米国関連

米空軍、5日前にF-22Aが墜落したエグリン基地で今度はF-35Aが墜落

米空軍は数日前にF-22Aを墜落事故で失ったばかりだが、今度はF-35Aを墜落事故で失ってしまった。米空軍にとってF-35Aの墜落事故は初めてである。

参考:F-35 Has Crashed In Florida, Second Aircraft Loss For Eglin Air Force Base In Five Days

今度はF-35Aが墜落、米空軍がF-35Aを墜落で失うのは初めて

フロリダ州エグリン空軍基地から夜間訓練のため出撃したF-35Aが墜落してしまったが幸いパイロットは機体からの脱出に成功、墜落による民間人への被害も無かったらしい。

しかし米空軍がF-35Aを事故で失うのは初めてなので、何故墜落したのか事故原因に注目が集まっている。

今回墜落したF-35AはF-35パイロットを養成している第33戦闘航空団第58戦闘飛行隊所属機なので、もしかしたらF-35の操縦にまだ不慣れだったパイロットによるミスの可能性もあるが、事故が発生したエグリン空軍基地では数日前にF-22Aが墜落したばかりなので、もしかしたらパイロットや機体の問題ではなく基地周辺の気象条件や基地の整備体制などに何かしらの問題があった可能性も否定できない。

米空軍も同じ基地で立て続けに墜落事故が発生したので恐らく徹底的な原因究明を行うだろうが、たった5日間でF-22AとF-35Aを失ったエグリン空軍基地の司令官は青ざめているに違いない。

因みに、F-35の墜落事故は今回を含めて3件ある。

1回目は米海兵隊所属のF-35Bが2018年にエンジン燃料管の不具合で墜落、2回目は2019年に航空自衛隊所属のF-35Aがパイロットの空間識失調(の可能性が高い)のため墜落した。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman James Kennedy

韓国に発注した新型フリゲート艦問題、食い違うフィリピンと韓国の主張前のページ

ブレるインドの戦闘機導入プログラム、空軍は国産ではなく海外製戦闘機導入を支持次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    実用化にまた一歩近づく!米海軍、新型150kW級レーザー兵器のテストに成功

    米海軍太平洋艦隊は22日、サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦11番艦…

  2. 米国関連

    四面楚歌のボーイング、米海軍がF/A-18E/F BlockⅡ調達プログラム終了を発表

    米海軍は24日、ボーイングに発注した最後のF/A-18E/F Bloc…

  3. 米国関連

    仕上がってきた戦闘機F-35、あと数年で完璧な敵防空網制圧/破壊任務に対応

    米国防総省は2日、戦闘機F-35の敵防空網制圧(SEAD)/敵防空網破…

  4. 米国関連

    資金が溶けるボーイング、次期大統領専用機と空中給油機で約7.2億ドルの追加負担

    ボーイングは29日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で次期…

  5. 米国関連

    生まれ変わった米戦車エイブラムス、最新のM1A2C/SEPv3配備が始まる

    米陸軍の第3旅団戦闘団「グレイウルフ」は29日、最新バージョンの主力戦…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    米さん・・・

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    カナダも戦闘機墜落したな、見えない戦争で戦闘機まで影響が出てる。

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    離陸直後・・・バードストライクかな?

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    予言しよう
    また左巻に連中が騒ぐと

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    去年の三沢302空の墜落事故も夜間訓練中だったんだよね

      • 匿名
      • 2020年 5月 24日

      史上初の死亡事故・・・

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    飛行機事故って一度起きると何故か二度、三度と立て続けに起きるのは何故だろう・・・

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    またモッタイナイ

    • 匿名
    • 2020年 5月 20日

    原因が判明するまで飛行停止になるんかな?

    • 名無し
    • 2020年 5月 21日

    F-35はどうにも格好がよろしくない、F-22はやはり美しい。

      • 匿名
      • 2020年 5月 21日

      あれでも見た目で採用されたようなもんだ。
      ライバルだったX-32が採用されない事をボーイング以外の人間は願っていた。
      一応はX-32はペイロードが少ないとかLMのステルス機の実績とかが理由だったが。

        • 匿名
        • 2020年 5月 21日

        ATFとJSFを見た目でみるとATFで提示された機体のなんと美しいことよ
        X-32は妙な味のある見た目だけど…

          • 匿名
          • 2020年 5月 21日

          A-7とかが好きな自分からしたらX-32は魅力的だけど戦闘機感はないと思った
          垂直尾翼2枚に単発はいまだに違和感ある
          B型のノズル下に向けてる姿を後ろから見ると昆虫みたい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP