米国関連

米政府関係者、ロシア軍の戦死者数は28日時点で2,000人と明かす

米メディアのThe New York Times紙は1日、米政府関係者がロシア軍の戦死者について2,000人(28日時点)と明かしたと報じている。

参考:Russian Troop Deaths Expose a Potential Weakness of Putin’s Strategy

プーチン大統領が容認できなかったクリミアでの戦死者と同じ数が毎日ウクライナで発生している

ロシア軍は激しいウクライナ軍の抵抗や補給計画に失敗でウクライナ侵攻計画が停滞中だが、プーチン大統領が最も恐れているのは国民からの支持を得られなかった戦争での戦死者数で、侵攻初日から「犠牲者は1人もいない」と主張してきたもののネット上に溢れるロシア軍兵士の遺体を映した写真や動画、5,300人以上のロシア軍兵士を殺害したと主張するウクライナ側に押し切られ、ロシア国防省は27日「残念ながら我々の仲間にも死者と負傷者がいる」と公式に戦死者の存在を認めた。

出典:Минобороны России

ただ戦死者の数については「我々の損害(人的被害のこと)はウクライナ軍よりも遥かに少ない」と主張して正確な数を明かさなかったが、2014年のクリミア侵略で発生した犠牲者(1ヶ月間の作戦期間で推定400人)を取材しようとしたジャーナリストすら拘束して排除するプーチン大統領にとって「ウクライナでの戦死者数」は自身の政権基盤を揺るがず爆弾に等しく、戦死者の存在を認めても正確な数を公表することは絶対にありあえない。

米メディアのThe New York Times紙は1日、プーチン大統領が恐れるロシア軍の戦死者数について「米政府関係者が2,000人(根拠不明)と明かし複数の欧州政府関係者もこの数に同意した」と報じており、国防総省が月曜日に行った非公開のブリーフィングでは「侵攻開始から5日間でロシアとウクライナは約1,500人づつ戦死者を出した」と指摘したらしいが、この衛星画像、通信傍受、SNS、現地取材の報道を基にした推定値で「絶対ではない」と述べている。

出典:Сухопутні війська ЗС України

NATOの司令官は「4,000人以上のロシア人が戦死するということは何か劇的なことが起きているに間違いない、これが事実ならプーチンは国民に戦争の結果を説明するのが難しくなるだろう」と述べており、多くのロシア人がアフガニスタン侵攻で戦死した1万5,000人、チェチェンで戦死した数千人を思い出すことに繋がるという意味だ。

さらに米国政府が衝撃を受けたのはロシア軍兵士が戦場で倒れた仲間(戦死者の遺体や負傷者)を置き去りにしている点で、このような行為もSNSを通じて簡単に拡散してしまい「プーチン大統領はロシア人兵士の命を粗末に扱っている」という印象を与えるためロシア政府はSNSや不都合なニュースを発信し続けるメディアへのアクセス制限、これを全てウクライナが仕組んだ偽情報として処理するため「ロシアに対する情報攻撃を阻止するためウクライナ保安庁と心理作戦部署を攻撃する」と発表するなど辻褄合わせに動き回っている。

出典:President of Russia

NYT紙は「少なくともプーチン大統領が容認できなかったクリミアでの戦死者と同じ数が毎日ウクライナで発生している」と主張、ウクライナのレズニコフ国防相はロシア軍兵士に対して「プーチンの違法な命令に従わず武器を置けば恩赦と500万ルーブル/約520万円の支給を約束する」と呼びかけており、これに応じる兵士が出てくればプーチン大統領の政治的立場は益々苦しいものになるだろう。

関連記事:戦死者を認めたロシア国防省、敵の装甲車輌223輌と航空機28機を破壊
関連記事:英メディア、キエフに向かうロシア軍は軍事的に最悪でカモにされるだけ
関連記事:ウクライナ軍、1400輌以上のロシア軍車輌と5710人の兵士を無力化

 

※アイキャッチ画像の出典:Операція об’єднаних сил

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ軍のTB2、スームィ州でロシア軍車輌を180輌を破壊???前のページ

ボーイング、ロシアの航空会社にスペアパーツ供給を停止次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍がU-2とRQ-4 Block40の退役を要求、高高度偵察機が姿を消す?

    米空軍は2024年度予算の中でRQ-4 Block40とU-2の退役を…

  2. 米国関連

    米陸軍が防空砲の開発に着手、弾道ミサイルや巡航ミサイルの迎撃も可能

    米陸軍は2020年9月「M109A6がHVP(超高速発射体)を使用して…

  3. 米国関連

    E-3やF-35問題で迷走する米空軍、参謀総長が問題沈静化のため火消しに奔走

    ここ最近、世間を騒がせてた問題を沈静化させるため米空軍のブラウン参謀総…

  4. 米国関連

    レガシーなMQ-9は不要と主張する米空軍、来年以降の調達中止を議会に提案

    米空軍は再び無人航空機「MQ-9」の調達継続は不要だと表明して2022…

  5. 米国関連

    国防総省が海軍に警告、テストをスキップしてMQ-25Aの生産を行なうな

    国防総省監察官は11月に発表したレポートの中で「海軍がMQ-25Aの主…

コメント

    • a
    • 2022年 3月 02日

    ルーブル払いwww煽ってるだろwww
    いや為替を知らないやつは騙されるし知ってるやつは苦境を広める妙手か

    34
      • 名無し
      • 2022年 3月 02日

      命かけてるロシア軍兵士の給料もルーブル払いだから……。
      プーチンが隠し持ってる貴金属もらったほうが10000倍はマシだな。

      2
    • くらうん
    • 2022年 3月 02日

    ウクライナの大本営発表から実際はその1/2~1/4かと概ねその通りだったな。
    それでも相当な数だが。
    この侵略の後に帰国した兵士や犠牲になった兵士の家族は、国に対して何を思うだろうね。
    もしかしたら近い将来モスクワでプーチンにとって嬉しくないパーティーが開かれるかもしれない。

    27
      • A
      • 2022年 3月 02日

      そのパーティーではモロトフカクテルがふるまわれるとか。

      11
    • すえすえ
    • 2022年 3月 02日

    ドルで渡してやれよwww
    殺到するかもしれんぞ

    ルーブルで渡したほうが安上がりだが

    22
    • sundaycameraman
    • 2022年 3月 02日

    ロシアは武器弾薬も戦費も尽きかけてるらしいし、参戦予定のベラルーシ軍もロシア軍並みに戦意無いという情報だし(ここの記事による)、今度の週末には装備を捨てて占領地域から遁走して終わるんじゃないか?

    7
      • G
      • 2022年 3月 02日

      軍事行動中の敵前逃亡は即時極刑もありうるだけでなく、ロシア軍の部隊が長い車列になってしまっているように、ウクライナは交通インフラが乏しく陸路では入りにくい国であると同時に出にくい国でもあるので、前線兵士は敵味方から隠れて遁走することさえ難しいかと

      それよりも投降する兵士が出てきそうな気もしますが、それはそれで増えすぎるとそれを受け入れるウクライナ側にも負担が出ますでしょうが、かと言って世論的にも投降を受け入れないこいう非人道的対応をとることはできないため、どうなるか心配ではありますね

      8
        • 狸囃子
        • 2022年 3月 02日

        投降を装って潜入を試みる工作員もそれなりに居るでしょうしね
        下手打つと、ウクライナ側の風評を著しく落としかねない難問かと…

    • 無無
    • 2022年 3月 02日

    大義のない軍隊なんてすぐ動揺する、死にたくないし戦いたくない、帰りたい
    祖国防衛に命をかけるウクライナ人との差は埋められない
    まさに大国アメリカを追い払ったベトナム戦争の再来になるか

    12
    • 774545
    • 2022年 3月 02日

    普通に考えて戦場で敵兵を買収出来ると思うか?
    でも今のロシア軍はどうも普通じゃないみたいだから効果あるのかもな…

    18
      • zerotester
      • 2022年 3月 02日

      戦国時代の調略みたいな話ですね。指揮官を買収して部隊ごと寝返らせるとかあればまさにそれですが。

      3
        • 無無
        • 2022年 3月 02日

        彼等にも家族がある、無事に帰国させて打倒プーチンの尖兵として革命を起こし欲しい

        2
    • 匿名
    • 2022年 3月 02日

    何れにせよ情報戦でも実戦でもウ軍相手にさえ現状は負けてるの間違いないしこの期に及んで野戦砲兵で都市廃墟にすりゃ勝てると思ってるのがもうね昭和脳なんだよ
    自由経済化もIT化されてなきゃ鉄のカーテンの向こうのヤバイ国で脅しも効いたが令和でそれは無理だし昨今のヤクザさんの経済状況のそれにそっくりですねと
    やりくちヤクザでも実力も経済力も更に言うと世間の信用信頼もなけりゃチャカ(核)ちらつかせても誰も服従しねえし残るのはルカシェンコみたいな舎弟だけだろっていうね

    7
    • ぬるぽ
    • 2022年 3月 02日

    500万ルーブルは大金だな
    戦死しても1万ルーブルしかもらえないんだぞ
    もらえる頃には紙切れになってるかもしれんけど(笑)

    21
    • 野戦先輩
    • 2022年 3月 02日

    ウクライナ発表より少ないとはいえ、それでも開戦5日目の28日時点で2000人の犠牲は被害が甚大すぎる。
    ウクライナは緒戦の勝利で稼いだ時間や続々と届く物資や装備をフル活用して防御陣地を整備しているという話だし、それを承知で総攻撃を準備中のロシアとぶつかれば、双方これまで以上に大きな犠牲を出すだろう。

    最近のウクライナへの援助とロシアへの締め付けが日に日に増大していく情勢的に、次のロシアの総攻撃が戦争の天王山になるかな?

    7
    • L
    • 2022年 3月 02日

    500万ルーブルマジ?ルーブルが紙屑になってから渡すんですね分かります

    1
    •   
    • 2022年 3月 02日

    北部は善戦しているが南部はかなり浸透されてるね
    それに沿ドニエストル共和国の動きも気になる

    7
      • けい
      • 2022年 3月 02日

      道路事情が良いクリミア経由の補給がそれなりにされてるんでしょうね
      兵力的には南側の方がだいぶ少ないけど、北・東の補給状況がひどすぎて戦力としてまともに機能して無さそう

      1
    • tofu
    • 2022年 3月 02日

    捕虜や負傷も含めると万単位で兵隊がやられてると見るべきだろうねぇ

    このままの状態が続くならそれこそ、戦線の維持が不可能になるまであるだろうけど
    逆に戦線を立て直して補給の問題が解決されるとウクライナとしては厳しいだろうね
    ロシア軍が十全の力をもし発揮してしまったら、ウクライナ軍の勝ち目は薄い、かといってロシアに勝利が近いともならない
    反ロシアでウクライナが団結してしまった以上、当初のロシアの狙いだった傀儡政権を立てることも難しいのに全土を制圧して維持する兵力はないっていう

    勝者のいない結末しか見えないのが悲しい

    7
    • ダヴー
    • 2022年 3月 02日

    戦死者もそうだけど、侵攻軍側で後退したわけでもないロシア軍側の鹵獲された装甲車とかが結構な数に上るのが気になる。
    色々と原因を推測することはできるけど、正直どうなってるんだという感じ。
    まさかロシアの参謀本部も、一体現場はどうなっているんだとか思ってたりするのだろうか。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP