米国関連

ノースロップ・グラマン、第6世代航空機と定義したB-21を12月2日に公開

米空軍のハンター次官補は9月末「新型ステルス爆撃機B-21を12月上旬に公開する」と予告していたが、ノースロップ・グラマンは20日「世界初の第6世代航空機を12月2日に発表する。B-21レイダーの初公開に期待してほしい」と発表した。

参考:Northrop Grumman

第6世代航空機という定義に期待感が生まれるものの性能については何も明かされていない

米空軍がB-1BやB-2Aの後継機として開発を進めているB-21レイダーはデジタル・エンジニアリングを全面的に取り入れ、複雑になりすぎた国防総省管轄の各種手続きや検証・認証プロセスも開発現場に権限を移行、肥大化した兵器開発のスリム化に成功したB-21は開発予算の超過もなく順調に開発が進んでおり、兵器開発のルーズさに批判的なことで有名な下院軍事委員会のアダム・スミス委員長も「F-35プログラムで学んだ教訓を生かしたB-21プログラムは開発予算の超過もなくインテリジェントな方法で開発が進んでいる」と称賛しているほどだ。

出典:U.S. Air Force graphic

米空軍のレイ大将も「従来とは異なる斬新な開発・取得プロセスを採用しているためB-21の初期作戦能力(IOC)獲得にかかる時間を大幅に短縮できる。B-2にJASSM-ERを統合するのかかる時間や手間の1/10でB-21はJASSM-ERを統合可能だ」と述べている。

このような素早い開発・取得プロセスは複雑で時間ばかりかかるF-35プログラムの反省に基づき「サブシステム統合に関する事前承認」をB-21開発を管理する地球規模攻撃軍団(AFGSC)が直接管理しているためで、B-21は各種サブシステムを統合する際、複雑で手間のかかる国防総省の手続きをスキップすることが出来るらしい。

出典:U.S. Air Force Courtesy graphic by Northrop Grumman

ただB-21の初飛行は当初2021年末を予定していたので開発スケジュール自体は1年遅れている格好だが、COVID‑19による開発現場の遅れと考えれば許容できる範囲だろう。

米空軍のハンター次官補は9月末「新型ステルス爆撃機B-21を12月上旬に公開する」と予告していたが、ノースロップ・グラマンは20日「世界初の第6世代航空機を12月2日に発表する。B-21レイダーの初公開に期待してほしい」と発表、第6世代航空機という定義に期待感が生まれるものの性能については何も明かされていないため現時点では「謎だらけの航空機」と言える。

これまで公開したイメージCGとかけ離れたものになるとは思えないので「外観的な驚き」は少ないと思うが、隠し続けてきたエアインテークの形状だけは個人的に気になる。

関連記事:米空軍が開発中の新型ステルス爆撃機B-21、12月上旬にロールアウト
関連記事:開発予算の超過もなく予定通りに進捗、F-35を批判する軍事委員長も称賛するB-21の開発状況

 

※アイキャッチ画像の出典:Northrop Grumman

ポーランド、国産の歩兵戦闘車と並行して韓国製Redbackのテストも開始前のページ

ロシア国防省、問題の無人機がイラン製だと出演した番組内で漏らす次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    豪州のアタック級潜水艦より安い? 米海軍、バージニア級原潜ブロックV建造に3.8兆円を投資

    米海軍は12月2日、ゼネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボートに対…

  2. 米国関連

    拡張性に乏しいF-22の設計、空軍の要望が一向に実現しない理由

    雲行きの怪しいF-22のアップグレード、4.5世代で一般的な赤外線捜索…

  3. 米国関連

    トランプ大統領が原因? 米国の国防予算成立は「歴史的な遅れ」に直面する可能性が浮上

    米国の国防予算成立が「歴史的な遅れ」に直面する可能性が浮上しており、国…

  4. 米国関連

    ロッキード・マーティン、独自に有人・無人チーミングの概念を発表

    米ロッキード・マーティンは多くの国が支持するLoyal Wingman…

  5. 米国関連

    第6世代戦闘機を否定する米空軍、将来の戦場を支配するのはB-21と無人機

    米空軍は、過去に水平・垂直尾翼のない次世代ステルス戦闘機のイメージを公…

  6. 米国関連

    米国、トルコからロシア製防空システム「S-400」を購入か

    米国はトルコとの問題を解消するため、トルコがロシアから購入した防空シス…

コメント

    • トーリスガーリン
    • 2022年 10月 21日

    実に20年以上ぶりの西側新大型爆撃機なので楽しみ
    いつの日か日本の空を飛んで欲しいものだ

    21
    • 灰色の猫
    • 2022年 10月 21日

    これが第6世代の定義になるのだろうか…。

    1
    • ハナー
    • 2022年 10月 21日

    オーストラリアが欲しがってたけど売るのかな?

    2
    • T・A
    • 2022年 10月 21日

    素人質問だけどここの第6世代航空機ってのはどういう意味?
    第6世代ジェット戦闘機って意味なら爆撃機を指して言うの変じゃない?

    7
      • きっど
      • 2022年 10月 21日

      B-47、B-52、B-58、B-1、B-2と数えた場合の6番目だったり?(今考えた)

      3
      • 南極
      • 2022年 10月 21日

      FB-21(BF-21?)として戦闘機的に使うつもりかも?!
      無人機とのチーミング等、多用途に使えそう。

      3
        • 鼻毛
        • 2022年 10月 21日

        空中管制機みたいに使うならステルス性も高いこの形がいいですよね

        2
      • そら
      • 2022年 10月 21日

      第六世代は無人機とのチーミングがほぼメインぽいし、無人戦闘機群の管制機が第六世代機と考えれば間違ってないかも。

      1
    • LSgt
    • 2022年 10月 21日

    形状も気になるが、「第6世代航空機」という新規の概念が気になり過ぎる。

    100%のSAFで飛べてCO2排出量実質ゼロだったりするんだろうか。

    1
    • 名前 (必須)
    • 2022年 10月 21日

    これでB21は無人機ですとか大どんでん返ししてくれたら失神するほど嬉しいんやけどなあ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP