

  6. 米国関連

    10年掛かっても完成しないズムウォルト級駆逐艦、極超音速ミサイル運用艦に改装?

    進水から10年たっても実戦投入不可能なズムウォルト級ミサイル駆逐艦に、…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 03日

    前の記事もそうだけど、もっさりしたf22がカッコよく見えるアイキャッチですね。シルバーグレイとゴールドのコントラストでシャープに見える。

    • 匿名
    • 2019年 7月 04日

    しかしアメリカもここ20年ぐらいあらゆる兵器開発でやらかしてるな
    小銃や戦車、戦闘ヘリに沿岸警備艇から駆逐艦に哨戒機、果ては空母まで…
    F-22あたりが炎上せずに作れた最後の兵器なんでは…
    試作機で未来的なのは出てきて気がつきゃポシャってるんだけど大丈夫かいな?

    • 匿名
    • 2019年 9月 30日

    F-22を最初から日本に売ればよかったのにね。
    もうF-3開発は決定しているので今更F-22は買えない。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP