米国関連

米国、オランダ、ドイツ、イタリア、ルーマニア、防空システムのウクライナ提供を約束

米国のバイデン大統領、オランダのシューフ首相、ドイツのショルツ首相、イタリアのメローニ首相、ルーマニアのヨハニス大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領が共同声明を発表し、パトリオットシステムやSAMP/Tのウクライナ提供を約束した。

参考:Joint Statement on Strengthening Ukraine’s Air Defenses by U.S. President Joseph R. Biden, Dutch Prime Minister Dick Schoof, German Chancellor Olaf Scholz, Italian Prime Minister Giorgia Meloni, Romanian President Klaus Iohannis, and Ukrainian President Volodymyr Zelenskyy
参考:Зеленський: нові Patriot допоможуть, але їх недостатньо

米国のパトリオットシステム提供は1セットでない可能性もある

NATO首脳会議が開幕したワシントンで米国のバイデン大統領、オランダのシューフ首相、ドイツのショルツ首相、イタリアのメローニ首相、ルーマニアのヨハニス大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領が共同声明を発表、この中で「米国、ドイツ、オランダ、ルーマニアがパトリオットシステムを、イタリアがSAMP/Tを、米国とパートナー国は今後数ヶ月以内にNASAMS、HAWK、IRIS-T SLM、IRIS-T SLS、Gepardなど数十の防空システムを、今後1年間で数百の迎撃弾をウクライナに提供する」と明かした。

出典:U.S. Army photo by Eugen Warkentin

米国以外のパトリオットシステム提供、イタリアのSAMP/T提供は既に発表済みで、IRIS-T SLM、IRIS-T SLS、Gepardはドイツが提供を約束(SLM×8、SLS×10、Gepard×15)しているもの、HAWKは米国が発表済みのもの、NASAMSはカナダが約束しているものを指している可能性が高く、辛口に評価すると「米国のパトリオットシステム提供以外は既存の発表や約束をまとめたものに過ぎない」「パトリオットシステム(SAMP/Tでも可)はウクライナが要請していた7セットに届いていない」となる。

但し、Financial Timesは先月「米国、イスラエル、ウクライナはイスラエルが保有するパトリオットシステム(8セット)のウクライナ移転を協議中だ」と報じていたため、米国のパトリオットシステム提供は1セットでない可能性もあり、もう少し情報が出てくるまで「何セットのパトリオットシステムがウクライナに提供されるのか」は謎だ。

出典:IDF Spokesperson’s Unit / CC BY-SA 3.0

因みに米国、パートナー国、防空連合(参加国50ヶ国以上)はウクライナの防空ニーズを満たす計画に10億ドル以上の資金拠出を約束した。

追記:RBC-Ukraineは「NATO加盟国はパトリオットシステムを5つとSAMP/Tを提供する」と報じており、ゼレンスキー大統領は「決定に感謝するものの十分とは言えない」と述べた。Kyiv Independentは「パトリオットシステムは4つ」と報じている。

関連記事:米国とイスラエルが協議中、最大8つのパトリオットシステムがウクライナに移転される可能性
関連記事:オランダがウクライナへのパトリオットシステム提供を発表、ある国と共同提供
関連記事:ルーマニア最高国防会議、ウクライナへのパトリオットシステム提供を決定
関連記事:米国、他国が発注したパトリオットシステムをウクライナに回す予定
関連記事:ウクライナの防空問題、米国が2セット目のパトリオットシステム提供を決断
関連記事:ウクライナへのパトリオット追加提供、ドイツが単独3セット目の提供を検討中
関連記事:伊外相がウクライナへのSAMP/T追加提供に言及、ロシア領内の攻撃には反対
関連記事:ウクライナが要求するパトリオット追加提供、ルーマニアが提供を検討
関連記事:ウクライナが要求するパトリオット追加提供、イタリアがSAMP/T提供
関連記事:フランスは強制力を伴う戦時経済へ移行、最初の行政命令をMBDAに命じる予定
関連記事:イスラエルが手放すパトリオットシステム、ウクライナに向かう可能性は低い
関連記事:イスラエル軍、数ヶ月以内に埃を被っていたパトリオットと別れを告げる
関連記事:誰がパトリオット提供に応じるのか? ウクライナへの追加供給は行き詰まる
関連記事:スペインもパトリオットシステム提供を拒否、少数の迎撃弾提供に同意
関連記事:ギリシャ首相、パトリオットやS-300のウクライナ提供に応じないと断言
関連記事:誰がウクライナにパトリオットを提供するのか? ギリシャは提供に否定的
関連記事:ドイツ、新たなパトリオットシステムを直ちにウクライナへ提供すると発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

ニューヨークを巡る戦い、ロシア軍が市内中心部に到達して足場を築く前のページ

ゼレンスキー大統領、ロシア空軍に対抗するには128機のF-16が必要と言及次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国が海軍の艦隊再編計画を発表、2045年までに500隻体制+軽空母6隻導入

    マーク・エスパー国防長官は6日、噂されていた海軍の艦隊再編計画「Bat…

  2. 米国関連

    検証作業中のTR3でトラブルが発生、F-35の年内引き渡しが97機に減少

    米国防総省は「検証が終わっていない」という理由でTR3を搭載するF-3…

  3. 米国関連

    ハワイ配備のAH-1Zは廃止、米海兵隊が再編計画に従いヘリコプター戦力を削減

    米海兵隊は昨年3月に発表した大規模な部隊再編計画「Force Desi…

  4. 米国関連

    第5世代戦闘機F-22Aラプターが墜落、パイロットは脱出して無事生還

    米空軍のエグリン空軍基地から飛び立った第5世代戦闘機F-22Aラプター…

  5. 米国関連

    米空軍、新しく導入するF-15EXの正式名称を「イーグルII」と発表

    米空軍は今月7日、最新型のイーグル受け入れ式典をエグリン空軍基地で行い…

  6. 米国関連

    米シンクタンク、欧州は米国を助けるため中国とは戦わないだろうと主張

    米国のシンクタンク「ケイトー研究所」でシニアフェローを務めるダグ・バン…

コメント

    • nton
    • 2024年 7月 10日

    パトリオットは防空のみならず航空機に対してもかなりの脅威になっているようなので、アセットが増加して都市部に貼り付けておかなくてもよくなるのはロシアには嫌な流れかもしれません。
    病院の件でロシアが妙に防空ミサイルの落下説を主張してたのはこういった動きを牽制したかったのでしょうか。それならそもそも大人しくしておけと言いたいですが…

    14
      • FAB
      • 2024年 7月 10日

      防空システムの運用には現地にいる軍事顧問も関与しているだろうし、防空ミサイルの落下説なんか主張したところで通用する筈もない。
      それなのにこんな無理筋な主張をするのは、内向きの言い訳なんだろう。
      プーチンの戦争を支持するロシア国民だってウクライナの子供を殺傷することに関しては拒否感を持つだろうし。

      26
      • a
      • 2024年 7月 10日

      故意か誤爆か、分かりませんが戦争が続くなら似たようなことはこれからも起きるでしょう。
      昔から独裁政権と名のつく組織ほど、帝国陸海軍や国防軍、NKVDなどの末端は制御不可で過激なことをやるもんですから、政府の意向ではなくても故意の可能性はあり得るとは思います。統治者としてはこの件で支援が増えることや、戦後を見据えるなら占領後に反感を持たれるような事態は望まないでしょうし。

      8
    • lang
    • 2024年 7月 10日

    ゼレンスキー大統領は「決定に感謝するものの十分とは言えない」

    支援してもすぐ新しいの送ってくれって言われるからな~

    中東戦争は10年以上続いたけど、国内圧力と国際圧力に挟まれて欧州の疲弊がさらに加速しそう・・・

    21
      • BAKA
      • 2024年 7月 10日

      前線に配備せずにはロシアの滑空爆弾の脅威を取り除くことが出来ず
      配備すると監視ドローンに発見されて破壊されてしまう
      ウクライナには嬉しいニュースですが、仰る通り支援国の疲弊は
      新たな支援の弊害になりそうです

      13
      • jimama
      • 2024年 7月 10日

      >>支援してもすぐ新しいの送ってくれ
      基本使ってたら攻撃されて破壊されますし
      なんかこう、パトリオットをなんだかんだでそこまで当たらないのに絶対無敵の兵器、みたいに思いすぎて壊されるという想定がなかったんじゃないかなと
      全体的に高すぎ、弾の製造少なすぎな感が

      19
        • 2024年 7月 11日

        ゲームでのパトリオットは平均性能の防空兵器でした(大戦略、戦闘国家)

        2
    • 日俄断交🇷🇺💩
    • 2024年 7月 10日

    昨日の小児科爆撃といいロシアスキー発狂不可避なニュース連発だな

    18
    • なんやかんやいって
    • 2024年 7月 10日

    イスラエルの8セットのパトリオットは全部ウクライナに行きそう。
    トコロテン式かもしれんが。

    6
    • emp
    • 2024年 7月 10日

    >>決定に感謝するものの十分とは言えない

    大分図々しいな
    各国に思惑はあるにせよ、現状ほぼ乞食
    俺の税金は大して向かってないが、NATOの有権者はイラつかないのか?

    22
      • アンゴラ
      • 2024年 7月 10日

      イラついてますよ、でも一応『お客様』だから我慢してるんです
      戦後ウクライナがどんな代償を支払うことになるか、恐ろしいですね

      17
    • cosine
    • 2024年 7月 10日

    ウクライナを守るためではなくウクライナから借金のカタとして徴収するものを守るための防空兵器で御座ります
    そう考えれば各国持ち出しなのも至極当然でしかない

    20
      • 肉吸い
      • 2024年 7月 10日

      単なる君の願望というか想像で草

      16
        • ari
        • 2024年 7月 10日

        引きこもりのニート君には分からない現実だよ😅

        6
          •  
          • 2024年 7月 11日

          なんで自己紹介してるの

          2
      • 通りがかりさん
      • 2024年 7月 10日

      これはそう。

      2
    • ななしのシロウト
    • 2024年 7月 10日

    これ以上ロシアの攻撃でウクライナの発電所が破壊されたら、秋から冬にかけてかなりヤバイ状況になるので、欧米諸国としても追加支援せざるを得なかったのでは

    11
      • 事実
      • 2024年 7月 10日

      少なくとも隣国にとっては、職も住居もない難民が押し寄せてくるよりはマシ

      9
    • 理想はこの翼では届かない
    • 2024年 7月 10日

    >辛口に評価すると「米国のパトリオットシステム提供以外は既存の発表や約束をまとめたものに過ぎない」「パトリオットシステム(SAMP/Tでも可)はウクライナが要請していた7セットに届いていない」となる

    ええぇ…記事のタイトルを見て「おぉ!遂に西側諸国が団結して対空兵器を追加供与する気になったのか!」と思ったのですが、違うのですね
    発表する時は大々的にするのに、質が伴わないいつもの欧州しぐさを感じてしまいます

    15
      • 774
      • 2024年 7月 10日

      >発表する時は大々的にするのに、質が伴わないいつもの欧州しぐさを感じてしまいます

      支援関係の報道はこんなんばっかでうんざりしますよ、チェコを見習ってほしいですね
      さらに、今後起こりうる極東有事の際に欧米がこんな態度取ってたらと考えると笑い話では済まなくなります

      4
    • ぬこ
    • 2024年 7月 10日

    約束するとは言ったが 今すぐやるとは言ってない

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP