米国関連

米GA-ASI、共通コアを基づいた無人戦闘機ガンビットのプロトタイプ製造

米GA-ASIは共通コアを基づいた設計の無人戦闘機「Gambit(ガンビット)」を昨年9月に発表していたが、米空軍研究所(AFRL)が主導するOBSSプログラム下でGambitのプロトタイプ製造とテストを行うらしい。

参考:GA-ASI Selected to Build OBSS for AFRL

個人的には「チーミング可能な有人機の随伴機」という説明だけで無人戦闘機を表現するのは難しくなっていると感じている

米GA-ASI(GA)が発表した無人戦闘機「Gambit(ガンビット)シリーズ」は有人戦闘機の拡張センサーとして機能するGambit1、有人戦闘機の弾薬庫として機能するGambit2、有人戦闘機のトレーナーとして機能するGambit3、高度なISR任務向けにステルスを重視したGambit4で構成されているが、このユニークな4つの機体は全て「Gambit Core」に基いて設計される。

出典:GA-ASI

Gambit Coreとは無人戦闘機の基本的なアビオニクスや降着システムなど重要な機能が集約化された「共通コア」のことで、GA-ASIは「自動車産業からインスピレーションを得た共通コアは各Gambitシリーズのコストの約70%を占める」と説明しており、異なる用途に最適化された無人戦闘機を別々に開発するので各機体の共通性が小さいため、共通コアを軸に各機体を作ることで開発期間の短縮や製造コストの削減など「規模の経済」を提供できるようにするという意味だ。

ただGAのGambitは飽くまでコンセプトの提案であり、これを実用化するためには自己資金で開発を進めるか外部から資金を引っ張ってくる必要があるのだが、このコンセプトが米空軍研究所(AFRL)の目に止まりOBSSプログラムの下でGambitのプロトタイプ製造とテストを行うらしい。

出典:EGLIN AIR FORCE BASE

AFRLはLow Cost Attritable Strike Demonstrator(低コスト攻撃機実証機:LCAS)プログラムで消耗可能な無人戦闘機「XQ-58A(Kratos製)」を開発したが、新たに立ち上げたOff-Board Sensing StationでもGAとKratosと契約を与えていたもののOBSSの詳細は謎に包まれている。

OBSSは有人機の空対空任務やセンサー拡張の役割を担う無人機コンセプトの開発ではないかと予想されており、KratosはOBSS向けにXQ-58Aとは異なる無人戦闘機のコンセプトを発表していたが、GAは特に動きがなくGambitがOBSSのコンセプトに採用されたという意味になり、ここからどのような発展を遂げるのかに注目したい。

出典:KRATOS KratosのOBSS向けコンセプトアート

因みに管理人も全てを把握している訳ではないが、米軍(国防総省)が進めている無人戦闘機開発は大まかに米空軍主導、米空軍研究所主導、国防高等研究計画局主導、米海軍主導に分かれており、この複数の計画が同時進行で進んでいるものの完全に別々の計画として独立しているという訳でもなく、互いの計画は技術的な部分でリンクしている場合もあるため本当に分かりづらく、米空軍が主導しているスカイボーグ・プログラムは実用タイプの無人戦闘機開発ではなく2024年に新たな開発プログラムを立ち上げる予定だ。

米空軍研究所と国防高等研究計画局が主導する無人戦闘機開発は実験・研究要素が濃いプログラムが多く、米海軍の無人戦闘機開発は謎に包まれており「2023年にAFRLのLCASプログラムで開発されたXQ-58Aを何機か購入する」という以外に動きがない。

出典:Lockheed Martin 分散チームの概念を体現する無人機群

ここに伝統的な防衛産業企業=ロッキード・マーティンが提唱する多層レイヤーで構築された分散チームの概念を体現する無人機群、ボーイングが提唱するロイヤル・ウィングマンの概念の体現するMQ-28A、ノースロップ・グラマンが発表したModel437などが加わってくるため、もはや米軍・米企業が開発している無人機開発を全てを理解するのは不可能だ。

そう言えば米空軍は第5世代戦闘機の訓練効率を高めるためステルス・アドバーサリー・ドローンと呼ばれる「レッド・ミディアム/Red Medium」や「第5世代空中ターゲット(5GAT)」も開発中で、ある程度の収斂を見せないと体系的に無人戦闘機を語るの難しい。

出典:Blue ForceTechnologies Red Medium

個人的には「チーミング可能な有人機の随伴機」という説明だけで無人戦闘機を表現するのは難しくなっていると感じている。

関連記事:GA-ASIが無人戦闘機「Gambit」シリーズを発表、共通コア採用が目玉
関連記事:米クラフト、米空軍研究所が主導するプログラム向けに新型無人機を発表
関連記事:米LM、MUM-Tの新概念を実用化するためProject Carreraに1億ドルを投資
関連記事:米空軍、チーミングが可能な無人戦闘機の競争試作を2024年に開始か
関連記事:ランド研究所が沖縄配備を主張していたXQ-58、米空軍が打ち上げシーンを公開
関連記事:ノースロップ・グラマン、エア・チーミングが可能な無人戦闘機「Model437」を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:GA-ASI

トルコがアルタイに韓国製変速機を採用、韓国製パワーパックで生産開始前のページ

飛ぶように売れるトルコ製UCAV、輸出制限に不満が募るイスラエル企業次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍のF-22Aにトラブル、機首を滑走路に擦り付けながら着陸か?

    エグリン空軍基地に着陸したF-22Aにトラブルが発生、ノーズギアの問題…

  2. 米国関連

    表面上は横這い実質的には削減? バイデン政権が国防予算案の規模を7,150億ドルと発表

    バイデン政権は今月9日、2022年度予算教書(連邦政府予算案)の一部を…

  3. 米国関連

    米メディア、ウクライナ侵攻を防ぐには非対称な軍事的オプション採用が効果的

    米最大の政治専門紙The Hillは12日、ロシアとの正面対決を避けな…

  4. 米国関連

    日本への影響は? 米空軍、空中給油機KC-46Aのフルレート生産を延期

    米空軍は8日、次期空中給油機「KC-46Aペガサス」のフルレート生産の…

  5. 米国関連

    国防予算から見た米空軍の方針、レガシーな航空戦力を切ってF-35Aや次世代戦闘機を優先

    バイデン大統領は2022会計年度の予算教書(連邦政府予算案)を正式に発…

  6. 米国関連

    建造費も維持費も足りない? 米海軍、予算不足で「310隻体制」に規模縮小か

    中国の急速な海軍力拡充に対抗するため、トランプ大統領は米海軍の保有艦艇…

コメント

    • ウーン
    • 2023年 2月 04日

    ガンビット、、、
    どこかで聞いた覚えが。

    14
      • 西風
      • 2023年 2月 04日

      データストームが検知されたらGUND-ARMだ

      5
    • 2023年 2月 04日

    他の軍種も模倣しよう
    アーセナルシップ、、、
    うっ、頭が

    10
    • くぁああああ
    • 2023年 2月 05日

    全翼と普通の尾翼付きを共通部品で開発しようってのはずいぶん野心的だな
    素人目には1~3はコアとは言わず、センサー、エンジン、ハードポイント以外共通で作れそうに見える
    要求が違いすぎて4だけ別で開発した方がいいのではと感じる(遅れに遅れたF-35Cの例もあるし)
    まあ資金調達のための方便を多分に含んでいるのだろうけど

    1
    • HY
    • 2023年 2月 05日

     正直「有人機とチーミング可能な無人随伴機」ってコンセプトばかりが先走って戦術的な有効性とか何も検証されてないんだよな。現在活躍している無人機は単独運用が主だし、有人機と編隊を組んでしまったらパイロットの省人化以外の効果が得られない。将来は無人攻撃機が自律して群衆を組むLAWSが台頭するだろうから、この「ヒトドローンコンビネーション」構想はその時代への過渡期になるんだと思う。

    1
    • ネコ歩き
    • 2023年 2月 05日

    4種いずれも “70% Gambit Coar, 30% Variant” となっているので、共通コア(エンジン含む)に用途に最適化した飛行性能と機器・機能を備えたガワを被せるというコンセプトのように思えます。
    機体形状から受けるイメージですが、Gambit1は滞空性能重視、Gambit2は速度性能重視、Gambit3は1と2の折衷、Gambit4は高ステルス滞空型、といったところです。

    1
      • ネコ歩き
      • 2023年 2月 05日

      (訂正)
      2と3は逆でした。

    • ここ
    • 2023年 2月 05日

    チェスが語源ならギャンビットでは

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP