米国関連

米空軍長官、AETP採用のためF-35Aの調達を70機減らす覚悟があるのか?

米空軍のケンドール長官は7日、出席したシンポジウムで「AETP(アダプティブエンジン)採用のためF-35Aの調達を70機減らす覚悟があるのか?」と語り、F-35AのAETP移行には厳しいトレードオフが待っていると警告した。

参考:New adaptive engine or fewer F-35s? Kendall says it’s time to choose

最終的な判断は議会の軍事委員会が下すので、まもなく空軍が議会に提出する報告書の中身に注目が集まる

米空軍の高官は先月、産業界とのカンファレンスの中で「一般的に米国の推進技術は軍事的優位性を維持していると見られがちだが、新しいエンジンプログラムが不足しているため関連産業界への資金流入が停滞し、既存技術の延長線でしかないレガシーシステムへの依存が高まり推進技術における優位性を失いつつある。もし空軍がF-35AへのAETP搭載を見送りF135の改良型=F135EEPを選択すれば、先進的なエンジン産業基盤は崩壊するだろう」と述べて注目を集めた。

出典:GE Aviation XA100

米エンジン産業界に用意された技術革新の機会は次世代戦闘機向けの技術実証としてスタートした「Adaptive Engine Transition Program=AETP」しかなく、これを技術実証のみで終了させると次期戦闘機のエンジンプログラム(Next Generation Adaptive Propulsion program=NGAPP)だけになるため、産業基盤の観点から見るとAETPをF-35Aに採用して関連産業界への資金流入を確保しなければ産業基盤自体が縮小もしくは停滞し、先進的なエンジン産業基盤が失われるという意味だ。

予算が限られる米空軍にとって次期戦闘機に2種類のエンジンを用意することは不可能なため、この高官は「NGAPPを開発する企業を1社に絞り込む必要があり、AETPなしでNGAPPを進めると実質的に産業基盤が縮小する」と警告、さらに米国に追いつき追い越そうとする中国に勝ちたいなら「推進力の優位性に投資しつづけなければならない、さもなければ米国と中国は推進力で対等になり、最終的に中国が推進力の優位性を獲得するだろう」と述べている。

出典:Pratt&Whitney

議会は2022年度の国防権限法案に「AETPを2027年からF-35Aに統合する義務ある」という文言を盛り込み、統合方法や財政的に競争力のある調達戦略を提出するよう命じており、国防総省は9月中にAETPへの移行に関する分析結果を発表する予定だが、ケンドール長官は「F-35AがAETPに移行すれば厳しいトレードオフに繋がる」と警告した。

ケンドール長官は「AETPを採用して資金供給を行わなければ先進的なエンジン産業基盤は崩壊する」という指摘は誇張されたものだと述べ、もしAETPを採用すれば開発費だけで数十億ドルの費用がかかり「大雑把に言えばF-35Aの70機分に匹敵する。AETPを採用するためF-35Aの調達を70機減らす覚悟があるのか?」とシンポジウムの参加者に問いかけ、量産に繋がらないエンジン開発に資金を投資するのは好ましくなく「我々は決断しなければならない」と主張している。

出典:Lockheed Martin

つまり議会が別財源から「AETP開発のための予算」を手当してくれるなら問題ないが、限られた空軍予算からAETP開発にかかる資金を捻出すればF-35Aの性能や将来性を拡張できても「F-35Aの調達数自体は減る」という意味で、遠回しに「F135の改良型=F135EEPを選択した方が良い」と示唆しているのだろう。

因みに米空軍は19日「次期戦闘機向けエンジンのプロトタイプを開発するためGE、P&W、Boeing、Lockheed Martin、Northrop Grummanの5社に各9億7,500万ドルの契約=総額48億7,500万ドル=約6,700億円の契約を授与した」と発表済みで、ケンドール長官の発言の背景には「エンジン産業基盤への資金注入が確保されている」という点も影響している可能性が高い。

出典:ロッキード・マーティン NGAD

まぁ最終的な判断は議会の軍事委員会が下すので、まもなく空軍が議会に提出する報告書の中身に注目が集まる。

関連記事:米空軍の次期戦闘機向けエンジンのプロトタイプ開発は5社で競争試作

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Erica Webster

米国防総省がF-35の受け入れ停止を発表、無許可の中国産部品が原因前のページ

2日間の反撃でロシア軍兵士1,000人以上が戦死、S-400のランチャーも破壊次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    コストと性能面でF-35Aに対抗不可? 米空軍が採用してもF-15EXの海外輸出は困難

    米空軍が採用を決めた戦闘機F-15EXについて米国メディアは、コストや…

  2. 米国関連

    米中央軍の最高司令官、UAV接近を検出するのは困難で完全な制空権を失ったと告白

    中東や中央アジア等を担当する米中央軍のケネス・マッケンジー海兵隊大将は…

  3. 米国関連

    ランド研究所、米空軍は沖縄に戦闘機ではなく無人機を配備するべき

    米空軍はF-15C/Dを嘉手納基地から段階的に本土へ撤退させ「より高度…

  4. 米国関連

    米空軍、F-35A調達をシンプルな第4.5世代以上の非ステルス戦闘機に変更したい

    前回の記事で米空軍がF-16ではなく「4.5世代戦闘機もしくは第5世代…

  5. 米国関連

    不具合解決、2年ぶりにF-35が落雷や稲妻が発生する空域に戻ってくる

    米メディアは「約2年ぶりにライトニングが落雷や稲妻が発生している空域近…

  6. 米国関連

    艦内が真っ黒に焦げたワスプ級強襲揚陸艦、消火活動は2日目の夜に突入

    米海軍のワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール(LHD-6)」は…

コメント

    • ななし
    • 2022年 9月 08日

    新型エンジンは米軍以外には供与しない方針だっけ?
    ケチケチするからユーザーが減って選択肢が無くなるんだよ

    30
      • 匿名希望
      • 2022年 9月 08日

      構造の都合上F-35Bにも適用されないんで改良ブログラムを実質二つ持つことになるのも嫌っている理由よね。

      9
        • 全てF-35B
        • 2022年 9月 08日

        C型も駄目だったよな。

        1
          • 匿名希望
          • 2022年 9月 09日

          Cは物理的にはいけそう

          2
    • 匿名
    • 2022年 9月 08日

    防衛産業基盤への心配、ひいては国家の先行きへの心配
    IHIはXF9-1エンジンを作ってみせましたが、アレの先も日本の未来につながってるといいなぁ

    26
      • 匿名希望
      • 2022年 9月 08日

      F7の次点で艦載用転用は議論されていたらしいけど。
      採用数の壁がね・・・。

      2
    • 折口
    • 2022年 9月 08日

    民需と軍需でシナジー効果があればまた違うんでしょうけど、ターボファンエンジンはバイパス比で軍民の技術的境界線が出来てしまいましたからね…。AETPにしろEEPにしろ、ここでつぎ込む投資は軍需にしか活かされないんですよね(そもそも航空業界の需要が技術的にも量的にも頭打ちしているのもあるが)。まぁ公共投資って本来そういうものだと思いますが、GDPの3割を軍事技術に投資しているアメリカの苦境ですな。
    しかし、市民生活に全く貢献しない技術に喜んで大金を投資する国がライバルである以上はここでアメリカに頑張ってほしいところ。

    20
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP