米国関連

ロッキードがF-35Aの値上げを予告、2.5億ドルの損失は次世代戦闘機開発に関係?

今後F-35Aの調達コストは値下がりではなく値上がりに転じる可能性が高いとロッキード・マーティンが明かして注目を集めている。

参考:Lockheed’s F-35A could face first price rise in years as inflation bites
参考:Lockheed Loses $225M on Secret Project, Lowers F-35 Production Forecast

2.5億ドルの損失計上は空軍の次世代戦闘機を開発に関係しているのかもしれない

2007年に初めて生産ラインから出荷されたF-35Aの価格は2億2,100万ドルもしたが、生産技術の革新や生産規模の拡大に伴い製造コストが大幅に削減され7,900万ドルまで価格を下げることに成功、しかしインフレの進行や顧客が要求する追加機能が負担になり「今後のF-35Aの調達価格は値下がりではなく値上がりに転じる可能性が高い」とロッキード・マーティンの最高財務責任者が明かしたとロイターが報じており、海兵隊向けのF-35Bや海軍向けのF-35Cについては現状の調達価格を維持するか値下がりし続けるかのどちらかになるらしい。

但しF-35Aの調達価格が値上がりに転じても現在の価格から小幅の上昇に留まるとの見方を示しているので、少なくとも7,900万ドル→1億ドルに逆戻りすることはない。

出典:U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Brandon Shapiro

しかし、これまで値下げ幅に吸収されていたインフレ(毎年2%~3%)分が調達価格に転嫁され始めると、今後F-35Aはジワジワと調達コストが上昇していく可能性があるので今後動向に注目する必要がある。

さらに興味深いのはロッキード・マーティンが四半期(同社の四半期は4~6月)の決算報告で「機密扱いの軍事プロジェクトで2.5億ドルを失った」と投資家に明かした点で、このプロジェクトは現在も継続中(開発段階)だと説明しているので米メディアは「ロッキード・マーティンが空軍の次世代戦闘機を開発しているのかもしれない」と報じている点が興味深い。

 

※アイキャッチ画像の出典:AFResearchLab

ロシアのミグ設計局が第5世代の艦載戦闘機開発を開始、STOVL型の開発も検討前のページ

ドローン対策に悩む米陸軍の救世主? レイセオンが1機のUAVで10機のドローン無力化に成功次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    国防予算から見た米陸軍の方針、研究・開発や装備調達の削減に手を付けざるをえない台所事情

    バイデン大統領は2022会計年度の予算教書(連邦政府予算案)を正式に発…

  2. 米国関連

    オーストラリア空軍、開発中の無人機「ロイヤル・ウィングマン」が初飛行に成功

    西側諸国で開発が進められている有人戦闘機に随伴可能な無人戦闘機のトップ…

  3. 米国関連

    圧倒的なコスパを示すF-35A、スイスに次いでフィンランドでも他候補を圧倒か

    米国務省は9日、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムに提案されてる米…

  4. 米国関連

    米国、積極的に同盟国の次世代戦闘機開発に協力して相互運用性を確保すべき

    米国の安全保障問題を専門に取り扱うシンクタンク「新アメリカ安全保障セン…

  5. 米国関連

    中露のステルス爆撃機から米本土を守るには「迎撃専用機」が必要か?

    米国本土の防衛を担当する米北方軍司令部(USNORTHCOM)は5月2…

  6. 米国関連

    米陸軍、射程100km以上を実現するラムジェット砲弾「XM1155 ERAP」の実験に成功

    100km以上離れた目標を榴弾砲や自走砲で破壊することを目標にしたラム…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    空自も稼働率まだまだ下がるなこりゃ

    7
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      どういう仮定や経過から導き出されたものかわからないので、
      唐突な結論だけだされても「何言ってるんだこいつ?」としか思えない

      50
      • 匿名
      • 2021年 7月 28日

      エンジン供給に問題抱えてるから空自のA型稼働率が下がるのは必然。エンジン生産数(製造ライン)を増やしても米国向けが優先。
      エンジン形状が異なるB/C型のエンジンもこれから数が増え本格整備が始まるから、日本国内に整備工場があっても稼働率が上向くことは無い。

      2・5憶ドルの損失は改修・装備統合費用をLM社が負担することになったの原因と考えていいい。どれだけ負担するかは不明だけど、機密プロジェクトはF35関連だと考えてる。

      3
    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    NGADの進捗がやけに早いと思ったら、LMはF-35の長距離バージョンも作ってたということか。
    ALISのプログラマーどこにいるんだと思ったらBAEもNGADに関わってたということか。

    3
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      どういうことなんです?

      12
    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    そして維持費はどうなる?

    1
    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    「機密扱いの軍事プロジェクトで2.5億ドルを失った」

    失ったというところが気になる、LMの提案がボツになったということか。

    10
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      有り得る
      そうなると、提案が採用されたのは何処かって所が気になる
      考えられそうなのは、ボーイングかノースロップ・グラマンしか有りそうに無いしね(どっちも大穴感が強過ぎるのも凄いw)

      3
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      継続中って書いてあるし。4月〜6の四半期だから。
      米軍は、試作品にも金を出すけど年で出すんで、4〜6月に関しては赤字ってことじゃないか。

      9
    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    ロッキードがF-35Aの値上げを予告、2.5億ドルの損失は次世代戦闘機開発に関係?

    続けて書かれると次世代戦闘機開発補填の為にF-35Aを値上げするように見える

    11
    • uchi
    • 2021年 7月 27日

    トランプが居なくなったからだったりして。

    6
      • 匿名
      • 2021年 7月 28日

      それはあり得ると思う、もともとはトランプが値下げしろと圧力をかけて一気に値下げしたからトップから煩いのが退けばまた値上げするだろうと言われてたからww

      1
    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    視界外射程ミサイルの進歩のおかげで4.5世代機にでっかいミサイル積んだほうがいいんじゃねとなってるのにな
    F-35ばなれ加速しそう

    2
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      >いいんじゃねとなってる
      ソースは? F-15EXのこと言ってるんだったら頭お花畑だろ。最大144機の契約でしかないんだが、、
      打ち切られたF-22の総生産機数より少ないし。4.5世代で十分って言うのは列強の制空ドクトリンのどれにも当てはまってないぞ

      15
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      後衛のスナイパーだけで戦線が維持出来るならいいんじゃね、だろうけど。前衛のステルス機は必要だよ。

      6
        • 匿名
        • 2021年 7月 27日

        F-15EXの位置である程度ステルス機の位置が特定できてしまうのは許容されてるのか、疑問。

        1
          • 匿名
          • 2021年 7月 28日

          三次元の空間を高速で動き回る戦闘機の位置を大まかに補足しても何もできないでしょう。大体の位置にミサイルを撃ち込んでも、普通のミサイルではステルス戦闘機の捕捉はできないでしょうから。

          5
          • 匿名
          • 2021年 7月 28日

          精度の問題かと。
          例えば、LFとかの分解能より低ければ無視出来る問題だろうし。

          1
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      F-35以上のステルス性能を持ちF-15EX程度のミサイル装備でAEW不要のセンサー網力を持つ戦闘機があれば理想的なんじゃね・・・・・。

      って、それがF-3。

      3
        • 匿名
        • 2021年 7月 28日

        できるかどうかは別だがな

    • 匿名
    • 2021年 7月 27日

    何故F-35Aだけ値上がりするのか、疑問。
    機能強化は、各タイプ共通じゃないかな?

    4
      • 匿名
      • 2021年 7月 27日

      多分、値上がり前に納品完了するから。LMはかなり先を言ってる。5年か10年以上先の話をいってると思う。

      あと、ロイターのF-35Aが7,900万ドルは去年の価格で今年は7790万ドル。気にしてもしょうがない話かも。
      B,C型を含め1年で12%〜14%コストダウンしてる。

      6
        • 匿名
        • 2021年 7月 28日

        コストダウンも限界はあるし、初期ロットと後期ロットを比べれば価格は上がるという話でしょうね。

        1
      • 匿名
      • 2021年 7月 28日

      A型が当然ながら顧客が最も多いので、その分色々な装備統合要求が増えて大変なんでしょう
      その点、C型は米海軍・海兵隊のみだし、B型はA型より顧客も少なく、ウェボンベイが小さい分統合可能な兵装も物理的に限られるし(サイドキックも適用不可能みたいだし)

    • 匿名
    • 2021年 7月 28日

    キチンと最新型にアップデート済な機体が、軽微な値上げで買えるなら寧ろお得だと思う
    アップデートしてない機体が値上げなら訃報
    どうなんでしょうねそこらは

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 29日

    X-32「時はきたアーン」

    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    インフレ分の値上がりというのは常に発生するものなのである程度仕方ない。インフレすれば(遅効的に)使えるお金も増えるから実質はさしたる値上げにはならない。
    一方、インフレ目標を延々と実現出来ない日本にとっては円安になるのと同じだから痛い。FMSの購入価格が実質的に値上げしていることになる。
    日本政府はこの10年近くでたっぷり刷ったはいいがブタ積みになってる日本円をガンガン使って、早くインフレ目標を達成しなさいいよ、まったく…。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP